紫外線による上水道の殺菌

August 01 [Thu], 2013, 20:59
紫外線は効果的な殺ウイルス、殺菌効果を有している。これを排水処理施設のみでなく、上水道の殺菌処理に使用するということが、海外では実施されている。

SODISと呼ばれる工程は、スイスの研究機関により広く研究され、少量の水の処理には利用可能であることが証明された。

この工程では、汚染された水を透明なプラスチックビンに入れ、6時間強烈な日光を浴びせる。

汚染された水は2つの同期した装置においてこの処理を行われ、UVA(波長320-400nm)の照射を受け、水温が上昇する。

水温が50度より上昇すれば、殺菌工程は3倍の速度になる。

日本では塩素による殺菌を行っているが、1970年代後半から、塩素と水中の有機物の反応によるトリハロメタン等の発ガン性物質の生成が問題となり、紫外線による消毒が注目をあびている。

皮膚に紫外線が照射
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rvjei9qw0743
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる