こくはく 

May 14 [Mon], 2007, 22:16
12月25日。

その時の私はもう極度の緊張で、ちゃんと歩くことが精一杯。
街はクリスマスムード全開だったはずなのに全然街並みがうかんでこない。

そして一軒の洋風居酒屋さんへ。
かずたんは翌日も仕事があるからホテルで一泊予定。
私は翌日休みで、あとは新幹線で帰るだけだったから、
二人とも珍しく(?)アルコールを注文して乾杯

始めはたわいもない話。たくさん笑って和やかにお喋りをした。
目の前で大好きな人が笑ってる!
しかも今日は他に誰もいない、、ってことは私に笑いかけてる!!(当たり前・・)
優しい笑顔がすごく素敵で、それを見てるだけでさらにドキドキ。
飲むペースがあがって、酔いが回ってぐるんぐるん。

そして少し経った頃、かずたんが突然ふってきた例の 『恋愛相談』のこと。

名前をださなきゃいいかな、思い切って本人の恋愛論を聞いてみよう!
なんて、お酒で勢いがついちゃって、話し出したんだよね。

思いのほかのってくるから、私も「社内なんですけどねっ」なんて暴露!
そこからはもう質問攻め。
うちの会社は男性社員がわずかだから、あっという間に絞られた。
でも自分だとは気付いてない様子・・?(そりゃそうだ)

お酒が回りすぎてその辺から記憶がとぎれとぎれ。
でも、ついに、ゆってしまった。
"好きなのは目の前にいるあなたなんです”ってことを。
かずたんがその後なんて言ったのか、どんな顔をしたのか、
正確に思い出せないのが今でも残念。

だけど、かなりびっくりしながら、でもすごく嬉しそうだった気がする。
かずたんも私に好きという気持ちを持っていたことを、その時初めて知ったの。
でも結婚してるし言える立場なわけない、と思ってたんだってね。
その時私酔ってなかったら失神状態だったようきっと・・

そして少し経って、そろそろ帰りますかね、なんて時計を見たら、
今日の最終新幹線が出ちゃってる!!!

どうしようと困ったけど、
結局彼が予約してあるビジネスホテルに一緒にいくことに。
もう、その時には二人手をつないで歩いてた。


2003年12月25日。

かずたんにはじめて気持ちを伝えた日。
かずたんの気持ちをはじめて知った日。
かずたんにはじめて触れた日。
そして、二人の新たな毎日がはじまった日。

このいろんな事があった一日を、きっと一生忘れられないよ。


いけない恋というものをはじめて知りました。
好きって言ってごめんね。
でもどうしようもなかったの。

うんめいのひ 

May 13 [Sun], 2007, 21:01
日々想いを募らせている頃、運命の日は突然やってきた。
突然の上司からの出張命令。
日帰り出張だけど、東京本社で行われる企画打合せへの初めての参加。

その打合せにはいつも彼が月イチで出張して参加してるのは知っていた。
その彼について行って来いと

「うーぎゃー!!うーそーでーしょー!!!」と心の中でパニくり状態

とりあえず深呼吸・・。平常心を装って挨拶をしに。
「今度、出張の際一緒に行く事になりました。よろしくお願いします。」とかなんとか言ったような・・
『ああ、こちらこそ』みたいなことをサラッと言われたような・・

そして運命の日になった2003年12月25日

朝から心臓バクバクバク。
駅まで向かうタクシーから二人の空間・・
隣に大好きなかずたんが座ってるー!と考えるだけで心拍数があがりっぱなし。
何を話したか全く覚えてないよ・・

そして新幹線の中。これまた二人並んでしかもさっきより近い!すぐ隣!!
もーやばい(>_<)!!

なんだか緊張がぷちんと切れた私はぺらぺらとよく喋ってた気がする。
そしてあろうことか、本人目の前にして「今度、恋愛相談のってくださいよー」なんて口走ってた。

そして更にありえない返事。『じゃあ、今日終わったらご飯食べながら聞くよ?』

仕事が終わったら、二人でご飯・・
もうそれだけで、その日の仕事は右から左へ流れてゆくのでした

打合せが終わった後、かずたんはもう少し仕事があるから、とのことで、
私は一人池袋サンシャインをぷらぷら。
ある程度経った頃、『終わったよ。今からそこにいくね』のTEL。

そして二人、夜の池袋を並んで歩いてご飯屋さんに向かいました。

つづく(なんてね)

はつのみ 

April 11 [Wed], 2007, 23:26
忘年会以来?というか何となく社内でも割と気軽に話せるようになっていた頃、
私とかずたん含め4人で仕事の後に飲み屋さんに行ったことがあったよね。

私と一緒にいった女の子は同い年でしかも唯一の同期。
忘年会の幹事も手伝ってもらった子。
とーても細くてかわいい。うらやましい!
かずたんとは別の企画でご一緒だったので結構仲が良いかんじ。
そしてもう一人は同じ会社ではあるけど転勤で別の本社にいる通称Mちゃん。(男)
かずたんとはとーっても気が合うみたいで二人でいるといつも笑ってる。
楽しくて嬉しくてしょーがなーい!みたいな二人で見た目あやしい

そんな4人で飲み屋さんへ。
でもおかしかったな。
居酒屋にいるくせして、みんなしてノンアルコール!!
なんせみんな飲めないOR車通勤なのでダメなんだもんね。
じゃあなぜ飲み屋にいくっていう・・・・。
店員さんも心の中で「おーいそらねえだろ」と突っ込んでたに違いない。
かずたんはお酒があまり好きじゃないみたいだし、
たくさん飲めない体質みたいで、飲むとまーっ赤になっちゃう。
そんな姿はとてもかわいいっっ

そんなノンアルコール4人組だったけど盛り上がって楽しかったなぁ。
すぐお向かいにかずたんがいて笑ってる。すごくドキドキした。
かずたんは私と一緒にきた友達がお気に入りだと思っていたから、
その子目当てでこの会は開かれて、私はついでだと思い込んでた。
前にもこの4人でご飯行ったことがあったけど、その時も今回もいつも
彼女の向かいに座ってたし・・・
それでもかずたんと同じ空間で過ごせることがすごく幸せだったんだあ

うちの会社はカワイイ子がなんだかすごく多いし、とにかく自分に自信がもてなくて、
しかも笑われキャラになってしまう私。
私の行動でいつの間にかみんな笑ってて「天然ちゃん」とよく言われるけど、
それで場が明るくなるならそれもよしだと思ってた。(でもどこが笑うトコか不明・・)

でも私だって恋する女の子なのです。
「私もかわいくなりたいな」「気にいられたいな」と
思ってしまってたのでした

ぼうねんかい 

March 27 [Tue], 2007, 0:28
ある年の会社の忘年会。
その年だけ、なぜか各部署合同での大忘年会となった年です。
各部署合同となるとかなりの大人数(社員も派遣さんも入って200人以上?)!

その司会(幹事)になぜかなぜか抜擢されたワタシ!
なぜなのか今でもわからない・・・ (。・x・)ゝ
悪いけど、そういうのとてもじゃないけど得意ではない。。。
それでも強引な?お誘いでしぶしぶOKした(させられた)のでした。

でも!
なんと!
かずたんも幹事に入っているじゃあないですか
今まで遠ざけてた意味がないっていう。。

打合せやら準備やらで、一緒に過ごす時間が多くてかなりドキドキしてたなあ。
うまく話せない私の横で、他の女の子と楽しそうに話す姿を見ると
とてもせつなかったんだよ。。。

当日は、想像以上の会場の広さと人数の多さでド緊張大爆発
勢いをつけるために、空腹にビールをがばがば飲んで挑みました
(ビールなんて飲めないクセにね)
お陰であまり記憶がありません。。。
友達の話では、「良かったよー。いろいろ笑かしてもらったよー」とのこと。
マイクのコードに足をからめてしまったり、マイクをスタンドから抜こうとして
がつんと歯にぶつけたのは覚えています(T_T)
でも、結果オーライだったと願いたい。。。

