3月11日。夜。

July 03 [Sun], 2011, 23:25
夜。
窓から見える町は真っ暗でした。

それもそのはず、地震のあと町は停電しているのです。
あたしがいる職場は、病院という特殊な場所のため非常用電気が働き
その電源ののみ働きかろうじて、真っ暗にはならずにいました。

そして電話も。

多分一般電話は全て途絶えていたのでしょう。
病院の回路はかろうじて生きていたらしく、一晩中、電話応対に追われました。

津波の患者さま。

津波にあった被害者は二通りです。
深い水に引き込まれ、衣類も脱げ低体温になるパターン。
ありとあらゆるものに身体や顔を引きずられ血まみれになるパターン。

普段は事務室にいるため患者さまに直接境遇することのないあたしですが、
この日は、特別。
水が出ない。
暖房機器がない。
お湯は?!

駆り出されたあたしが見たのは、血まみれで本当に顔も歯茎まで木片が刺さった
津波にさらわれた患者さまでした。
血の匂い。

血の匂いってこんなに強いんだ。ってほんとに思った。


そうこうしている間にも津波の水に浸って低体温になった患者さまの搬送。
外来はあっと言う間にひとでいっぱいになりました。

それでも救急車の電話は入ります。

夜中過ぎ。電話が途絶えた時。
職場の同僚の女性が、まだ家族と連絡が取れない・・・と泣きだしました。
保育園と小学1年になる男の子のママさんでした。

大丈夫だよ。大丈夫だよ。としか、言うしかなく・・・

そういう横には何人もの患者さまが来て・・・

夜中、何度も自宅を見に行くっていう彼女を何度もひきとめました。

そうそう、夜、職場体験に来ていた中学生の娘さんの親御さんからも連絡がきました。
「大丈夫ですよ、病院で元気にいますからね」との受け答えをしました。
ここまでは来れないのでしょう。
だって、周りは水だらけ。

夜が明けて、少し明りが見えて来たころ、同僚の彼女は自宅に帰ると言って病院を出て行きました。

あたしは、家族の無事を知っていたので、そのまま職場に残りました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:るな
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:宮城県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像renge
» もう4カ月。 (2011年07月02日)
アイコン画像renge
» 黒執事 11巻 (2011年03月18日)
アイコン画像renge
» ネ申MAD・・・リピリピ♪ (2010年10月18日)
アイコン画像renge
» 「黒執事、熱唱」 (2010年09月02日)
アイコン画像あるぱか
» もやもや・・・ (2010年08月21日)
アイコン画像renge
» 黒執事 発売ラッシュ♪ (2010年08月07日)
アイコン画像renge
» なに?!あれっ! (2010年07月31日)
アイコン画像renge
» セバシエとか、セバシエとか… (2010年07月27日)
Yapme!一覧
読者になる