容止第十四 27 

April 15 [Sat], 2006, 0:14
容止第十四

27
劉 尹 道 桓 公 : 鬢 如 反 蝟 皮 , 眉 如 紫 石 稜 , 自 是 孫 仲 謀 、 司 馬 宣 王 一 流 人 .

劉尹は桓公を評した。
「鬢ははりねずみの逆立った毛のようで、眉は紫石の稜のようだ。まさしく孫仲謀や司馬宣王などに仲間入りする人物である」


出た、へ き が ん し ぜ ん
三国志演義で孫権の風貌が碧眼紫髯となってるのは有名な話だけど、まさか司馬懿まで同じ部類とは。碧眼紫髯ってどんな色なんでしょう?紫の髯なんてまず突然変異でも起こらないかぎり有り得んので紫禁城みたいな色なんですかね、赤茶色っぽいやつ。
司馬懿なんて某ゲームの影響で、馬鹿めが!のイメージ(紫ビームのオマケつき)しか浮かんでこないんだよォォ・・・

品藻第九 4 

April 12 [Wed], 2006, 21:49
品藻第九

4 
諸 葛 瑾 弟 亮 及 從 弟 誕 , 並 有 盛 名 , 各 在 一 國 .于 時 以 為 「 蜀 得 其 龍 , 呉 得 其 虎 , 魏 得 其 狗 」 .誕 在 魏 與 夏 侯 玄 齊 名; 瑾 在 呉 , 呉 朝 服 其 弘 量 .

諸葛瑾と、その弟亮、及び従弟の誕とは、いずれも盛名があり、それぞれ別々の国にいた。当時の人々は言った。
「蜀はそのうちの竜を手に入れ、呉はそのうちの虎を手に入れ、魏はそのうちの犬を手に入れた」
諸葛誕は魏の国にあって夏侯玄と名声を等しくし、諸葛瑾は呉の国にあり、呉の朝廷の人々はその器量の大きさに敬服した。



それにしても諸葛誕はボロクソ言われてますね。
竜と虎と、・・・犬か。

目次 

April 12 [Wed], 2006, 21:27
世説新語は三十六篇に分かれています。

徳行第一  言語第二  政事第三  文学第四  方正第五
雅量第六  敷鑒第七  賞誉第八  品藻第九  規箴第十
捷悟第十一  夙恵第十二  豪爽第十三  容止第十四  自新第十五
企羨第十六  傷逝第十七  棲逸第十八  賢媛第十九  術解第二十
巧芸第二十一  寵礼第二十二  任誕第二十三  簡傲第二十四 
排調第二十五  軽詆第二十六  仮譎第二十七  黜免第二十八 
倹嗇第二十九  汰侈第三十  忿狷第三十一  讒険第三十二  
尤悔第三十三  紕漏第三十四  惑溺第三十五  仇隟第三十六

世説新語 

April 07 [Fri], 2006, 13:00
世説新語[せせつしんご]
中国南北朝の宋の劉義慶が編纂した、後漢末から東晋までの著名人の逸話を集めた小説集。現存本は三巻。『世説』とも『世説新書』とも称される。
『ウィキペディア(Wikipedia)』 より

何気に三国志の登場人物の逸話も載っている。
(まぁ時代が後漢末から東晋だからなぁ)
あんまり世説新語見たことないんでチマチマと載せてみようかなと思ったり。

初項 

April 07 [Fri], 2006, 12:43
ここは一応ブログとなっていますが、自分の好きな中国、とくに三国志関係についてどうでもいいことをつらつらと書いていく、いわゆるメモ帳代わり。
あれです、果てしなく自己満足。
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:run-away359
読者になる
Yapme!一覧
読者になる