ああ…

February 12 [Sun], 2012, 11:52
副作用のない薬から、また、副作用のある薬になり。

しかしながらも、サーブは立ち上がって、トイレにいっていました。


それが昨夜から、どんどん悪くなり、転んだり、立てなくなり…

今朝は、またお腹からべしゃっと私が寝ている間に転んだらしいです。

母が起こそうとしたけれど、間に合わず、おもらししてしまったそうです…


我慢の限界だったんじゃないかって。

急いで獣医さんに電話をしたら、夕方5時に来てくれるとのこと。

これでまた、お金が飛ぶ…私たちの食べるものなくなっちゃうよってサーブに爆笑しながら言ったら、サーブは、先生が来るよと言う言葉に反応して、はぁはぁしながら、笑顔を見せていました。


人間って、どうしようもねーなぁって思った時、なぜだか笑っちゃいますよね。

でも、サーブは私たちのお宝で。なにものにも代え難い、大切な家族なんです。


北海道は一面の雪景色。


また獣医さんは、看護婦さんと一緒に、見に来るそうだから…と、表を軽く雪かきして…

私も、持病抱えてるので、あんまり頑張れないんですが…


部屋の掃除したり…今から準備してます。

貯金、ほぼ全部飛んじゃったー。


でも、サーブが苦しまず、旅立てる日まで。私は人間ですから。我慢します。


もしかしたら、今日、尿道にカテーテルを通すのかもしれないし…介護指導されるかもしれないし…わかりませんが…。

私は、おととしの冬、階段から転落する事故で膝を悪くしてしまって…こんな状態ですから…。


膝の悪い人が、後ろ足の悪い犬を介護するっていう、滑稽な感じになってしまってます^^;


でも、サーブの寂しそうな、悲しそうな鳴き声を聞けば、夜中でも起きます…。


上半身は、とても元気でよく動くのにね…。


もうこれで、立ち上がれないなら、床ずれにならないように…気を付けないとね…。


なんで、犬って人間みたいに、絶対の保険、ないんだろなあ。

往診料3000円、処置料2000円くらいはするだろうな…


持病こじらせてる場合じゃない…。


サーブは今まで病気一つしなかったよね。下痢も1回しか、しなかったよね。風邪も引いたことないよね。


ありがとう。


でも、ガンになっちゃったね…。


姉さんと母さんで、気持ちよく過ごせるようにしてあげる…。それが、サーブのためだよね…。


あとちょっとで、誕生日なんだよ…。16日。


またアホみたいにバクバクケーキ食べて欲しい…。牛肉食べて欲しい…。


私だって、不死身じゃない。人間だって、死ぬ。

それが、サーブには早く来るだけ…。

お薬の変更

February 05 [Sun], 2012, 17:57
さて、副作用のある強い薬を飲ませなければいけないと言われて、飲んでました。


サーブはそれはそれは、すごい過食になり、水を飲み、大量におしっこが出る…という副作用に悩み、けれどそれとは引き換えに、足腰は立ってました。


先日獣医さんに母が行った時、それしかないなんて言い方をしていた獣医さんが、副作用のない薬に変えましょう…と言い出して、母もびっくりしたそうです。


私もびっくりです。あるなら早く言えばいいのに…


最悪の事態を想定しないといけないっていうのもあるんでしょうけれどね…


で、やっぱり飲ませてみて…おしっこの量は普通になり、過食症のような副作用もなくなりました。


ですが、やっぱり、足腰は弱くなっていっています…


うまくトイレにいけることもありますが、何ども足に力を入れないと、立てないみたいで…


先程、発病して以来、初めて粗相してしまいました…


本人も、とてもショックなようで、悲しい泣き声をあげています…


やっぱり、犬としても、ショックは感じるし、老いたということも、なぜということも、自分が突然こんなことに…


色々な感情がサーブの頭を駆け巡っているのでしょうか…


今度の動物病院では、サーブの足腰が再び悪くなってしまったことを伝えなければいけませんね…。


食欲だけはちゃんとあって、なんでも食べてくれるんですが…


麻痺がまた出てきてしまいました…


どうしたらいいんだろう…

コルクマット!

