市村がユリ超さん

November 15 [Tue], 2016, 14:33
看護士の場合、求人はいっぱいありますが、要望と一致する条件の求人があるとは言えません。看護師の資格を持っている方でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと思っている方が多いでしょう。
要望に合う勤め先に転職するためには、情報蒐集が重要になるのです。産業看護師は従業員の健康が保てるように保健について指導したり、うつ病防止のメンタルケアもおこないます。産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは無理かも知れません。


興味がある場合は看護師専用の転職HPを利用して頂戴。



転職ホームページでは産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。



高校入学時に衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、最も早く看護師として、はたらけるようになるでしょう。しかし、途中でちがう進路を考えだしても変更は困難です。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いことがりゆうで試験勉強や実習が不足して簡単には試験に合格できないという面もあるようです。
現代は高齢化が進んで、福祉施設でも看護師の必要性は増加傾向にあるのです。

それに、大手の会社になってしまったら医務室があり、そこにも看護師がいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を実施しております。



こういった場合には、社員としてその会社に入社することもあるようです。

看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。ナースむけの仕事紹介は、職安や求人雑誌には載らない場合もたくさんあります。


ところが、ネットの看護専門職むけのキャリアサポートサービスだと、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、ある程度、働く人立ちの傾向をつかむこと等も可能です。


躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを間に入って話してくれる場合もあるようです。


看護師の勤務しているところといえば、病院という考えが一般的でしょう。

しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にもいっぱいあります。



保健所では、保健師と連携し、地域の住民の健康上の各種のサポートをするのも看護師の役割です。
また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師がおこないます。看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度あります。



看護師不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年における看護師資格の合格率は90%前後とすさまじく高い水準を示しつづけています。
看護師の国家試験は、大学の入学試験のようなおとすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格を勝ち取ることのできる試験です。



看護専門職が職場を移る根拠としては、看護スキルの向上を前面に出すのがおすすめです。以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、待遇が良くなかったといった、否定的な事由だったりすると、わざわざ株を下げることになります。実態としてはそのままだったとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、ポジティブな印象を与える応募動機を答えられるようにしておいて頂戴。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アヤカ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる