看護師の資格を取るための国家試験は、1BASENAME: kango5

February 27 [Fri], 2015, 17:20
看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1度行われます。

看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには喜ばしいことに、直近数年の看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を持ち続けています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をパスできればパスできる試験です。

産業看護師とは一般企業で働く看護師のことを指します。
看護師といわれると病院、クリニックの印象が強いですが、医務室が置かれている企業もあり、そこで働いている人もいます。

仕事の中身、役割といったことは働く会社によって異なりますが、社員の健康を守り、そして、管理するというのは基本的な仕事でしょう。
修学旅行やツアーなどについていって、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。

結婚して子持ちの人は土日が休みだったり、夜勤なしの職場を求めています。

病院ではないところで働くには、そこに適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。看護師の働き先といえば、病院と考えるのがオーソドックスでしょう。



ですが、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも様々あります。

保健所で保健師の方と連携して、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の職務です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行います。
高校に進むときに衛生看護科で勉強を始めると、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。
しかし、途中で違う進路を考えだしても変更するのは簡単ではありません。


また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、試験までの期間が短いために勉強したり、実習をこなす量が少なくて試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊である上に職場によっても異なってきます。



現場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回しているという勤務先も多いものです。2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を取り入れている病院が多いです。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
看護士の求人はいくらでもありますが、希望に沿う条件での求人がある訳ではありません。看護師資格の保有者で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと大抵の方が思っているでしょう。


求める条件に合う転職先で働くためには、情報の収集が重要になります。

看護師国家試験に合格するよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。


厳しい学校を卒業して、国家試験も見事に合格した方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
看護師の資格を取るには、何通りかのパターンが挙げられます。
看護師免許を得るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。

試験を受けるためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護について学習することが必要なのです。
全国の看護師年収は平均して437万円ほどです。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円くらいになるのです。



公務員看護師は給料が上がる率も民間より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。

準看護師の場合であると、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。