河原だけどイングリッシュ・セター

August 03 [Wed], 2016, 17:45
介護士資格の最大の利点は、やっぱり、働いていない期間が長くあったとしても、再び介護士として働くことが比較的容易だということです。なぜそのようなことが可能かというと、介護士の職業が専門職であるからという理由と働き手が足りていない現状が大きな原因といえます。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ条件に合えばたとえ50代でも介護士として再就職が出来るのです。
海外で介護に携わる者として何かできる事がないのかと考えている介護士の方も多いのではないでしょうか。
海外でも介護士の需要は大きくなる一方で、笑顔で患者を支えることの出来る介護士は、多くの国で求められている職業です。海外で介護士になる場合、意思疎通をはかるためにも、英語が必要になります。



介護士として海外で働きたい場合、積極的に英語を学ぶようにしましょう。時に人命に関わることもある介護士という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。しかしながら、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。

第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。
それから、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。そういったことをわかった上で、介護士という仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、良くない点を打ち消せる程に長所も多いということに他なりません。皆さん想像がつくと思いますが、介護士は女性が大部分を占めているため、結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。加えて、勤務する時間が不規則だったり、キツい仕事だということも原因となり、離婚率についても高くなっているようです。
収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。交代勤務を代表に大変な仕事を抱える介護士ですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。
受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、しっかりと次の担当介護士がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。
簡単に済んでしまうようなケースも少なくないですが、患者の生死に関わる重要な情報については重い責任の仕事だと言えます。基本的に定休制の会社員とは異なり、介護士の休みは本人が働いている介護機関でそれぞれ異なるようです。


3交代勤務の場合、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日や出勤日が変則的なことも珍しくありません。むしろ、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。介護士といったら、昔は大多数が女性でした。しかし今日では介護士の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性が働くことも多くなってきました。介護士に求められる能力を考えてみると、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。女性の持つ優しさだけではなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、これからの介護士にとって大切な要素だと言えますね。


入院施設のある介護施設に勤める介護士は、夜勤が必須の職業です。

実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。
3交代勤務での夜勤となると、時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。応募する介護施設がどういった交代勤務を採用しているのか前もって知っておいた方が良いでしょう。介護士資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。
実際にはどの程度だと思いますか?調べてみると、介護士国家試験の合格率は毎年90%前後ですから、決して低くありません。

試験内容も、それまでの学校生活で理解していれば十分に合格できるものですので、これといって介護士の資格取得は難しいものでもないようです。
介護のスペシャリストである介護士が必要な施設というのは、クリニックや介護施設の他にも存在します。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。
こういったところでも介護士の活躍が期待されています。



このグループホームにいるのは、認知症患者の方であるため、気を付けて接する必要があります。



特に介護関連に興味があるという場合は、グループホームに就職するという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、大体希望を叶えてくれることもありますが、人員配置を担当する人の考え方一つで確定されたりすることもありそうです。


人員配置については、介護施設側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、充分に考えられた配属であることが殆どです。



でももし、その配置に不満がやまないのなら部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。介護士の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。
二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちにたいていの介護士は、体内時計を狂わせてしまって、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。心身ともに大きな負担のかかる仕事ですから、これにより疲労はたまる一方であり、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。そして、心身への負担をしみじみと思い知らされることもあるのです。皆さんは介護士の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、介護士を志す学生たちが、介護施設の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。

介護士にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。


しかし、ここ数年の間に徐々に介護士の制服も変わってきているのが現状で、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。

特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。免許が必要な専門職である介護士は介護や介護など、様々な場面で求められています。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、その際に気を付けてさえいれば、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。



近頃ではインターネット上に介護士を対象とした転職、求人を扱うサイトなどもたくさんありますから、上手にそういうものも使ってぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。



職場にもよりますが、介護士の給料というのは、様々な他職業と比べても、随分と高給です。

人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当も確実に支給されるからです。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか進んで残業をたくさんする等々、そんな介護士なら確実に給料は、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。

正社員として働く介護士もいれば、パート勤務を選ぶ介護士もいます。

正社員の場合は月給制で、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。



その時給ですが日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが世間の相場みたいですね。


時間いくらのパート勤務にしてはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、専門職である人命に関わる介護士であり、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、金額的に少々不満です。多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と関わることが多いので、不信感や不安を与えないために、髪形に気を付けた方が良いでしょう。

介護士として、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いでしょう。

職場の環境によっては、髪形への規則の厳しさが変わるということを知っておいた方が良いでしょう。他業界の労働者と介護士を収入の面で比較してみると、平均年収という一点では確実に、介護士の方が上回るといいます。


介護士不足に陥っている介護機関は少なくはなく一定数以上の需要が常に見込まれるので、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの大きなメリットがあるといえます。
収入が良いのは事実ですが、その一方で、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、介護士の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。



将来、介護士として働くための教育を受けられる機関としてよく知られている、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。
そして、介護士の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習に多くの時間を割き、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。最近では男性も増えていますが、女性が介護士として働いた場合、お給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。
そういったことが起因しているかは定かではありませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。ですが、とにかく忙しいです。


勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているというのは珍しくありません。

収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのがベストな形だと思います。
職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが介護士です。
そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、転職して別の介護施設で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。

大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。
あまり一般的ではないかもしれませんが、介護施設外の介護士の仕事場として保育園があることを知っていますか?こうした保育園を職場にするとなると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は理想的な職場だと思います。


仕事の内容は、介護従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする大切なものです。
職場において、仕事のできる介護士を目指すには、答えは簡単です。


経験を積む、これだけです。



起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。人によっては、介護士としてのレベルをもっと上げたい、として新しい職場を探す、という人も少なくありません。
規模の大きい介護施設に移ってさらに能力をアップさせたいと願う、大変に積極的な仕事の選び方です。

介護施設では普通、介護士が注射や採血を行います。普通、好んで注射をされに行くような人は稀でしょうが、実際に打たれるとしたらベテラン介護士に処置して欲しいと思うのも当然でしょう。

でも、注射針を刺すのは介護士の腕次第ですから、上手な人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。

上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。

介護士が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。
どこの介護機関でも、介護士は人手不足になりがちで、ですから、求人だってもちろん多いです。勤務している今の職場でハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、介護士が転職を希望するようになったわけは多様です。現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。最近の交代勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、介護士を挙げることが出来ます。

外来の介護士ならば夜勤がないこともあるようなのですが、大半の介護施設が入院病棟の方に多くの介護士を置きますから、経験が浅いと殆どの人がシフト勤務になるはずです。私の話になりますが、妻がまだ子供が小さかった時に介護士としてシフトに入っていたために、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに悩みました。

もし、介護士が外科を勤務先として選択した場合のいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、知っておきましょう。

手術を目前に控えているような患者や術後の患者のケアを行うことにより、スキルアップに繋がります。考えられる短所はといえば、担当患者が短いスパンで変わっていくため、長期に渡って落ち着いて患者のケアを行えないことが挙げられます。介護士に階級があるのをご存知ですか?トップに位置するのは、ほとんどの介護施設では看護部長や総介護士長がトップにあたります。



どういう人が出世するのかというと、同じ介護施設に長期間勤務して実績を積むなど、周囲から信頼されるような人材になることが重要です。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけより多くの給料を受け取れるはずです。「看護士」と「介護士」、両方とも発音は一緒です。
漢字だと、この二つになります。



過去には「看護士」が男性、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。法律が変更された2001年を境に、男女分け隔てなく使用できる介護士の呼び名にまとめられることになったわけです。新卒で勤め始めた新人介護士や、違う介護施設から転職によって働き始めた介護士に、現在の職場での経験が足りないという名目で、残業したことによって支払われるべき給金がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、勤続年数や経験などは関係せずはっきりと労基法に違反しているのです。就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、せっかく働いたのならその時間分、手当として支払われなければなりません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hinata
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rybw0slnaimiel/index1_0.rdf