インフルエンザ 

February 08 [Sun], 2009, 1:19
都内で、兄と2人、共同生活を送っている娘が

「お母さ〜ん
とうとうインフルエンザにかかっちゃったよ〜

と電話してきたのは、先週木曜日の夕方。

彼女は、昨年のわりと早い時期に、予防接種を済ませていたのに‥‥



私が、6年前に喘息と診断され、頻繁に発作を起こすようになって以来、家族全員が、毎年早期にインフルエンザの予防接種を受けるのが、欠かせない義務となった我が家。

主治医から、

「今のあなたでは、喘息発作とインフルエンザ感染の『合わせ技一本』で、死に至る可能性だってある。
あなただけが接種していても、リスクは回避出来ない」

と言われているからです。


人が集まり、出入りも多い飲食店の厨房で、1日10時間以上も立ちっぱなしで、コックとして働く娘。

きっと、その溜まった疲労に、ウィルスが取りついたのでしょう


娘のインフルエンザは『A型』だそうで、38.9℃の発熱

「悪寒がして、関節という関節が痛くて‥」

と言う、だるそうな声での報告に、不安や心配が募りましたが、今の状態の私には、看病や手助けもままならず、なすすべがありません

せいぜい電話で、

「脱水に気をつけて
消化の良いモノを食べて、胃も休めなさい」

とか、

「指示された時間通りに、きちんと薬を飲んで、全部飲み切るように‥」

とか、

あ〜しろ、こ〜しろと、指示や助言を与えて、後はひたすら気を揉むだけです。

医者からタミフルを処方されたと聞いて、それもまた心配の種になり‥‥


滅多に病気をしない丈夫な子で、ごくたまに体調を崩した時には、いつもの笑顔が消え、活発な動きが影を潜めるので、すぐにそれとわかったものでした。

様子も見にいけなくて、気が気ではありません。

それでも、自分が一番つらいのに、

「私のことは心配ないから、お母さんも気をつけてね

と、私を気遣ってくれるまでに成長した娘。

大人になったなぁ‥と思います

何もしてあげられなくてごめんね

どうか早くよくなりますように‥‥
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:runchi
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:9月8日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
読者になる
2009年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像ルンチ
» インフルエンザ (2009年02月09日)
アイコン画像チビミ
» インフルエンザ (2009年02月08日)