熊木とあっくん

July 02 [Sun], 2017, 19:17
赤ちゃんを授かったという事で産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。あるいは、野菜も代表の一つですね。食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が加熱によって溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、十分な葉酸摂取を心がけてください。
赤ちゃんを授かっている時はもちろん、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、日々の生活に追われていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとがありますよね。そんな不安を解消してくれるのがサプリです。サプリを飲めば、食生活に負担をかけることなく理想的な葉酸量を補ってくれますので、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心できますよね。
妊活中の友達と話していた時、自然と葉酸サプリの話題が出ました。一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが気になっているようでした。サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって知っていたので、その友達に教えてあげました。友達には悲しんで欲しくないですし、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと思う今日このごろです。
妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経が整い、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。軽い運動は新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、こころとからだのバランスを整えると言われていますので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
冷え性は不妊を招くと言われています。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、代謝が落ちて、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。血行不順を緩和して自律神経の働きを促し、リラクゼーションも期待できます。ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜と呼ばれるものが該当します。赤ちゃんを授かったあと、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があると知られています。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをおススメします。
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須です。では、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は不必要なのか?という疑問も抱きます。しかし、それは違います。葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを減少させるという有効性に限った話では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大切な期間という訳です。なのでお腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。
妊娠を希望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素と言えば、葉酸ですよね。葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素なのですが、いくら必要不可欠な栄養素だと言っても、摂取する量には気を配ってください。これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が含有していますから、決められた用法と容量を必ず守ってください。どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。
妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。亜鉛は質の高い精子をつくることをサポートする効果があるのです。妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を始めてみてください。
なんとなく不妊を疑いはじめたら、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。基礎体温表は5分もあればつけられますが、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという注意事項もありますから、その通りにしていくのが大事です。一日忘れても根気よく続けていきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:咲希
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rvgfsedoaqotoc/index1_0.rdf