February 05 [Sun], 2012, 17:49


我が家はフローリングでした。でも、犬には負担だそうです。


なので、ある獣医さんのブログを参考にしまして、ジョイント式のコルクマットにしました。


やっぱり、素人なので、隙間が出来てしまったり、サーブの爪が挟まったら大変なので、緑の養生テープで補強…。


これは汚れたらそこだけ取り替えられるし、滑らないし、転んでもクッション性が少しあるので。


便利だそうです。


犬の気持ちになって考えてみるとすると、人間が毛糸の靴下でフローリングをダッシュしたらって想像するとわかりやすいかと…。


すってんころりんで、当然ですよね。

ながーい

January 24 [Tue], 2012, 18:05
ながーいお付き合いな人が、一人います。


彼は私とマビノギ結婚するほど仲良しです。


ネットでぽつぽつ、お付き合いを続けてます。お互いに御手紙したり、プレゼントしたり。

そんな関係が数年続いています。


でも、まだ直接お会いしたことはないんです。

顔も知ってます。声も知ってます。でも、まだ時期ではないのです…。


私はサーブが病気になり、焦りました。前々からサーブが元気なうちに、幸せになった姿を見せたいって。


そう思っていました。


サーブはたくさんの苦労をしてきましたし、私もです…


私はあまり良い家庭で育ちませんでした…私の寂しさを紛らわせてくれたのは、ほかならぬサーブです。


中学生になるお祝いに。サーブをお迎えしました。


暴力的な父と、母は父が私たちに愛情もなにもなく、遊び呆けてリストラされ、月収もアホみたいに少なくなり、顔を見ればなじってくる祖母にも耐え切れずに、離婚しました…


私は、普通の人より、とても体が弱いです…家でぽつぽつ…療養しつつ、小さな仕事をしたりという感じです…。


もちろん、その彼、Hくんとはずっと仲良しです。でも、彼はまだ、一人前ではないんです…。


早くその時がきたらいい。サーブが元気なうちに…って。よく思う…。


骨肉腫になった子。長くない。わかってる。


でも、まだサーブは骨肉腫ですっ確定っ!……っていう段階の前に、病変らしきものが見つかったから…まだ望みはあるとおもいます…。


その彼に、サーブの病気の話を今日。しました。


彼は、やっぱり。そうかーっていつもどおりにワンパタな返事をして。

でも、心配みたいです。


特別な事はしようって思わなくていいよ。元気かなって思ってて!

……それだけです。


生活は苦しいし、大変だけれど。


彼のお母様から度々なにかいただくようになりまして…。なのに、なにも返せなくて…。


嫌われてしまっていないか…そればかり気がかりです…。


ああ、ほんとわたくしごとじゃん!!

もーほんとやだぁぁぁ。



うをー!


………20年とちょっと生きていると、叫びたくなることもあるんです^^;


飲まずには居られない日もあります…。


そうして、持病が悪化するんですねわかります。


さて……そのHさんからメールがきたのでお返事やらに勤しみますかな…。

あー!モヤモヤするぜぇ!!


サーブのガン一発で消える方法あったらいいのにーうをー!


