ルパン三世 パチンコの歴史 CRルパン三世 

2014年08月28日(木) 7時22分
CRルパン三世




平和から初登場した最初のルパン三世のパチンコ。


今から考えるととんでもないパチンコ暗黒時代で、なんと連荘が5回までに制限されていた時代がある。


メーカー側はそんな状況でヒット機種が生まれるはずもなく、ただ、この暴挙ともいえるスペック規約の終焉を終わるのを待つのみであった。



しかし、パチンコ業界トップメーカーの平和はタイアップという秘密兵器でその状況を打開した。



『CRルパン三世K』・『CRルパン三世A』と現金機版の『ルパン三世V』。続いて、『CRルパン三世X』と、現金機版『ルパン三世R』をリリースするとあれよあれよとシリーズ累計販売数20万台以上を記録。



当時、タイアップの数は少なかったが、このCRルパン三世の大ヒットを受け、他メーカーもこぞって右へならえ。アニメのタイアップは売れる事を証明した台となった。



この大ヒットを受け、ルパン三世は平和の看板キャラクターとして以降君臨し続けることになります。