クロユリを見ると58年前の恋愛を思い出す僕!

July 11 [Mon], 2016, 22:27
どういうりゆうか、ボランティアをしていると恋人ができるみたいなうわさがありますが、私はちょっと否定的です。


恋人探し気分でボランティア活動をはじめても、苦労ばかりのような気がします。もし仮に異性と親しくなったところで、価値観のちがいに双方が耐えていけるでしょうか。元からボランティアに興味がある同士だったら良いでしょうが、本来の自分に合った恋人でなければ意味がないので、各種の人が集まっている出会い系アプリなどのほうが良いのではないでしょうか。
会社に入って忙しくなってくると、異性と親しくなる機会が激減するといったパターンの方が多いです。自分から積極的に恋人を造ろうとしなければ、おひとりさまの時間が延々続くと言ったことになってしまいます。多忙な職種の人立ちの間で利用されているようなユーザー間の出会いを仲介するサイトやアプリを上手く使うと、空いた時間に気楽に異性とコンタクトをとれて、交際に繋がりやすいでしょう。

毎日乗り降りする電車で恋が芽生えるなんていうと、ちょっとときめいてしまいますよね。


しかし、本当のところ、それっておもったより稀だと思うのです。



駅でいつも見ていた相手にやっとの思いで声をかけ、こちらの連絡先を渡しても、進展する可能性は極めて低いです。


夢みたいなものは諦めて、会う前にメッセージ等で話せる出会い系アプリの方が、むこうも出会いを期待しているからには、短時間で成果が得られるでしょう。
自衛官は職場での出会いが極端に少ないので、もっぱらネットの一部婚活サービスにかけているようです。しかし誰もが真剣な交際を望んでいるりゆうではないので、見極めが大切です。
交際に発展するかどうかはともかく、しばらくメッセージのやりとりを続けていると、職業的なエピソードも色々聞けて参考になると言った意見も多いです。自衛官に憧れを持っている人はのぞいてみてはいかがでしょうか。ガラケーを使っていた時には、モバゲーをよく利用していました。
でも、マナーの悪い出会い厨が嫌で、スマホへの機種変更に伴って、利用を停止したのです。

異性と出会いたいと思ったら、ダイレクトに出会える恋活パーティーを使うので、そういうのをもとめてないのに恋愛事にされても困ります。
この先、SNSを使いたいと思ったら、女性ではなく男性にしておこうと検討するくらい懲りました。
最近話題になっている出会い居酒屋に行ってのですが、それほど良くなかったですよね。相手の女の子ははっきり言って可愛くなかったですし、どんどん注文されて高い食事代を払わされるしで、もう二度と行きたいと思いませんでした。


これなら、このあいだ恋活パーティーで連絡を取り合った女性のほうが可愛かったですし、盛り上がって、次に会うヤクソクもしました。


自分の場合はですが、出会い居酒屋でお金を使うよりもネットの一部婚活サービスを使った女の子におごる方を選びます。

男女の出会いの場を提供しているイベントや出会いパーティーは各種の趣向を凝らしたものがあるのですが、容姿に自信がなく、異性と話すのが緊張するタイプの人にとっては、簡単に参加を決められないものでしょう。実際のところ、こうした性格の方の中には勇気をふり絞って参加しても、上手くいかず、二度と参加しない方も珍しくありません。
慣れないイベントで嫌な気もちになるよりも、まずはメールからのコミュニケーションが出来るある結婚サービスを利用して交際相手を捜す方がずっと簡単ですし、ご自身の負担も少なくなると思います。

出会い系でオタクは嫌われると言ったのは、もう以前の話です。最近はマニアックなオタク趣味を持っている方ほど女性からの需要が高いのです。


今は女性でオタク趣味を持っている方も増加傾向にあるため、オタク同士で仲良くなって実際に交際まで漕ぎ着けたと言ったケースも稀ではありません。



オタク趣味を初めからプロフィール(趣味や特技などにありふれたことを書いていると、なかなか人目を引けないかもしれません)に載せておき、自らオタクだと言ったことをアピールすれば、交際することになってもオタク趣味を続けられますから、おススメです。昨今のスマホ普及率には目覚ましいものがありますが、それによってそれまで出会い系サイトを利用していた層がアプリに移動したためか、出会い系アプリが盛り上がっているようです。出会いを目的に相手を探せるアプリもありますし、出会い系ではないけれど、同性を含む不特定多数の利用者とメッセージを送りあえる友達探しや出会いにも使えるアプリも利用者が増えています。

選ぶ基準としては、利用者数を参考にするのも良いのですが、アプリの利用目的によって自分が一番気に入ったアプリを選ぶのが一番です。異業種交流会は合コンと似ていると言われます。実際、異性と意気投合する場合もあるみたいですが、大人しかったり気後れするタイプの人の場合、「勉強のために参加したから」と逃げられることも多いようです。
周りで何となくいい感じになっている人達がいても、添え物的な立場に甘んじている人がほとんどです。社会的知識を深めるために参加するならまだしも、異性との出会いをもとめているなら、持と持とそれが目的であるある結婚サービスを利用したり、友達と合コンを企画するほウガイいでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruhi
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rus0janlefnata/index1_0.rdf