ムササビが土田

August 15 [Mon], 2016, 13:30
赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、最も大変なことに陥ります。

まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、結果、インフルエンザで死亡することも可能性が有るでしょう。
ですから、インフルエンザが広がっている時には、絶対に外出させない方が正解かもしれません。



便秘に効くツボで有名なのは、おへそから両側に指2本分程離れた場所である天枢(てんすう)というツボです。
へその下5cmくらいの腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。
手首にはしこうとがいかん、いうツボもあります。便秘の種類によっても、効くツボが違うので、時分のタイプに合ったツボを押すと改善に効果的でしょう。

普段の運動量が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、体の不調も起こってきます。

女性に多く見られる症状の一つは便が何日も出ないことです。

運動不足の解消のため、通勤時に走ってみたり、、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが提案します。


可能ならば、便秘にならないためにも、週に1、2回はジョギングを試みたり、自分に合った運動をして体を動かした方がいいです。


アトピーになると非常に耐え難い症状が出ます。暑かろうが寒かろうが一年中痒みとの我慢比べになります。汗をかく夏場は痒みが増し、空気の乾燥する冬場も痒みが増します。


また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、間違って食べてしまうと、かゆみだけで終わらず腫れたり、呼吸困難に陥ることもあります。
この数年、乳酸菌がアトピー改善に効き目があることが見つかってきました。アトピーを誘因するものはいろいろありますが、毎日の生活におけるストレスや乱れた食生活によって原因となることもあります。
アトピー患者の大部分は腸の状態が整っていないため、乳酸菌をとることでおなかの環境を整えることがアトピーを治す第一歩となります。現在は毎年のように冬が来るとインフルエンザが大流行しています。

年を追うごとに予防注射をする人も増えてきているようですが、都市部ではとても多くの人がインフルエンザになっています。感染経路は多種多様だと思いますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、多数と接触する場所で感染している可能性が考えられます。息子がアトピーだと医者から診断されたのは、2歳になったところのことでした。膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、皮膚科からはステロイドを処方されたのでした。そうして2年ちょっとステロイドを与え続けて、気をつけつつ子供の具合をみていましたが、かゆみを繰り返し起こし、一向に回復した、という状態までいきませんでした。
結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃、アトピーに悩まされることもなくなりました。病気のインフルエンザに感染してしまうと学校などへの出席が5日間禁止になります。



インフルエンザに感染したとしても、発熱は2、3日で治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。熱が下がったあとでもセキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、他人にうつる危険性があります。ですから、出席停止の期間は家にいることが感染を防ぐのに必要なことです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Naoki
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rveeeps9ul9oob/index1_0.rdf