浜中でもつお

March 09 [Wed], 2016, 20:20
看護師国家試験に合格するよりも、看護学校卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校はかなり厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年だそうです。そういう厳格な学校を卒業して、国家試験もパスした方には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。高校に入った時点で衛生看護科を選ぶと、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、最速で看護師になれるでしょう。ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、準備期間が足りないために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が困難という側面もあります。看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較するとかなり特殊であり、その上に職場によっても変わってきます。現場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっていることが多いです。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を導入している病院が多いのです。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方が人気があります。看護師の転職で失敗しないためには、将来のことを思い描いて早めに行動することが重要です。そして、どんな条件を重要視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来の自分の姿を明確にして、その希望に合った転職先の情報を少しずつ収集してください。給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も挙げておきましょう。世の中の高齢化が進んで、福祉施設であっても看護師のニーズは増加傾向にあるのです。さらに、大きな会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を実施しております。こういった場合には、社員としてその会社や企業に入社することもあるでしょう。修学旅行やツアーなどについていって、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。子供のいる既婚者は土日が休みだったり、夜勤がない職場を希望しています。病院ではないところで働くには、そこで求められる専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。看護師となるための国家試験は、1年に1回あります。看護師の人数の不足が問題視されているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を持ち続けています。看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格可能な試験です。看護士を目指す理由は実際に、どのようなことをきっかけにして看護師になろうと思ったのかを交えるとイメージが良くなります。転職の時の理由はこれまでに経験したことを活かしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。前の勤務先に関するネガティブなことは口にしないほうがいいです。日本全国の看護師の年収は平均して437万円くらいです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。公務員看護師は給与の上がる割合も民間より高く、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合であると、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。看護師の資格を手にするには、何通りかの道すじがあるのです。看護師の資格を取るためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護について勉強する必要があるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:風花
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rvni1veie4ncte/index1_0.rdf