エゾビタキの篠田

March 10 [Thu], 2016, 17:35
私がダイエットにチャレンジした時、家の中でもできるダイエット手段として腕立て、腹筋、スクワットなどを実行して、筋肉を増やすことでからだの基礎代謝が上がりやすくした後に、少々速足での散歩を30分以上しました。これをなるべく毎日継続することで、2か月の間に5キロ以上の体重を落とすことに成功しましたが、続けるのはとても難しかったです。世の中には、これを食べておけば痩せるという食べ物はないと言えます。そうはいっても、単純にカロリーが低いものとか、食物繊維を多く含有していて、お通じをスムーズにしてくれるものは痩身効果がありますよね。野菜、きのこ類、海藻類を多く取り入れると、体重が増えることを防いでくれるでしょう。また、体重が増えそうな食べ物を控えなければなりません。職場の人とのコミュニケーション上のストレスで、最近は、自分でもどうしたのかと思うくらいに、過食にはしってしまっています。ほっぺや顎や二の腕や、ウエストにもお肉を蓄えてぷよぷよで、何とかスリムになりたいなと、思うのですが、なかなか、体を動かす暇がありません。こんな時に、簡単に痩せられる薬が、あったならいいのになって思います。大変な思いをしないでスリムになる薬があるのだったら、万札の1枚や2枚、出す覚悟はありますね。それくらいせっぱつまった思いです。ダイエット中のおやつは絶対にいけません。おやつで食べるものが、もしもスナック菓子のようなものではなくても、口にすれば太るという事実を心に留めておいてください。過度の我慢も良くないけれど、一日三回、食事をきちんととって、あとは食べたい欲求を抑えられるように体質改善ができるといいですね。ダイエットといえば、有酸素運動ですが、とても効果的な心拍数を知ることで効率的にエネルギーを燃焼し、脂肪の燃焼率を高めることが出来るようになります。しかしながら、長い時間体を動かせば動かすほど痩せるということではなくて、激しい運動になってしまうと筋肉に酸素が十分に行き渡らず、逆効果になる場合もありえますので、注意してくださいね。ダイエットに効果があるのは息が上がるほどの有酸素運動と筋トレです。遅筋は有酸素運動で主に使われますが、筋トレをする時に使われているのは速筋という筋肉です。ご存知かもしれませんが、遅筋は成長しにくく、ボディビルダーみたいにマッチョのようになりにくい筋肉です。遅筋と速筋を一緒に鍛えると、憧れのスタイルになります。基礎代謝をよくするということは痩せることにも効果を発揮します。元々、あまり汗をかかないという人は、体の中に老廃物などが溜まりやすい状態になります。老廃物が溜まっていくと基礎代謝が下がってしまい、汗をかきづらい人は太りやすくなるのです。基礎代謝をアップさせて汗をかきやすくすることが大切です。健康のため歩くことによって注意するダイエットは、続けて必ず40分以上歩く事です。歩く事のような有酸素運動で、体内で燃え始める脂肪は、約30分後から始まります。10分や20分程度歩く事では、脂肪は燃やされず、痩せる効果はかなり薄くなってしまうので、気をつけましょう。まず、ダイエットを行う際にはあらかじめ基礎代謝量を計算しておくことが大切な準備です。基礎代謝とは、運動や仕事など何もしてない時に消費されるエネルギーのことをいい、その数値が大きいほど、あまり太らない体質といわれているのです。基礎代謝の計算が簡単できるサイトがありますので、一度確認してみるといいと推奨します。基礎代謝は年をとるにつれ落ちていくといわれています。食事の内容は変えていないのに加齢とともに太りやすくなっている雰囲気があります。脂肪が燃えやすくなったり吸収をしづらくするタイプのサプリも色々ありますが、出来るならばオーガニックな漢方で目指せ基礎代謝アップです。年齢に伴いだんだんと体がゆるんできました。ダイエットのためには、運動、食べ物の管理が一番だとは思うもののなかなか時間が設けられずに実施できませんでしたが、暫くぶりに体重計で計ってみて驚いたんです。まずは無理なく運動に取り組むために、日頃の移動手段を歩きにすることから始めてみました。これで少しでも細くなると嬉しいです。若い頃は基礎代謝力がしっかりとしているので、多少の食べすぎで体重が増加してもちょっと待てば元通りになることがよくあります。でも、歳をとるにつれて基礎代謝力が減少し、それと共にエネルギー消費量も減少するので、何もしないと太りやすい体になります。呼吸に気を遣を遣って、お腹から行うだけでも、私たちは痩せるそうです。体が締るストレッチとしては深い呼吸をしながら、肩甲骨を動かすのが良いのだと伺いました。肩こりにも成果が見られるんですが、両腕を上にピンと伸ばしながら息を吸って、腕は上を向いたままキープし、肘を曲げて体の後方に下げていきます。同時に息を吐きながら肩甲骨を縮める感じです。筋力があり、基礎代謝量が高い方が、痩せるには都合がよいです。椅子に座る機会に背もたれをあまり利用せず可能な限り、背筋を伸ばすようにやったり、歩行の際にちょっと注意するだけでも代謝量を高めることができます。座り方や歩き方が素晴らしくなれば、女性としてもプラスになります。二重の利点ですよね。減量しようとしても続かないという場合は、減量に成功した方の体験談を聞いてみましょう。ネットの情報などは信じきれないと思うので、実現できるならば親しい人の体験談を直接聞くことを推奨します。目標を達成したという体験を聞くことでやる気が上がります。一般的に言って、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたころからだんだんと落ちていきます。これにより示されることは、成長期の終了とともに代謝量が安定しだしたことと、運動量が減ってしまったことのために筋肉量も、だんだんと低下していっているためです。30代以降になると太りやすい身体になっていくのはこういう理由があったのです。ダイエットして健康的に体重を落としたい場合には、有酸素運動を続けるのがべストな方法です。これはスイミング、歩いたり走ったりといった運動をさしています。そして、栄養面で考えるのはプロテイン、要するに、良質なタンパク質を取ることです。脂肪分を分解させるためにはタンパク質がなくてはならないのです。基礎代謝量を今よりあげていくためには有酸素運動が効果的といわれています。有酸素運動でも一番簡単で効果が見込めるのはウォーキングだといわれています。といってももちろん、何も考えずダラダラと歩いていては基礎代謝量の改善には結びつきません。正しいやり方としては、下腹部に力をこめつつ、顎を引きながら前を向くなどして、筋肉を意識して歩くと、効果を上げることができます。実際、ダイエット法にはいろいろとありますが、基本的には運動と食事がもっとも大事だと思います。食事制限と運動を並行してすると一段と効果的となるので、毎日ストレッチやトレーニングをすれば良いかもしれませんね。スポーツジムといったところに通うのも良いと思われますし、それが無理な人はご自身でウォーキングなどのトレーニングを行うようにしていきましょう。基礎代謝を計ることは必須ですよね。その理由は、自分の代謝量を知らないまま、必要な摂取カロリー量を理解することはできないのが理由です。若かったあの時のような無理なダイエットをするのが体力的にできなくなった分、常日頃から静かに数値を気にかけていたいと思うこの頃です。体重を落とそうとするのに食事を摂取しないのはダメです。長時間続かないし、具合を悪くしてしまいます食事を食べながら、食事の一部をカロリーの低いものに交換すると良いです。有酸素運動を合わせて行う人は、筋肉をつけて脂肪の燃焼効果を強めるため、高たんぱくで低いカロリーの食品が一押しです。ダイエット中は、ついケーキなどの糖分の多いものを食べたくなるものですが、ここは食べたいのを我慢しなくてはいけません。食べてしまったとしたら、体重に反映されてしまいます。もしどうしても食べたくなってしまったらカロリーが低いダイエット用のケーキを作るように心掛けましょう。お菓子を食べすぎてしまうことが多くてどうしようと思っている方は是非スムージーの置き換えダイエットをしてみましょう。自分の好きな食材でスムージーをミックスしてもいいですし、専用の商品を手に入れるのもいいでしょう。おやつ代わりやご飯代わりに飲むことで、ダイエット効果が上がるんです。スムージーを飲み込むときに噛むと、より効果的ですよ。ぜい肉を減らすには有酸素運動がお手軽に出来るので、イチ押しです。踏み台昇降を家の中で私はしています。これは長時間続けると、脈が速くなりますし、腿やふくらはぎの筋肉も伸び縮みするので、その動きよりもずっと体力が求められます。これはテレビを観ながら楽しく出来ますが、余分な肉がすごく減りました。私自身、ダイエットは以前に何度かしてきました。今も実践しているダイエット方法は小さな断食です。1日日程のない日に水以外は何も食さないようにします。翌日の夜明け直後は重湯やおかゆのような胃に負担の少ない食べ物を食べて、後は普段通りに生活するのです。お腹のリセットにもなって身体にも良いそうですよ。短い期間で健康的にダイエットするためには水泳が一番です。走るなどは苦手だという方でも、水の中ならば浮力があるので、体も楽ですし、泳ぎ終わりは心地よい疲労感があります。ダイエットをするために沢山の人が水泳をしていますから、1人で泳いでいても別に恥ずかしくはありません。水泳は予想以上にカロリーを使うので、続けることで痩せることが期待できます。ダイエットの間、どうしても甘い物を食べたい欲求にかられた時に口にする食べ物は、常に変わらずに寒天です。寒天は色々な味付けにできるので、飽きることがありません。特に、缶詰の蜜柑が入ったミルク寒天と、サイコロ状に切った味付けしていない寒天にたっぷりきなこと少々の黒蜜をたらしたものが大好物です。ダイエットする事を決めたその時が、一番意気込みに満ち溢れているといえるでしょう。体重を減らすのを成功させる為には、そのダイエットするぞという気持ちをいつまでも持続させることが大切です。特に当初に必死に頑張り過ぎると投げ出しやすくなってしまうので、ゆるく取り掛かりましょう。有酸素運動は短くても20分は運動しないと効果が見られないといわれてきましたが、今は長く続けなくてもあわせて20分運動していれば体にとっては意味があるといわれています。と同時に、筋トレのほとんどは筋肉内のグリコーゲンでエネルギーを生み出す運動ですが、呼吸をする運動、呼吸を詰める運動を交互に行うことでそれぞれの効果を引き上げることが成功します。減量を目指すには筋肉を付けて基礎代謝をガンガン上げていくこと大切です。実際、痩せる為にはどんな筋トレがなくてはならないのでしょうか?有酸素運動が期待どおりの結果が出せますが、過剰にするとかえって筋肉がつきにくいと言われています。大した程度でない有酸素運動の後に筋力トレーニングに取り組み、最後にまた軽く走ったりするのが結果が表れやすいようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウシン
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rvvor3l0a4evte/index1_0.rdf