完結〜 

September 28 [Fri], 2007, 12:41
グリーンローズ(21・22話)
以下反転


完結です!!
最終回は少し時間を延長していました。

これからどういう展開になるかなぁと思いましたが
やっぱり…と言った感じでした。

シン社長、ソ専務。
ふたりは生きて償うことはできなかったのでしょうか。

殺人未遂事件。こんなに奥が深く、そしてこんなに
多くの犠牲者が出るとは…。
真犯人が見つかってスッキリ解決、というわけには
いかないのです。

ふたりが本当の意味で抱き合えたことが嬉しかったです。
名前を取り戻し、無罪となり大喜びですが、もう
チョンヒョンとスアが見れないのかぁ〜と思うと
淋しいです。



ラブリー・ライバル
以下反転


吹き替えがないのは本当に残念。
でも気になることもなく、楽しめました。

主人公の女の人「愛してると云って」で
最悪な役をしていたのでギャップがたまらなく
良かったです。
コミカルな演技、うまいですね。

やりすぎないコメディがとても良かったです。
それだけでなく、考えさせられるシーンも
多々あり。

5年生、微妙なお年頃。乗り越えて
行かなければならないことがたくさん
あります。
あぁ〜、あるな、こういうこと、と
思いながら観ました。

期待以上の作品でした。

名作 

September 28 [Fri], 2007, 12:35
蝉しぐれ
以下反転


これは、テレビ版で放送していたみたいですね。
ふくがヘビに噛まれた場面を覚えています。
というか、冒頭からヘビは見たくなかった…。

なかなかつらいお話でした。
20年の愛…最後には結ばれるものとばかり思っていましたが
悲恋で終わってしまいました。
なにか逆らえない運命みたいなものに振り回されてしまった
のでしょう…しかし、それさえも美しい…いえ、そんな
言葉でまとめてはいけないですね。

音楽と自然が素晴らしかったです。



誰も知らない
以下反転


柳楽くんが若い…萌以下略。
この作品で、大きな賞をもらったんですよね?
確か。

東京で実際に起きた事件を元にしたお話です。

母親がアパートに子ども4人を残したまま、出ていき
子ども達は誰にも知らさずに生活していく。

子ども達は学校へ行きたい、友達をつくりたい、という
ごく当たり前のことを我慢しながら過ごします。

柳楽君は12歳の長男を演じていますが、すごく
しっかりしていて極限に追い込まれても犯罪を
冒したりしないんですよね…。
もちろん、子どもは働くことができないのでお金は
ありません。
他の弟、妹たちも頑なに母親の帰りを待ちながら
いろんなことを我慢するんです。
家族がバラバラになることを拒みながら。

どんな親でも母を求めてしまうんです。
YOUさんも名演技でした。

深くてせつない・・・ 

September 28 [Fri], 2007, 12:30
愛してると云って(13〜15話)
以下反転


とうとう最終回を迎えました。
チョイナがしつこすぎて、そして結婚をしていると
いう事実に、どうやって終わりを迎えるのかとても気に
なっていました。

私がいいな、と思ったのはパクヒスがチョイナに愛を
告白したところですね。
今まではモゴモゴ、でもその時はかっこよかった。
最後も、キレイには終われなかったけど、やっと本来の
お似合いのカップルになったという感じがしました。

愛を伝えるって、こんなに簡単で、こんなに難しい。

幸せになってね。

ビョンスの声優さんは要潤さんだったんですね。
特典映像も、バッチリ見ました。



ラスト プレゼント
以下反転


イ・ヨンエさんの作品、楽しみにしていました。
作品紹介を読んだので主人公であるイ・ヨンエさんが
死んでしまうことを頭にいれながら観ました。

芸人である夫と、それを支える妻。
子供をなくしており、(それが原因で?)ケンカの
絶えない毎日。
でも実は、妻は病に侵されていた…。

もうずっと、泣きたい気持ちで観ていました。
病気でしんどい演技、イ・ヨンエさんうますぎます。

どれだけ激しくケンカをしようとも、根底には妻の深い
愛を感じます…せつない。
死んでしまう、というストーリーでも秀逸だと思いました。

心に残る・・・ 

September 28 [Fri], 2007, 12:23
アナライズ・ミー
以下反転


ロバート・デ・ニーロさんが出てるんですね…。
と、言っても全然詳しくないですが(^^;)

精神科医がマフィアのドンに治療を依頼され
振り回されるお話。

人が死んだり、銃撃戦があったりでハードな
はずなんですが、人間模様がおかしくてくすっと、
時には噴き出して笑ってしまうような作品でした。



風と共に去りぬ
以下反転


A面B面がある…驚。初めてこんなDVDがあることを
知りました。
で、気付かずにB面から観てしまい…。
分かりにくいなぁ、とは思いましたけど。
今までも、もしかしたら気付かずに返却していた
DVDがあったかも…くぅっ(><)

で、物語なんですが言わずと知れた有名な作品ですね。
いろんな分野で取り上げられていますので観て損は
ないなぁと思い観ることにしました。

確かに、スカーレット、めっちゃキレイです!
あの役にはヴィヴィアン・リー以外いないですね…!
気性の激しい性格も、何があってもへこたれない
芯の強さも、なにもかもが素晴らしいです。
バトラーも、スカーレットと同様、胸に激しい
情熱を持っていて個性的!

あと、やっぱり注目してしまったのは時代背景と
建物、衣装です。うっとり…。

確かに、名作でした。
4時間弱、ですが何度でも観たい作品となりました。

青春だぁ 

April 19 [Thu], 2007, 17:46
FLY,DADY,FLY
以下反転


娘さんが殴られたなんて…それを揉み消された
なんて…!非常につらいエピソードから始まり
ました。
ちなみに須藤元気君が悪役みたいです。

そしてそれから岡田准一様(かっこい〜)と
出会い、強くなっていくわけですが…こういうの
大好きです。
初めはできなかったことが少しずつできるように
なること。
基礎ばかりをやることの大切さ。
そして…男同士の絆。

倒した時のシーンよりも、バスのシーンが
感動でした。



シムソンズ
以下反転


カーリングでソルトレイクオリンピックに出場した4人の
実話を元にした、青春物語。

主人公が明るく前向きなので好感がもてました。
役者さんたちは実際にカーリングをしなければならない
ので大変だっただろうなぁ。

どこまで実話なのかは気になるところですが、最後の
オリンピック出場のシーンはよかった〜!

また、カーリングはオリンピック種目になって8年くらい?
ですが、だんだん人気がでてきていますね。
ルールもすこーしだけ知ることができました。

チャユラン〜〜〜 

March 25 [Sun], 2007, 17:47
グリーンローズ(17・18話)

以下反転


予想的中です。チャユランの死。
確かに、チャユランは頭のいい女性のはずなのに
我をなくしていました。
シン社長に会うなと言っても何度も接触したり。
見ていてイライラするほど…。

スアは、余計なことはせず主人公を静かに待つという
やり方でとても安心しました。
主人公が3年間積み上げてきたものを壊さず耐えて
くれるようです。
今はつらいけど…がんばって、スア。

物語はあと4時間分です。
物語中でちょっとヒントをもらったので謎は解けて
きました。
しかし犯人は誰かと言われると、誰かはわかりません。
全部観るのがもったいないような、早く知りたい
ような。

主人公が自分の名前を取り戻し、ふたりが抱き合う
姿を見るのを、心待ちにしております。



グリーンローズ(19・20話)
以下反転


核心へ!

チョン・テクス(シン社長のおつき)が真犯人を
はきました。
そして、会長も記憶をだんだんと取り戻し…。

シン社長の気持ち悪さも最高潮ですw

チョ・イナ 

March 15 [Thu], 2007, 19:09
愛してると云って(7〜9話)
以下反転


下半身が言うことをきかなかったばっかりに。
とうとう、取り返しのつかないことになってまいりました。

チョ・イナ(女社長)は、あまりにイジワルすぎてひきます。
自分のことしか考えていないとはこのことでしょう。
この人のせいで四角関係に複雑さが増していってしまいました。
どれだけの人を傷つけているか…泣いていますが、
本当には分かっていません!

正直、パートナーが入れ替わってしまうことがあったと
しても、結婚までは行かないだろう、そう思っていました。
びっくりです。これからの展開は不倫?!ドロドロが
増していきそうです。



愛してると云って(10〜12話)
以下反転


真実が明らかになりました。
視聴者は全部知っているので、こんがらがって誰かが
口をすべらせる様を楽しく観ました(え)
オ常務!!(グリーンローズにもオ常務がいる♪)
シリアスものに、笑を添えてくれますw

真実がだんだんわかったところで…。
でも、もう結婚しているのです。
この先、その結婚をなかったことにできるのか…。

次で最後です。ちゃんとまとまるとは思いますが。
早くスッキリしたいです。

コ・スさんの演技に釘付け 

March 07 [Wed], 2007, 19:43
グリーンローズ(13・14話)
以下反転


主人公を苦しめた弁護士が失脚しました。
一番いい方法で復讐したのでは…それはいいんですが、
アホな、チャユランのせいで正体がバレ、今までの苦労が
水の泡になりそうです。

それと、シン社長が犯人とは決め付けられない状況に
なってきました。
チャユランのせいでもありましたが…。

車が襲われて血まみれで終わるという、またまた気になる
ところで終わってしまいました。
早くかりてこよう。



グリーンローズ(15・16話)
以下反転


会長(スアのお父さん)が目覚めました!予想していた
とおり、すぐに喋ったり思い出したりはできないようです。
会長がちゃんと覚えているといいと思いますが…。
ちょっと不安です。

とうとうスアに真実を打ち明ける時がやってきました。
私としては嬉しくてしょうがありません。が!同時に
周りに嘘をつくという苦しみも受けねばなりません。

それにしてもコ・スさん!!!(主役)うますぎる!!
めっちゃファンになってしまいました。

物語も後半(早!)、今後の展開が楽しみです。

心にしみわたる 

February 27 [Tue], 2007, 19:37
小説家を見つけたら
以下反転


若さと才能にあふれる黒人少年と、伝説的な本の著者である
老人との心の交流を描いた作品。

小説家はショーン・コネリー。
「グッド・ウィル・ハンティング」という映画は、映画館で
観たので今でもすごく印象に残っています。
似た感じかな、と思いかりてきた作品。

これもまた、なかなかせつない終わり方…。



ストレイト ストーリー
以下反転


目も足も衰えた老人が、時速8キロのトラクターで10年ぶりに
兄に会いにいくというお話。
実話に基づいているそうです。

途中、トラクターが壊れたり、いろんな出会いがあったり。
誰かが死ぬわけでもなく。
ゆったりとトラクターを走らせている場面が多いんですけど
なぜか泣けてきます。
おじいちゃんフェチ…?
広大な自然と、どこかなつかしい音楽がそうさせるのでしょうか。

ラストも、よかった。
お気に入りの作品となりました。

自滅w 

February 19 [Mon], 2007, 17:43
グリーンローズ(9・10話)
以下反転


友人との再会シーン…演技がうますぎるというのも
ありますが、感動でした。
これで信頼という力強い関係に守られた協力者ができ
嬉しい限りです。

まずはシン社長が犯人だという確固たる証拠を見つけねば
なりません。
それもないのに正体を明かすことなどありえないのです。
スアはかわいそうですが…今は耐えるとき。



グリーンローズ(11・12話)
以下反転


チャ・ユラン…アホな役ですが、物語の大きな鍵を握って
いる人物です。

シン社長の家に忍び込み、逃げねばならぬような時に
シン社長のスーツの匂いをスーハー嗅ぎ始めたときには
アホかと思いました。
そして…いつしか、憎しみがシン社長ではなく、
スアに向けられ…!
そしてやっと危機を脱したというのにまた忍び込んで。
ひとりで勝手な行動はするな!と思います。

ユランの考えていることが手にとるようにわかります。
多分、自滅するんではなかろうかと。
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ランキング参加中!
m(_ _)m

↑↑↑
励ます。


ウェブ拍手

メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rururu3
読者になる
Yapme!一覧
読者になる