響のコガシラクワガタ

August 22 [Tue], 2017, 1:38
下腹部の激しい痛みを起こす主な病には、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気など、様々な部位の病気がみられます。
エイズ(AIDS)はHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染によって起こるウイルス感染症であって、免疫不全を招き些細なウイルスなどによる日和見感染や癌等を発症してしまう症候群の事を総称しているのです。
内臓脂肪過多による肥満と診断された上で、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2つ以上に当てはまるような様子を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と名付けています。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は睡眠中ではない覚醒状態で命を保つ(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張の保持等)ために要る最低限のエネルギー消費量のことを指します。
前立腺は生育や活動に雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても密に関連していますが、前立腺に発生してしまったガンも同様に、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの作用で大きくなってしまうのです。
ご高齢の方や病気を持っている人などは、一際肺炎になりやすく治るのが遅いという傾向にあるため、予防策の徹底や迅速な処置が重要だといえます。
チェルノブイリ原発の爆発事故のその後の追跡調査のデータによると、成人と比較して子供のほうが分散した放射能の害をより受容しやすくなっていることは明らかです。
陰金田虫というのは、医学上は股部白癬という病名で、かびの仲間である白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、尻などの場所に何らかの理由で感染、棲みつく病気の事で簡単に言うと水虫です。
杉花粉症などの症状(水っ洟、鼻詰まり、連発するクシャミなど)のために夜間よく睡眠を取れないと、それが因子になって慢性的な睡眠不足になり、翌朝起床してからのすべての活動にダメージを与えるかもしれません。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もせずに横たわっていても使うエネルギー量であり、半分以上を全身の筋肉・一番大きな内臓である肝臓・脳の3つで消費するということです。
子どもの耳管の構造は、大人の耳管に比べると太めで短い形であり、またほぼ水平になっているため、菌が潜り込みやすくなっているのです。大人より子供の方がよく急性中耳炎を発症するのは、このためだと言われています。
お薬、アルコール、合成保存料を始めとした食品添加物等の成分を分解し、無毒化する作用を解毒(げどく)と呼び、多機能な肝臓が果たす非常に重要な機能の一つと言えるでしょう。
ブラッシングなどで、本人がセラピーキャットのことを可愛らしいと感じることで「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、結果としてストレスの低減やヒーリングなどに繋がっているのです。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する効果を持つナイアシンは、ゆううつな二日酔いによく効きます。不快な宿酔の誘因物質だといわれるエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングに関わっているのです。
学校等大勢での集団生活をする際に、花粉症が原因で他の友達と同じようにして思いきり動くことができないのは、患者本人にとっても寂しいことです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる