分析は、安倍の前任の後の何

July 23 [Tue], 2013, 15:19
分析は、安倍の前任の後の何度もの訪問、東南アジア諸国からモンゴルが再びロシアまで(へ)まで(へ)、基本的にすべてめぐってと行っている領土の紛争の中韓の両国がありますとあまねく思っています。日本の気前が良い背後は政治の利益の訴えることで、意味(意図)は丸め込み周辺国家は特にこれらの国家の影響力について中国に減少します。安倍晋三の外交のロードマップはアジア・太平洋地域の構造に影響しますか?私達はまたどのように受け答えするべきですか?

司会者:

私達は少し見にきて、間もなく開いての、25日(号)開く東南アジア三国はすべてどの三国ですか?フィリピン、マレーシアで、シンガポールがまだあります。特に関心のがこの国家なことに値します――フィリピン、私が知っているため、向こうへ行っていた一定の時間、中国とフィリピンの間はこの海洋の方面のいくつか衝突について存在のです。それでは安倍は間もなくフィリピンを訪問して、彼はまた何がですたいか?呂教授、あなたはどのように分析しますか?

呂耀東:

私は安倍が今度東南アジア三国を訪問すると感じて、彼の目的はとても明確です。中国のこのようないくつかの問題に対応するのそのようにで、そのように言うことができて、安倍が舞台に上がった後に、彼は一貫して価値観の外交を実行して、東南アジアも彼の1つの主要戦場で、そんなに中国の周辺をめぐって外交活動を行って、しかしこともあろうに中国をほうっておきます。この中はそれでは私達は見抜くことができて、彼の暗黙ののひとつのとても重要な原因、フィリピンが中国と南シナ海の問題の上でいくつか相違の国家が発生するのなので、南シナ海がで生んで鎖国して、それでは彼とフィリピンは戦略的パートナーシップを形成して、更にいくらでもあって海洋の方面の1種の協力を行って、1種の南シナ海と東シナ海を含む中隊を形成してひとつの連合体で来て共に中国に対抗して、これも彼の1つの根本的な目的です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ryreter
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ry5r6y/index1_0.rdf