終わった後は幹事みんなで会場のホテル最上階のバー(?)へ。
かずたんはたくさんの人に囲まれて優しい笑顔で楽しそうに話していたな。

やっぱり私は離れて座ってしまったけど。。。
でも今回の出来事でたくさんたくさん話す事ができて実はすごく幸せだったのです。

そして、またさらに好きになってしまうのでした。


いつのまにか 

March 14 [Wed], 2007, 17:37
かずたんが入社して席も近い毎日を過ごしていたけど、
しばらくしてから、私は違う部署に異動になって少し遠い位置になってしまった。

でもいつの間にか 目で探すようになっていた。

いつの間にか 好きになってたんだよ。

でも本当に誰にも内緒で。
もちろん本人にも。

スーツ姿が誰よりも似合っていて、いつも笑顔でみんなに優しくて 
陰でたくさんの女の子に「すごくいい人」「なんかいいよね」って言われていたんだよ。

だからいつも何かと話題になってさ、その度に無関心のフリをしてた。
「私 あの人ちょっと苦手だなぁ」なんて心にもないこと言っていたな。
これ以上気持ちが大きくならないように、なるべく近づかないようにもしてた。

でも実は 
咳払いをしやすいクセも
おっきいごっつい体つきに似合わず(?)字がきれいなことも
お酒もたばこも苦手だけど、甘いコーヒーは好きなことも知ってたよ。

一度、私が休憩室で一人でいた時、突然入ってきて
コーヒーを買いながら 「彼氏いるの?」って聞いてきたことがあったよね。
ほんとにあまりに唐突な質問に心臓が飛び出そうなくらいバクバクしたんだから。

正直、もうその頃つきあってた彼とは
お互いにすれ違っていて終わりかけていたんだけど、
なるべく冷静に「はい います。」って言ったんだ。
「あ、そうなんだ」で終わったけど、なんでそんな事聞いてくるのかと思ったら
『知りたがってる人がいたから代わりに聞いた』という理由。

またしてもがくっ・・・

その後しばらく いろんな意味で力抜けてました。。。
そしてさらにその後 少しヤケで、ばりばり仕事したお陰で
なんだかはかどっちゃって上司に褒められたっけ。。





であい 

March 12 [Mon], 2007, 15:39
かずたんと私の出逢いは今から6年ほど前だったかなぁ。

私が働いている会社に、1年位後にかずたんが入社してきた。
座る席が背中を合わせるような形ですごーく近かった。

第一印象は・・・・?
うーーん。
(おっきくてさわやかな人だなぁ・・・しかもちょっとかっこいいぞ!?)てな感じかな。

当時、私にはお付き合いしている人がいたけど、なかなかうまくいっていなかった。
だから、というか、すぐに意識しはじめたのを覚えてる。
なんだかちょっとうきうきしてくる感じ。

でも・・・
1週間もしないうちに知っちゃった。

結婚していること。
お子さんがいること。
新居を建てて間もないこと。

なあんだそっか・・・って
なんだかかなり落ち込んだのを覚えてる。

これから 

March 11 [Sun], 2007, 19:09
かずたん、
あなたと出逢って、いろんな事があって、いろんな気持ちを知りました。

忘れたくない大切な大切なもの。

そういうものたちをどこかに残しておきたくて、存在させておきたくて、
ここに書いていくことを決めました。

いつか一緒に見ることができたら・・・
これを見る時、私の横にこの世で一番大好きなあなたの笑顔があったら・・・
なんて、もう叶うことはない夢です。

本当は出逢っちゃいけなかったのかもしれない。
でも私はあなたと出逢えて本当に幸せでした。

本当は今でも強くあなたを想っています。
きっと他の誰かと一緒にいても私の心の中で一生消えない気持ちです。

だけどもう伝えられない気持ちです。

誰にも言わないからここにだけ打ち明けさせてね。

許してね。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rumikazu1225
読者になる
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる