留守電(*ノωノ) 

September 28 [Fri], 2007, 8:46
昨日の夕方彼にmailをした
「遊びに行ってきます」
前日から不機嫌モードだったルナはこの一言のみ送った
2分足らずで彼からの着信
驚いたのと嬉しいのとゴチャゴチャで
着信画面を見つめたまま電話に出れなかった・・・
20分程してから掛けなおしたんだけど
・・・・・デネーIl||Li _| ̄|○ Il||Li

そりゃさ。。。
すぐに出なかったルナも悪いケドサ
その後電話してもmailしても音沙汰無しってどうょ


今現在この時刻になっても
彼からの連絡は入ってなぃ・・・


もぅめげそうだょ。:゜(PД`q)゜:。

手を伸ばして。。。 

September 27 [Thu], 2007, 6:47
明け方仕事が終わって制服から私服へ。

帰り道いつものように彼からのmailチェック
また来てない(*´;ェ;`*)

彼からの過去mailを見返しながら自宅へ
玄関からまっすぐベッドルームへはいると
服を着たままベッドに自分の体を横たえた


目を閉じると。。。
彼の声が頭の中に聞こえてくるの
ァノ人の優しい声
ルナの名前を呼ぶ声
まるで隣にいるみたいにハッキリと

目を閉じたまま片方の手を伸ばしてみる
彼に触れたくて指先を動かす。。。



彼に触れることが出来なかった手を
空中でギュってにぎった;;
あなたに届かなぃ・・・遠いょ。


「○○○。。。」
彼の名前を呼んでみたけど
もちろん返事なんて返ってくるはずもナィ。。。



彼に触れたぃ
抱きしめて欲しぃ
ルナを見て名前を呼んで欲しぃ


握ったままの手をもう片方の手で包んだ
逢いたぃ。。。
何度も言いたくなった言葉を
何度も飲み込んできた。

ただ逢って抱きしめて欲しぃダケ。

抱きしめて;; 

September 25 [Tue], 2007, 23:58
メチャクチャ久しぶりに両親に会った
私はいつも通りある種の覚悟を決めて待ち合わせ場所へ
ホテルのロビーに着くと両親はすでに座ってる
私は深呼吸して両親の元へ。。。

「久しぶりね・・・」
母の冷たい声・・・
父は私の顔すら見ようとしなぃ
二人のこの態度はもぅ慣れたけどね^^


今日私を呼び出した訳を聞こうと父に話しかけると
「相変わらず夜働いてるのか?」・・・と
だってずっと夜が私の世界ダョ。

父は私の足元から頭まで流すように見つめると
「何度も言うが戻って来ぃ」
戻って来い?!
出て行ったのはあなたたちじゃなぃ。。。
そう言いたぃのを我慢して用は何かを尋ねた

お金を貸して欲しぃらしい><
この人達はまだ実の子供にお金を借りようとしてるの?;;
そんなのは絶対嫌だしもちろん断ったケド

その後10分ほどイロイロ話したけどょく覚えてなぃ


私が帰るトキ
後姿の私に向かって両親が発した言葉は
「さよなら」デモ「元気で」でもなぃ



「お前はいくら頑張っても一生幸せにはなれないぞ」



聞き間違ぃであって欲しかった。。。
振り返らずに真っすぐ出口に向かって歩いた
ちゃんと歩けてるかな?
涙なんて流してないよね?
大丈夫・・・ちゃんとココから出られる。

ホテルから出た私はそのまま行きつけのバーへ
常連さんはいないみたぃ
今日は誰かと一緒に飲みたかったな・・・


こんな気分のせいかすぐに酔っちゃった^^;
コトあるごとに彼氏にmailしてた私は今日も携帯を開いた
来れるはずがないってわかってるのに
来て欲しぃ。。。すぐに迎えに来て。。。
仕事中の彼を困らせたと思ぅ;;


でももぅルナのココロは寂しくて
彼の声が聞きたくてどうしよもなぃの;;
口に出すことの出来ない言葉。。。
辛いょ・・・助けて><

酔いが醒めたらきっと何も無かったように笑える
そう信じて。。。。

ぉ引越し 

September 20 [Thu], 2007, 15:05
他のブログからお引越ししてきたルナです♪
ココのブログではコメントなど書き込めないように設定してあります
皆さんがブログを読んでココロの中でイロイロ思ってもらえたら
ルナはそれだけで満足です(つω・*)  
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:runakiss
読者になる
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Yapme!一覧
読者になる