オーラの泉 

2006年12月28日(木) 0時21分
江原さん。あの人の言ってることが嘘でも本当でも良い。
私は完璧に信じてるけど。
でも、すごくすごく江原さんと美輪さんの話は勉強になる。
人間にとって大切なこととか、色々教えられる。
江原さんが、
「この世は修行場。目の前に困難があったら、
 これは自分の筋肉を鍛えるためのことなんだ!って挑んでいくべきだ」
っていってた。
わりと何かあるたびにそう思うようにしてるんだよね。
あと、るみは高1のときイジメられたとき、
「ここで負けたら一生負ける。
 乗り越えられるからこういう経験が起こったんだ。
 みんな通る道なんだろうし、私が超えられないはずがない。
 いじめをするような奴らい負けるなんて私のプライドが許さない」
って毎日挑んでた。
そうしないとやってられなかった。
美輪さんが、
「いじめをするような人たちは、
自分が人間として最低レベルの人間だって言いふらしてるようなものよ。」
って言ってたの聞いて、
あぁ。。そっか。やっぱりそうだよね。
あのときそんな最低レベルの人たちに負けなくて良かったって思った。
あとさぁ、
「人間として大切なことは経験と感動。
 あの世にもっていけるものはそれだけ。
 お金なんて盗もうと思えば盗めるし、
 モノなんてあの世に持っていけない。
 人はいつか死ぬんだからそんなものに固執しても意味がない。」
ってゆってた。
私はやっぱり、人が気持ちの上でやさしくあるためには、
「お金の余裕、時間の余裕、そして幸せな恋」が不可欠だと思う。
このどれかが足りても人に対して充分な優しさを持って
接することはできないと思う。
でもそういうのを手に入れるためには、やっぱりその
「経験と感動」が必要なんだろうなぁ、って思った。
人生にムダな出来事なんて1つもない。

ポッポ。 

2006年12月20日(水) 0時45分
ポッポ。10月2日誕生。12月18日逝去。

ポッポが天に召されました。
メールに気づいたのは友達に向かう途中の池袋構内。
意味が一瞬分からなかった。
道端なのに泣き崩れて帰るに帰れなくなっちゃって、
とりあえず母に電話したけど、上手くしゃべれなかった。
朝忘れ物して取りに返ったとき、ちょこんって座ってたのに。
るみにとっての、初めての身近な死です。

現実を見るのがこわくて、しばらく家に帰りたくなかった。
でも「明日の朝火葬する」っていうから、
ちゃんとさよならしなきゃなって思って帰ったけど、
ポッポ見たらまた涙とまんなくなっちゃった。
最近はほとんど触ってあげてなかった。
あんまりかまってあげてなかった。
もっとやさしくしてあげればよかった。
そういうの本当にすごい後悔した。

ただ寝てるだけみたぃに見えるのに、
触ったらいつもよりちょっと硬くって、冷たくて、
何より息してなかった。耳くっつけてみたけど、心臓も動いてなかった。
頭で分かってたつもりだったけど、
これが死ぬってことなんだ、って実感した。
ほんと死っていきなり来るもんなんだね。
でもすごく、楽になったような顔してた。

ポッポちゃんは、飼った動物の中で一番長く居て、
初めて最初っから最後まで飼えた犬。
今まで病気ばっかりして苦しんで、最近なんか息するのも苦しそうで、
早く楽にしてあげたいとも思ったけど、でももっともっと生きてほしいって思ってた。

成人まで生きててくれたら良いなって思ってたけど、成人した次の日に死んじゃうなんてさ。
子供が作れない体になったとき、ぽっぽの子は見れないんだなってすごく悲しかったけど、
ぽっぽが生きてれば良いやって思えたのに、今度はどうすれば良いのかなぁー。。

昨日はいつも通り「おやすみ」って言って、今日もいつも通り「いってきます」って言った。
今日ぽっぽが火葬されました。るみは授業がもう休めなくていけなかった。
あのとき風邪でも無理やり行ってれば休めたのに、とか今さら思ってもしょうがないけど。
るみだけいけなかった。
でも行かなくて良かったかもしれない。
学校いるときはあんまり考えなくてすむから、意外と平気かもしれないって思ったけど、
1人でいると全然ダメみたいで。涙腺ゆるゆる。

遺骨見て、「こんなにコンパクトになっちゃった」って単純に思った。
ポッポじゃないみたい。
家にポッポがいないのが変なかんじ。家の中がなんか足りない。
徐々に実感してくんだろうなぁ。
やっぱさみしーよ。しばらくメガネが手放せなそうです。