………シラフですよ…やだなぁ…。

人生初の

January 24 [Tue], 2012, 17:41
ギャンブルになるんだか。

よくわからん。


でも、よくなったーって書いているブログだって、みたし。

元気になったって書いてる人や、リピーターの人も本当にいるみたいだし。

ハナビラタケの栽培特許もある…って書いてるし。

ペンダントとかは信じられないけれど…マウスの臨床実験とか…そういうのでガンを押さえ込んだって論文もでてる…


抗がん剤で辛い治療させて、ボロボロになるサーブは見られない…見たくない。人間だって髪の毛抜けてゲロ吐きまくって、死んだほうがマシなくらい辛いじゃん。


辛い治療させるより、抗ガン作用あるサプリメントがずっといいって思う…


ぶっちゃけ大変な金額だ。


きかなかったらどうしてくれるって。約2万だぞえ。


でも、返金してくれるってことで。効き目がなければーですが。(しかし現在返金期限は切れた。


そのサプリメントがこれ。↓





大型犬のサーブにあげるとすると、6箱で一ヶ月しかもたない…


動物病院からもらった神経を敏感にする薬で足腰立って自力歩行はできている…


あとはガンをどう叩くか…ってなったとき。


後悔なんて、残したくないし。


いつかくる旅立ちの時。後悔の涙でなくて、やることはやった。ありがとうの涙で見送りたいって思った。


長生きできるのなら、なんでもすがりたいって気持ちだった。


しょぼーんってしていたサーブがこれを食べさせて、夕方くらいかな。わんわんって吠えたんです。昔みたいに。


おっ…きいてるのか?



どうですか?





サーブ:しらね。でもおいしいかもしれない。ボリボリ。

そっぽ向かないで下さいよ…





サーブ:高い買い物ありがとう。僕がんばるよ。最後まで自分でトイレいくかんな!

ちょっとは効いてるかも…継続力なりっていうしな。


……なんて風に受け取ってみてます。


しかし…このデジカメはオートフォーカスがない…しかも手ブレが…ry


しかも電池切れるの早い…(´;ω;`)


はなびらたけサプリの写真は携帯で撮影したのです。


今日のサーブは楽しみにしてたケーキをちょっともらって大喜び。

飲ませはじめて結構経ちましたが…尻尾のハゲの部分に少しずつ毛が生えてきてるんですわ…びっくり。


サーブはきっと、わけわからんだろうなぁ。


ただ、背中痛いーってうまくあるけんーって。


でも、動きはトロトロしてるものの、しっかりと立って歩いて、うるさくおねだりしたりするんですよね。


獣医さんのおかげもあるし…ハナビラタケの効き目もあるのかなぁ…



明日で病院の薬がなくなります…


もし、またサーブが身動きとれないなら。先生はそのとき、また考えるとおっしゃってました。


サーブの幸せだけ。サーブの長生きと、痛みのない生活だけ。

それが飼い主としての願いです。

もしゃもしゃ…

January 16 [Mon], 2012, 17:16



ドアップこんにちはっ。サーブです。


今日のサーブの変化…は、なんか、ダイエットに慣れてきたのかな。


私の手作り食をもさもさ食べてました。

お薬もちゃんと飲んで。


うんこも二回ぶりぶり、おしっこたくさん。




いつもどおりのサーブです。



でも、やっぱりどこか体調悪いのかなって感じです。


神経を活性化させる注射を三日間打ち、、投薬…と、サーブの下半身の神経は今は正常に動いているようです。


まぁ、傍目には、絶好調に見えるのですが…


少しでも私や母の姿が見えなくなると寂しがって後追いしてます。


今はお母さんとお相撲観戦かなー・・・


私はといえば、喉が痛くてry…です。


そういえば、ガンに効くらしいサプリメントを今日注文しました。18日には届くらしいです。

めっちゃ高かったけど…効くといいな…。


火曜日…つまり明日は動物病院に、母一人で行くそうです。


サーブの病状の説明と、お薬の相談にいくらしい。多分、お薬ももらってくる…


サーブは私とお留守番。

だって、でかちゃんだから、連れていくの大変なんだもん。


っていう雰囲気を先生が察したのか、飼い主さんだけでいいですよーと言ってくれたので…


よかったね!


サーブは天使みたいに可愛いなぁ…。

お母さんに…サーブがまだ若い頃買ってもらったトレーナー。お気に入りなんだねー…。


すーすーダイエット食を食べて眠ってます。


穏やかに日々がすぎていくといいな…。

おおー・・・

January 15 [Sun], 2012, 21:17




サーブが立ち上がりました。自力で歩行し、トイレでおしっこも、うんちもできました(;゚Д゚)!


