もしも...。 

July 16 [Sat], 2005, 11:00
もしも世界中の全ての人が

あなたの敵になったとしても....。

私は、あなたの味方だよ。

私はずっとあなたのそばにいる。

私があなたを守るから。

かならず、かならず。。。。。。。。

私だけは......

絶対あなたを裏切ったりしない。

絶対に、絶対に。。。。。。

私はずっとあなたの味方だからね
 2005. 7.14 Thursday.

〜あなたへ〜 

July 16 [Sat], 2005, 9:59
そんなに悩まなくていい。

そんなに苦しまなくていい。

自分だけだと思わないで。

悩まない人間なんて、苦しまない人間なんて、

この世に一人もいないんだから。

そんなに傷つかないで。

自分を責めないで。

あなたはあなた。たった一人しかいない。

かけがえのない存在だから。

そのままのあなたでいい。

そのままのあなたがいい。

そのままのあなたが、私は大好きだから。

一人だと思わないで。

私はあなたのそばにいる。

私があなたのそばにいる。

ずっとあなたのそばにいるから。

あなたは一人じゃない。

一人なんかじゃないんだよ。

2005. 7.14  Thursday.

7月11日 

July 11 [Mon], 2005, 14:15
そして今日も。私は待っていた。
深夜0時にお出掛け。私にとっては謎な行動。
だって真夜中だよ!!危ないじゃないっ。
1時に帰ってくるって約束して会話を中断した。
私は、PCの前でずっと待った。お帰りになられたら万全の状態で、会話に臨めるように。PCのメンテナンスを何回もチェックして...。
私はずっと待ち続けた。
待つって約束したからには来るまで待たなきゃ。
私は絶対来ることを信じて疑わなかった、
そして待った。
約束の1時。
来ない。。。。。。。。。。。
まぁ、少しぐらい遅くなるのは仕方ないと。そう思って私は待ち続けた。
だって大好きな人が来るんだもん。
来てくれるんだもん。
一緒に話せるんだもん。。。。。
私は、もうすぐやってくる幸せの時間を胸に抱いて、更に待ち続けた。待つことなんて、この後にやってくる幸せと比べ物にならない。もうすぐ来てくれるんだもん。

そんな幸せを早く来いと願いながら待ち続けた。
でも。。。。。。。。。。

来ない。時計は2時を回っていた。
私は待った。あなたが来るまでずっと。

ついに時計は3時を回った。

「3時にまでに帰って来なかったら拉致されたと思ってください。今頃北朝鮮に。。。。。。」
本当に拉致されちゃったのー!? えぇ!? 
嘘でしょ?!拉致じゃないとしても、
事故に巻き込まれたり、もしくは誘拐?! 
嫌よ、そんなの絶対に嫌!!  
誰か嘘って言ってよ。 
ねぇ、誰か。。。。。。。。。。
ねぇ....。
私の叫び声。
私の目から涙がこぼれ落ちた。 

「はい、ごめんなさい。」
4時近く。帰ってきた。

”メチャクチャ”心配したわ。 ホントに....。

本当によかった。 拉致とか事故じゃなくて。
 無事でよかった。

私の目から大粒の涙がこぼれた。


もう二度と会えないかもしれないと思った。
死ぬほど心配した。。。。。。よかった帰ってきて。


また会えて本当によかった。 拉致されてなくて。



あなたが大好きです。


15歳のお誕生日おめでとう。 
          Happy birth day to you!!

by紫陽花の君 こと エリ


待つ 

July 09 [Sat], 2005, 14:34
待つということ。
私は何度人を待っただろうか。
それは、単純なことであり、悲しくもあり、儚いものでもある。でも、私は待ち続けた。ずっと、ずっと。冬の木枯らしが舞う日も。私は、ひたすら愛しい人を待ち続けた。
地下道という、寒く暗い中で。あの人が来るという、根拠のない希望を胸に。
いつ来るのかわからない、来ないのかも知れない、あの人は私を迷惑に思うのかもしれない、寒い。寒い。寒い。
でも、私は待ち続けた。今帰ったら、この後すぐにあの人が来るかもしれないから。あの人に会いたいから、一目でいいから、あの人に会いたいの。愛しいあの人に。
そう何度も自分を奮い立たせて、何時間も何時間も、あの古惚けた暗い地下道で、寒さを堪えながら。私は、愛しいあの人をひたすら待ち続けた。        〜続〜

あなたは私の運命です。 

July 08 [Fri], 2005, 0:05
あなたは私の運命です。
私の幻想を共有します。
あなたは私の幸福です。
それは現在のあなたです。
私の甘いカレッスを持っています。
私の孤独を共有します。
あなたは私の夢です、実現する。
それは現在のあなたです。
天と天は、単独で私からあなたの愛を受け取ることができます。
「もたらす、私は馬鹿だろう。」
常にあなたをいとしくしておくために、そして私がそうでないだろう馬鹿。
あなたは私の運命です。
私の幻想を共有します。
あなたは現在のあなたである私への生命以上のものです。
あなたは私の運命です。
私の幻想を共有します。
あなたは私の幸福です。
それは現在のあなたです。

〜コメント〜
You Are My Destiny  の日本語訳版です。
by 紫陽花の君

あの日、あの時、この場所で。 

July 07 [Thu], 2005, 18:49
あの日、あの時、あの場所で、私と彼が出会っていなければ、私は、こんなに幸せを感じることも。こんなにも人を愛することも。胸が苦しくなるほどの切ない気持ちも。
全て、味わうことがなかったことだろう。運命は、時にイジワルで、時に幸福をもたらしてくれる。
〜運命のいたずら〜と言うべきであろうか。でも、やっぱり運命というのは残酷だ。そして、人の気持ちも。それは、互いに移り変わっていくものだ。
まるで天気のように。この先、明日、一ヵ月後。。。。どうなっているか分からない。でも、
あなたとこうして出会えた奇跡を私は信じて、あなたをずっと、
あなただけをずっと愛していきたい。
あなたと出会えた奇跡、あなたと出会えた運命を大切にしていきたい。あなたに出会えてよかった。
ココロからあなたを愛してる。

You Are My Destiny 

July 07 [Thu], 2005, 17:23
You are my destiny
You share my reverie
You are my happiness
That's what you are

You have my sweet caress
You share my loneliness
You are my dream come true
That's what you are

Heaven and heaven alone
Can take your love from me
'Cause I'd be a fool
To ever leave you dear
And a fool I'd never be

You are my destiny
You share my reverie
You're more than life to me
That's what you are

You are my destiny
You share my reverie
You are my happiness
That's what you are.





紫陽花の君 

July 07 [Thu], 2005, 7:27

〜時〜 

July 07 [Thu], 2005, 5:31
早朝のすがすがしさ。朝の冷たい新鮮な空気。
時間に終われないというココロとカラダへのゆとり。
時が過ぎていくのを、久々にゆったりと感じた。
外はもうすっかり明るいのに、まだ5時30分。
でも、愛する人と過ごす時は足早に流れていく。
〜まだ5時30分されど5時30分。〜
時が止まってしまえばいいのに。もう、何度そう思ったことか。。。。。
時は止まったまま。私と彼以外の人間の動きが全て止まってしまえばいいのに。
そして、時の流れにも、誰にも、何にも左右されずに、
ただ彼と一緒に居られたらいいのに。

いつまでも、一緒に居られたらいいのに。。。。。。
私が今望むことはたったそれだけ。
なのに。。。。。。。。。。
運命のイジワル

〜愛してる〜 

July 07 [Thu], 2005, 5:09
あなたのそばにいられるだけで


あなたがそばにいてくれるだけで


あなたをそばに感じられるだけで


ただ、それだけで


私は、死ぬほど幸せです。


計り知れない私の愛。


あなたを愛してる。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ryo102ry
読者になる
Yapme!一覧
読者になる