ポッポは頑張って生きてました。やっと楽になったね。
るみが成人するの待ってくれてありがと。
今まで本当にありがと。お疲れ様。
ぽっぽ大好き。
ほんとに大好きだったよ。
本気で悲しいときは絶対そばにいてくれたよね。
つらい思いさせて、寂しい思いさせてごめんね。
次生まれ変わってくるときは、健康に生きて自然に死ぬことを願います。
病気になんかならないでね。
できたらまた、るみのペットになってほしいな。
今度は幸せに、ううん、大事にするね。
ごめんね、ぽっぽ。
ぽっぽは幸せだった?
幸せだったら良いな・・・。
早くぽっぽに会いたいな。
頑張って生きて、そしたらそっち行くから。
それまで見守っててください。

恋する気持ち 

2006年08月02日(水) 22時16分
なんで恋したぃなぁ・・・って思うと泣きそうになるんだろ。

いっつもなんだよね。どうしてかな。

るみは一生良い恋はできないんだろうか。

幸せな気持ちになってみたい。

なりたいな。

そろそろ心が乾ききっちゃう。

言えない言葉たち 

2006年08月01日(火) 2時20分
素直になって全部すっきりしたぃ。
誰かにこの気持ちをぶちまけたぃ。
でも私にとっては素直になるってことがすごくすごく難しくて。
それを求められてもなかなかできなぃ。

嘘に嘘を重ねることもある。
その嘘のせぃで自分がどんどん苦しくなってくる。
本当の自分がどこにいるのかわかんなくなる。
大切な人だからこそ素直になって嫌われるのがこわい。
自分に自身がなさすぎる。

素直にならなきゃ本当の自分を好きになってもらえないのは分かってるのに、
いつまでも素直になれなくて、つらくなって、さよならして、の繰り返し。
ばかみたいって思われてもしょうがなぃ。
自分で自分の首しめてるんだから。

いい加減この悪循環やめなきゃ。
素直にならなきゃ。素直になりたぃ。。

宝物に例えるなら。 

2006年07月25日(火) 23時36分
ずっとずっと大切にかぎをかけてしまってた。

なのに、いざふたを開けてみると何も入ってなかった。

心のどこかではなんとなく気づいてた。

そこに何も入っていないことを。

開けてみて初めてその予感が実感となった。

あー・・・やっぱりな。心のどこかでそう思った。

でも、悔しい。

口にされる度悲しくなった。

気づいてた?

気づいてないよね。

なにさま?




どんなに嫌いな人間でも肌を触れ合わせてる間は愛しく感じる。

なんて思ってしまったけど、

やっぱりあとに残るものは虚無感。

うれしぃなんて気持ちは好きだからこそ感じるもので。

何か変わるかもなんて漠然と思ってたけど、

何も変わらない。

痛くないし。

好きじゃないし。

もう会うつもりもないけど。

安売りしちゃったかなー。

終わったことはしょうがないね。

次やる人が、私のはじめての相手。

嬉しさはそれまでとっておこう。

死A 

2006年07月02日(日) 0時14分
今日、「ぽっぽちゃんについて話があるの」って言われてやな予感がした。
腫瘍なんて・・・。

事故にあったり殺されたりとかは心の準備ができないけど、
病気だったら少しは心の準備ができるかもしれない。
でも、なんでポッポじゃなきゃいけなかったの?
なんでポッポなの?
老衰とかならまだ納得できる。しょぅがないって思える。
今まで頑張ったねって。
でも病気って・・・

心の準備ができたとしても納得ができない。
神様ひどい。
なんでポッポなんですか?

ハブかれて大泣きしてたら心配して飛んできてくれて、
受験の時凹みすぎて大泣きしてるときだってそばに居てくれたの。
いつもはマイペースだけど、ほんとにツライときは絶対そばにいてくれたの。
なんで?
ひどすぎるよ。

こんなにツラい思いずっとさせるくらぃなら、、、なんて思っちゃったりするけど、
少しでも可能性あるならまだ生きててほしい。
死なないでほしい。
せめてるみが成人するの見届けて。
もうひどいこと言わないから。
大切にするから。

 

2006年07月01日(土) 23時31分
小学校高学年の頃、
産まれたばっかりの飛べないスズメが落ちてて
拾って育てようって思って芝生に置いて遊んでたら
スズメをふんでしまって、死なせてしまった事がある。
罪悪感でいっぱいになってさんざん泣きながらお墓を作ってあげた。
これはいまだに引きずってて、スズメを見るとツラくなる。

中2のとき、
ポッポちゃんが結石になって手術を3回もせざるをえなかった。
その1ヶ月間心配でたまらなくて、
最後の2週間は毎日布団にもぐって泣いてた。
私の愛情表現は歪んでて、っていうか愛情表現が下手らしくて、
いっつもイジメてるような事ばっかりしてたから、
その時期にパパに
「お前はなんでそんなにポッポをイジメるんだ!
 お前がイジメるから病気になったんだ!!」
的なことを言われて、ほんとショックだったけど、
たしかにそうなのかもしれないって自分を責めた。

もっと優しくできたはずなのに、
死んでしまったら何もしてあげられないのに、ってすっごく後悔して、
前よりずっと大切にできるようになったつもりでいた。

でも最近はポッポがほんとツラそうで、
どうにかしてあげたいって思っても
自分じゃなにもしてあげられない事がすごくもどかしかった。
そういう気持ちもあるのに、
鼻がうるさくて「うるさぃ!」ってゅったり、
鼻水が出てたら「汚ぃ」って触らなかったり。

たぶん動物って人間の言っていることがきっと分かってる。
そう思うのに目の前でそんなことゆったり。
ほんと、最悪だよね。
なぃょね。
信じらんないよね・・・ごめんね。

ズルゎバレる 

2006年06月14日(水) 16時47分
今日プレゼンをゃった。

ゆかに「和訳サイトでやった?笑」ってゅゎれた…。

確かにちょっと。いや、半分以上そぅだけど。

やっぱズルしてもすぐバレるもんだね。

これからゎちゃんと和訳しようと思います…。



反省。


 

2006年06月09日(金) 19時18分
昔からよく見る夢ってあるじゃん?

姉たちと話してるときにちょうどその話になって。

うちの姉たちは同じ夢を頻繁に見てたらしぃ。

私は、家族5人でお鍋とか焼肉?毎回違うんだけど、

みんなでつつくような物を食べてるとき、ちょうどトイレ行きたくなって、

私ひとりでトイレ行くの。

廊下の電気はついてなくて、洗面所の明かりだけはつけて。

トイレ行った後居間に戻ろうとすると、居間に入ろうとした瞬間

後ろから2人の女の人、というか幽霊?に腕つかまれて、

奥のピアノの部屋に引っ張っていかれて、声とかも出せなくて、

気づいて、助けてって思いながらも、どんどんみんなが遠ざかってくの。

連れこまれる瞬間中に1人くらぃまた女の人が見えて、

そのままドアが閉まって、そこで目が覚めるの。

ほんっと怖い、あの夢。もう何十回ってくらぃ見た。



あと、もう1パターン。

るみがどこかに居て、すっごい家に帰りたくて探してAやっと見つかるの。

で、玄関をあけると、なにもかわってないのに、家の中にダレも居ないの。

どこ探しても誰もいなくて、ふと気づくと家の周りも誰もいなくて。

この世界に自分しかいない、って状態。

見るたびにちょっと違かったりするんだけど、

大まかにはそんなカンジで。

もぅ本当こわい、、


2つの夢の共通点は仲間はずれ。疎外。

そういうのに昔から恐れを抱いてるのか、江原さん流にいうと前世の因縁なのか。

元彼 

2006年06月05日(月) 21時46分
最近よくメールも電話もくる。なんだかなぁ…。

彼女いるんじゃなかったっけ?より戻したんじゃないの?

まぁ、別にどぅでもぃぃんだけどね。

都合の良い女としてみられるのは、すごぃいやだけど。

やっぱり、時間がたてば少なからず自分も人も変わるもので。

話してて親身になりきれなぃとゅぅか、一歩外から見てる自分がぃた。

会話だって、ちょっと無理してるとこあった。

でもそれって当たり前だょね。

もぅ前と同じ気持ちじゃなぃんだから。

好きって気持ちがあるから、

弱音とかいろいろ言われたって受けとめてあげたいって思えていたけど、

今はちがう。

変わったょねってゅゎれたって、それゎしょぅがなぃ事だと思ぅょ?

そっちゎ…自分でゅぅほどぁんま変わってなかった気がする。

エッチの自信でもついたくらぃ?ネガティブ度は増してたか。

でも、ゃっぱりずっと近くに居た分るみの事ょく分かってる。

自分の嫌なとことか、直さなきゃって思ってること、

相変わらず素直じゃなぃとこも含めてかゎぃぃってゅってくれて、ゃっぱり嬉しかった。

でももぅ前とゎ違ぅんだょ。

絶対やり直せなぃ。

あの夏祭りの日にどうしても口から出てこなかった。それが答えだょ。
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ruu102
読者になる
Yapme!一覧
読者になる