寝たきりで、ぶっちゃけ垂れ流し状態になってたのになぁ…


すごい回復力…。

安心はできないんだろうけど…


獣医さんの話では、この状態をいかに保って、なだらかに下って、楽に最後を迎えるかってことだそうで…


背骨を大切にするために、お布団は常備で、殆どねんね状態ですが、トイレとお食事の時間だけは起きて食べてます。


サーブの根性を見た気がする…。


……とはいえ、私の方は、なんだか寒気と吐き気がすごいんですよねヽ(´Д`;)ノ

えっ、これ風邪?


それともメンタル的なものなのかしら…@@;


って、考えていたら喉が若干…ry



サーブのダイエットばっか考えて色々してたから…なんかな…寝不足もあるか…。

ダイエットさせないと、体重くて辛いだろう…


母が食べるのをちょいちょいもらって太ったんすよね…39キロっすよ ヽ(´Д`;)ノ


でも、お腹がすけばサーブはイライラするみたいで…

カロリーの低い寒天を使用して、口当たりのいいゼリー寄せみたいな?お腹が膨れるように。野菜ばっかりで作って、ちょっと気を紛らわせたりして…


ちょっと鬱状態っしたね…私が^^;

元々の鬱っ気が出たかなぁ…


なんか、旅立ちの日がすぐにでも来る気がして、夜に泣いちゃう…。


近所迷惑だから、ほどほどにせねば…。


がんばれよ。サーブ。

もう一度、歩きたい。

January 13 [Fri], 2012, 23:40


大好き、大好き、大好きだよサーブ…!

私の大切な弟。

この写真は去年、桜並木をサーブにみせようと、母と二人、連れ立って表に出たのですが、サーブはツツジの方がお気に召したようで…。

どんどん私たちを引っ張って、前を歩いていました。


それが、つい数日前から…よく転ぶようになり…なかなか起き上がれなくなり…ついには自力で立てなくなり…

おしっこやうんちまで、うまくできなくなってきた…

自分で出したおしっこに、後ろ足の踏ん張りが効かずにダイブしてしまって…


当然サーブはおしっこだらけに…



焦って動物病院まで行きました…

老化による骨粗鬆症の様なもの…下半身の麻痺…さらに、うっすらと骨肉腫の様な影…。サーブは背骨の脊椎の一部分がスカスカになり、痛みを感じている…

レントゲンの結果はそんなところでした…


はっきりとしたことは、今はわからない…


3日間注射を打ち続け、神経の反射を見る。と獣医さんがおっしゃいました…。

それを終えたら、投薬治療をしましょうと。

とにかく、自分で歩いておしっこと、うんちをできるようにしたいですね…と先生。


優しそうな先生で…本当によかったなって、母も納得でした。

明日が、その3日目…最後の注射です。


下半身の麻痺は、注射のかいあってか、自分で起き上がろうとするまでになってきました。

ただ、足元が滑りやすいみたいです…。

明日の朝、目覚めたら、サーブが笑顔でおはようって言ってくれたらいいな…

犬はものを言わないけど、表情で語る。って、私、思うんです。


実は……突然の事で、私自身の精神が不安定になってしまって…


同じような境遇のわんちゃんの飼い主様と仲良くなれたらな…


なんて思いもあり、可愛いサーブの日記をつけたい気持ちもあり…取り敢えず…ブログなんぞ始めてみました。


どうぞ。宜しくお願いしますね。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:流姫
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:家事手伝い
  • アイコン画像 趣味:
    ・マビノギ-やればハマりますb
    ・音楽-最近は洋楽聴く。
    ・読書-漫画から雑学本小説エッセイ、…なんでも読みます。
読者になる
我が家の愛犬ゴールデンレトリバーのサーブ。

元気に12才…長生きしてるなと思ったら、突然よく転ぶようになり、後ろ足が麻痺したように動かなくなり、自力でのトイレが困難になり…慌てて病院へ。

右足の感覚はある。でも左足の神経が反応薄だそうで…

骨肉腫の疑いまでありました。

できることは全てやって、ハッピーな毎日にしていきたい…サーブとの思い出を書き留めておきたい…

もう一度、私と歩こうよ。

そんなブログです。

サーブは
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる