響け 届け  

March 22 [Sat], 2008, 20:38


この出会いがすべてを変えた。











「聞いたか?めちゃくちゃ美人の転入生が来るんだって!」





そーゆう奴ほどたいした奴じゃない。俺はそう思う。それ以前に興味が無い。
SHRの始まりを知らせるチャイムも気にせず暮らすの奴等はほぼ全員転入生のことを話している。
会う前から自分達で勝手に想像図を作っておいて、実物見て「なんだ、たいしたことがないな。」となっても知らねぇぞ、と心の中で言う。
クラス1巨体(身長170センチ、前後体重150キロ相当)のクラス番長の田口真正が馬鹿みたいに騒いでいる。俺は心の中でそいつを「豚」と呼んでいる。
そんな中教室のドアが開き、担任が入ってくるとみんな速やかに席に着く。先生の前ではいい子ぶる、がこのクラスの合言葉だ。




「出欠確認、の前に転入生を紹介する。ほら、入って来い。」

 

March 22 [Sat], 2008, 20:37
初めまして!(以前にお会いしたことのある方ならお久しぶりです)
自己満足な小説を書くゆっきです。
ブログ名募集中です。
ここはとりあえず小説を書こう!ということで、作りましたぁ^^
まあ、つまらないところですけどね
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆっき
読者になる
とりあえずココは私の自己満足な図書館ですよ。

作品紹介、

「響け 届け」 ―
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる