久々の… 

2009年10月16日(金) 21時07分
久しぶりのブログ!
子供達の小さい間の記録を細々と…と思いつつ、つい空いてしまう間…
日々に追われ、気がつけばRyoは既に5歳、Meしゃんはもうすぐ3歳
ごめん、二人。

最近すっかりMEしゃんも幼児へと成長し、仲良く遊んでくれるようになり、母も
まじめに再開させていただきます。

先日はRyoは園の二度目の運動会。
かけっこはスタート地点ではピョンピョンおお張り切りなのですが、
いざスタートするとぶっちぎり!  の最下位…

普段の様子から予想はしておりましたが、やはり(涙)
気長に彼の得意分野を探してあげよう、と改めて考えた運動会の一日でした。

でも病み上がりでも一日頑張った彼には拍手を送ります。

来週はMeしゃんの来年度の幼稚園説明会。
来年の4月からは彼女も幼稚園 二人が赤ちゃんの時には
「二人が幼稚園に入ると子育ても一段落!その日まで頑張らねば!」
と思ったものですが、時間の経つのは早いもの
片時も離れず過ごしているMeしゃんが不在の時間ができる事を考えると一抹の寂しさも
あるのですが、そんなセンチな事を言う前に
「お名前は?」 「しーらーなーいもんねぇーだ!」の彼女を何とかせねば!(汗)
そしておしっこどまりのトイレトレーニングを完成させねば!
と、課題山積みの我が家で長女であります。
(写真注:去年と今年それぞれの運動会、「大きくなりました」)

(無題) 

2009年03月19日(木) 12時36分
先週の兄にひき続き、今度はMEしゃんが発熱。
彼女は兄と違って熱があっても割と元気 …なのは丈夫で有り難い事なのですが、が!その元気の全ては「わからんちんパワー」に全てが注がれるのが母には頭痛の種(涙)
話す言葉は「だめ!」「いや!」が八割を占め、やりたがりる事も理解不能。
今回の熱で彼女が始めたのはトイレトレーニングと英語の本読み。
日に何度も、時には夜中3時に「トイレ!トイレ!トイレ!」と人を叩き起こし、ず〜〜〜〜っとトイレ練習。
しまいにトイレで眠り始めたので抱き起こすと、また「トイレ!トイレ!」
仕方がないのでまた座らせ「MEしゃんがんばれ♪〜」と歌うと「うぶしゃい!(うるさい)」と一喝(涙)
英語は「はうあゆーしたい!」と赤ちゃんの英語絵本を人に読ませ、(その間彼女はゼイゼイ言いながら清聴)
ドラゴンが出てくるページで「やー!くわい!くわい!」と大泣き。
「じゃやめるね」と本を置くと
「はうあゆしたい♪」とまた一からやり直し。

小さい子供はカワイイものですが、体調を崩すと周りもグッタリ。でも一番可哀相なのは本人。
家族みんなが健康である事の幸せを痛感する日々です。
早く元気になれ、MEしゃん!

幼稚園この一年 

2009年02月25日(水) 10時13分
昨年4月から始まったRyoの幼稚園。早いものでもう一年が過ぎようとしています。
入園当初は
「Ryoはママがいないから幼稚園にはいかないことにした。」
と言ってみたり、送って帰ろうとすると大泣きしたり、と「楽しい幼稚園生活」には程遠かった様子のRyo。
「彼には2年保育で十分だったのでは?今幼稚園は早すぎたか?」
と悩んだりもしたのですが、
仲良し友達と呼び捨てで名前を呼び合いながら走る現在の彼を見るとお友達との絆が生まれている事を実感。
やはり子供同士で学び合う経験は貴重です。
彼の成長する姿が感慨深いこの頃です。

(写真 :入園式おでかけモード兄妹  Ryo作品完成!)

Meしゃんバースデイ 

2009年02月24日(火) 21時43分
Ryo記事ばかりでMeしゃん記事も残しておこうと重い(重過ぎる!)腰を挙げた本日、
Meしゃんバースデイについて書こうと思います。
(久しぶりで文章も硬いわ…)

先日はMeしゃん2歳のバースデー。
Ryoの時同様に両実家の父母に来てもらいMeしゃんのお祝いをしていただきました。
Meしゃんの成長とともに熾烈になってきた兄弟ゲンカに配慮して、お揃いの電話をもらって遊ぶ二人。

「なんとなく楽しい日?」な気分でごきげんで遊んでいたMeしゃんでしたが、
ケーキを出して全員が「Happy Birthday Meしゃん〜」と歌うのを聞いた瞬間
「え!あたし?」と満面の笑み!
今までRyo誕生日、入園式、とRyoイベントで「兄が主役が当たり前」的な認識の様子のMeしゃんに人生初の主役体験はとっても嬉しかったよう。

今はまだまだ幼くて何かと母の仕事を増やしてくれる彼女ですが、幼稚園入園まであと一年。
「あと少しの時間で我が家からは幼な子がいなくなるな…」と
子の成長は嬉しくもちょっと寂しいこの頃。

今の間にたくさん母と遊ぼうね!Ryo&Meしゃん!

(写真は「え!あたち?!」Meしゃん)

go-on! go-on! go-on! 

2008年11月28日(金) 22時50分
「男の子なら戦隊物にハマるよ」
と、先輩ママから聞いていましたが、4歳になったRyo、現在の戦隊物、ゴーオンジャにガッツリハマっております。
RyoだけでなくMeしゃん、ハマっております(ちょっと汗)
彼女が初めて覚えたキャラの名前はアンパンマンでもキティちゃんでもなく「ごぉん」
Ryoは幼稚園の七夕短冊に将来の夢「ゴーオンジャーになりたい」

てな訳で、話はさかのぼりますが、今をさかのぼること500年前。
頼朝が鎌倉幕府を作った頃にございます。
奢る平家は久しからず、盛者必衰の理を表すと申しましょうか、栄華を極めた平氏を滅亡させた
義経と頼朝の兄弟の・・・。

↑前段、家事で中座した間の旦那君のイタズラです。意味不明です。

つづき てな訳でこの一年、Ryoのピュアな子供の憧れを母は利用しまくり、
しつこく続いていたRyoのトイレトレも小さい方は
「ゴーオンスーツにおしっこしたらゴーオンジャーになれないよ。」
で完了。
大きい方は夏に「本物のゴーオンジャーに会わせてあげる、でもゴーオンジャーの家に行く飛行機はトイレで全部できる子供じゃないと乗せてくれないよ。」
と言うと俄然ヤル気に。
ついでに兄妹ゲンカも
「今の君はゴーオンジャーみたいだった?バンキ獣みたいだった?」
で説得。
テレビを見せない子育てをしているママさんを素晴らしいと思うのですが、
純粋にヒーローに憧れて子供が頑張る、というのも良いもの。
今年の夏はRyoのごほうびに、と言うより生ゴーオンジャーショーを見た子供達の
リアクション見たさに後楽園のゴーオンジャーショーに行きました。
入り口に出迎えに立っていたゴーオンレッドを見た瞬間、Ryoはあまりの驚きに棒立ち。
後でゴーオングリーンの変身写真撮影でも茫然とした様子。

でも夏休みのこの一日はRyoの心にしっかり残ったようで、東京ドームシティCMを見る度に
「ママ、今日ここ行きたいんだよ。」と言い続ける日々。
あまりに好きなようなので、来月の放送終了にはガッカリするかな?と
「Ryo、日曜日にテレビでしてるゴーオンジャーもうすぐ終わるみたいだけど寂しい?」と聞くと
「ネットで見るからいい。」とのお答え。
ものすごく平成生まれを感じるコメントでありました。
っていうか、ネットで見られる事を覚えさせないでいただきたい、旦那君!

写真注;日曜恒例、エンディングダンス ゴーオンレッド! Ryoグリーン

再開! 

2008年11月11日(火) 23時11分
すっかりサボッておりましたが、細々と再開。
グングン大きくなって行く子供達の成長を地味に記録に残しておこうと思います。

さて、最近我が家はryo4歳記念に和歌山に参りました。
(実家もちで←ありやとございました)
目的地は双子誕生で話題のパンダ!アドベンチャーワールド!

アドベンチャーワールドがなにやら理解できないRyoはその辺の100円電動車に
乗りたがる始末。
ここに来てそんなアホな、と先ず二人乗りカートに乗せると超ゴキゲン!
は、良かったものの、いざ一番奥のパンダ舎に行き「Ryo、パンダだよ!」
と見せると、生パンダに超ハイテンションな親を尻目に
「…F1のりたいんだよ」とフキゲンモード。
おいおい、ここまで来てパンダよりゴーカートって…と膝ガックリでしたが、それが子供。
が、サファリやらミニF1、イルカタッチなど、次々楽しい事経験をすると
すっかりご機嫌。
帰る時には「レストランなお家(ホテルをこう言う)で寝て、明日もここ来ような!」
と大張り切り。
「明日はムリなんだよ、帰る日だからね。」
と正直に言うと
「なんで?いやだ!」
「お家帰らないといけないから。」
「嫌だ、お家はカッコ悪いよ!」
との暴言。
(たしかに、スタイリッシュな家ではないけれど、それは誰のせいじゃ!)
食事時には走り回り、帰路ではmeしゃんのチャイルドシート脱出に閉口でしたが、
はしゃぎ回る子供達の写真を見るとまた家族旅に出たくなる母でした。

写真注:パンダとmeしゃん 
パンダと男前ポーズRyo 
今回の旅で一番楽しかった(Ryoが)ミニF1

とべ動物園20周年! 

2008年04月11日(金) 23時23分
幼稚園入園までそろそろカウントダウン。
幼稚園が始まる前にサークルのお友達と遊んでおきたい、とお花見がてらとべ動物園にお出かけしました。

行ってみると、動物園は20周年のリニューアルオープンで大盛況!
キーホルダーがもらえるクイズラリーも開催されていざ!行くぞ〜!
…と言いたいところが、我がマイペース先生Ryo、「遊具広場の汽車になぜ行かない!」と怒る怒る!
ベビーカーに押し込み動物で気分をほぐして、と思っても
「見てあげないからね!」
と、うつぶせ姿勢で断固拒否!(一体、誰に似たのやら…)
お弁当でやっとRyoのご機嫌は直りホッとするも今度はMEしゃんが大暴れ!

レジャーシートを行き来してグジャグジャにする、弁当を踏み越える、お友達弁当に手を出す、とやりたい放題。
まあ…一歳児に弁当の区別などは無理な話で…

昼食後モンキータウンに行くと何やら人だかり。
見ると新しくできた柱の上にオランウータンの姿が!
本来はお披露目は二日後だったのですが、ダイレクトに綱渡りが見られる『エアウォーク』の練習に登場中。
初めて見る『森の人』の姿に、親は「あっ!オランウータン!」と大喜び。
Ryoは「え?ウータン」とNHKキャラを探してキョロキョロ。
(…確かに、三歳児には猿よりウータンですな。)
ただ、エアウォークは不成功。綱にバナナを吊しているのに知らん顔。
「バナナで駄目って…大丈夫?」と、透明廊下の設備を作っても肝心の動物は知らん顔、で結局開かずの廊下状態になってしまったレッサーパンダ舎の恐怖の二の舞をお節介にも心配しておりました。

Ryoが赤ちゃんの時は幼稚園児が物凄く大きく見え、我が子がいつか…など全く想像がつかなかったのですが、時のたつのは早いもの。
桜の下で走り回る子供達を見て「幼稚園にこの子達は入る歳なんだな…」と妙に実感。
先日のサークル最終日は「菓子よこせ攻撃」を繰り出すMEしゃんとの格闘に明け暮れ、感慨に更ける余裕がなかったせいか、この日がサークル卒業式の気分だった動物園遠足でした。
みなさま、楽しい時間をありがとう!
(写真注:オランウータン 翌日河原で 桜とRyo)

新問題発生中! 

2008年02月28日(木) 21時50分
二人っ子政策の我が家。
二人目MEしゃんは我が家最後の赤子。
スタスタ歩き回る娘を捕まえては抱きまくり、嫌な顔をされようが、完全に赤ちゃん扱い。
授乳もやめるつもりなどなく、いついつまでもと思っていた矢先、問題発生!
それは歯。噛む噛む!
顎の力がついて生え揃ってからのマジ噛み。
「そっと外して『噛まないで』と言いましょう」
などと本には書いているものの、『そっと』などは不可能な痛さ。
「痛!」と指を入れて外すとMEしゃんは怒り狂い私にビターン!とビンタ(優しく花のような女の子のハズが…)。
それを何度か繰り返すとMEしゃん、完全にオッパイストライキ。
授乳はいつかはやめる事。
「欲しがって泣かせるよりも」とこれを機会に断乳をスタートしたのですが、昨日まで絶好調だったためいきなりやめると辛い!
あまりに痛いのと乳腺炎 予防のため、母乳製造をストップしてくれる薬をもらいに婦人科を受診したのですが、先生に
「二歳までは続けなさい」と強く諭されすごすご帰宅。
授乳を再チャレンジするもMEしゃんは「ふん!」と冷たく素通り。
子供の成長は後戻りなし(あ、Ryoのトイレは戻りましたな)MEしゃんはほとんど夜泣きも収まり、赤ちゃんを一歩脱出した様子。
が、私はまだまた冷えピタシート必須の生活。
いつまで続くことやら…

Ryoの入園準備やら、MEしゃん断乳やらをしながらつくづく「時は過ぎているんだな…」と思う今日この頃。
以前、高校生のお母さんと話をした時
「今大変でしょ?でもね、こんなに可愛い時はもう一生ないからね。」という言葉をしみじみ実感。
髪振り乱しバタバタとしつつ、楽しんで行こうと思います。
う…やっぱり痛いけど
(写真 お食事MEしゃん&電車Ryo)

トイレトレーニング!(二回目) 

2008年02月06日(水) 12時57分
幼稚園入園を春に控え、母を悩ませる問題発生!
それはRyoのトイレ問題。
去年の夏に遅目にスタートしたものの、秋には小さい方はほぼ完了。大きい方は失敗するものの、習慣的に朝食後すぐに一日一回であったため「幼稚園生活に支障ナシ!」と大船に乗ったつもりだった私。
が!が!戻ってしまったんです(泣)
きっかけは冬になって二回かかった嘔吐下痢。感染防止に病中ずっとオシメだったのですが、やっと完治してもRyoはすっかりオシメモード。
トイレに誘っても行かず、綿パンツにそのままジャー。 おまけにパンツに全部するのは気持ち悪いらしく、トイレに立たせても出さないのに、パンツをはくと一時間ももたずちょこちょこおもらし。
MEしゃんはわんぱく盛りで目が離せず、幼稚園導入保育を目前に控え、
「前は出来ていたのに何故!?」と私は超イライラ。
怒らないように、と我慢していても「ねえっ!出来てたのに何で言わないの!」とか「あーあ!アンパンマンパンツ濡れてる!寒い!アンパンマン可愛そう!」と言ってしまう日々。
トレーニングメニューを一通りやってみても成果なし。
成果どころか、トイレ関係ばかりをせっつかれる事に嫌気がさしているらしく、Ryoまでイライラモードに。
寒いトイレに無理に連れて行くのをあきらめ、補助便座からおまるへ逆戻り。
ついでに少し早いながら、MEしゃんにも座らせ「ライバル登場作戦」を決行。
おかげですんなり、とは行かなかったのですがMEしゃんには遊び気分で褒めまくるのに、Ryoには厳しい態度で臨んでいた自分を発見。

トレーニングをこじらせてしまったのは私のせいだな…と深く反省。
ごめんねRyo。

てな訳で、Ryoのトレーニングはゆるゆるモードに変更。

残り少ない家庭保育の日々を楽しむ事にしたのでありました。

…でもしてくれると非常に助かるんだけど ブツブツ

(写真注:おまるMEしゃん)

湯布院旅中 

2008年02月03日(日) 23時43分
我が家は湯布院に来ております
今回の旅の目的はずばり、ゆふいんの森号に乗車すること!
森号は鉄道好きRyoのBestオブBest
口癖は
「大きくなったら森号の運転手になるの」
であり、「そんな事したら森号の運転手さんにはなれないんじゃない?」
は一番効果的。この言葉で、注射やら嫌な事を我慢したRyoを是非本物に乗せてやりたい!と、別府‐湯布院間を森号で旅をしたのでした。
別府から湯布院は一時間程度。
運転席すぐ後ろに陣取り運転手さんの動きに興味津々。
同じ年頃の男の子が隣に現れ、一緒に運転席を見始めると何を思ったか、おもむろに自分の森号模型を前にコトッと置き、ちらっと男の子を見るRyo。
「超マイペースマンのRyoがライバル心を燃やしているのを初めて見た!」と彼の鉄スピリットに旦那君と衝撃を受けたのでありました。
写真注:森号車内Ryo 湯布院クレソンアイス中 MEしゃん大分ゆめタウンにて



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:MEしゃん
読者になる
2歳 お人形バギー好き
FAMILY PROFILE
ryo
Ryo 4歳 レゴ好き
miho
miho 主婦 四国在住   34歳 ピクサー好き
dannnakun
旦那くん 36歳 色黒   ビール好き
Yapme!一覧
読者になる