未来の色。 

February 23 [Wed], 2005, 23:24
泣いていた過去。
見えない壁、愛してくれた人。

かたくなに拒否した。恐かったから。

戻ってくるなら、もうその愛はいらないと言ったのに
あなたはその愛を私に捧げようとする。

私は今欲しい愛がある。与えられている愛がある。
あなたの赤い糸はもうきっとこの先ずっといらない。

あの頃とは違うの。違う色なの。

待っている人。 

February 22 [Tue], 2005, 19:58
待っている人。待ちわびている人。待たせている人。
誰しもそんな人、一人がいると思う。
私のことを待ちわびている人が東京で弁護士の勉強をしている。
私の事を唯一見てくれた人、私の事を迎えにきてくれると言ってくれた人。

私のことを何も見返りも求めずに愛してくれた人。

好きだとか嫌いだとか。 

February 20 [Sun], 2005, 20:41
好きだとか嫌いだとか、もぅそんな域ではない気がする。
今も昔も良く考えるのが、あなたに無理難題ふっかけられても良く今まで傍にいたなぁって思う。
ァタシって諦める事が嫌いで、いつだって意地張って全力でその問題に立ち向かってた。
昔からそうだった、病気になったときも、どうにもならないと言われた時も
絶対諦めなかった。でも自分の気持ちはちゃんと言ったし、伝えてから諦めないと
一生懸命走っていたから、ァタシはそんなに哀しくて惨めな思いはしていないと思う。
それに、あなたのことが好きだった。思い出だけでは物足りなかった。
世の中理不尽なことばかりで、重苦しくなったり、哀しくなったり苦しんだり
そんなことの方が多いけれど、それでもその中で一番大事なことは何か考えていたら
ふとした瞬間に支え会える人や、優しい言葉や居場所を作ってくれる人なんじゃないかと思っていたァタシがいた。
雪が降ると、雪が溶けて、いつしか緑が吹き出す。
空が青いと、人の心も晴れて行く。

今日、好きな人に
「ちゃんとしてるから無いと思うけど、子供が出来たら結婚しようね。」と言われた。

ァタシが19歳じゃなかったらァタシ達はもぅ結婚していたと思う。

意味。 

February 18 [Fri], 2005, 20:58
自分の感情だけを満たすために、誰かを愛しているわけじゃない。
その相手が好きで、傍にいたくて、尊い存在に思うから。
難しい言葉ばかりが出てきて、なかなか好きな人には素直になれないのが
人間だと思う。いつしか存在を忘れるんだとか、いつしかぁぃっは足元をすくわれるんだとか
そんなことを思う事で、自分の中身を満たしているのは
余りにも哀しい気分になる。それでぃぃと思う事で逃げる事ができるのなら
どんなに楽だろう。何だって意味があって。
良く生きる意味がないとか、愛す意味がないとか、わからないとか、人は言うけれど
それはきっと単純なことで、みんな自分の為に愛したり、生きたりしている。
何度だって躓くことも、容易くすまないことだって、きっといくつもあるのだから
何回も哀しい思い出なんて出くわすし、そのたびに迷ったり、泣いたり、叫んだり
憎んだり、恨んだり。でも誰かのせいにすることは楽かもしれないけれど
誰かのせいにすることは、自分を傷つけていることになると思う。
遠まわしに自分を正当化したって、傷は消えるわけじゃない。
逃げてしまう人がいるのは、哀しい。受け止めれるほどみんな強くないけど
なんだって意味はあるし、自分の子ともっと信じられるようになれたらきっと変わるんじゃないかって思う。
誰だって、いつか全てを知る火がくるけれど
その日まで、自分信じて・相手信じてその気持ちの結論こそが本当の意味だって思えるように。
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rurara
読者になる
Yapme!一覧
読者になる