高校生だぁ! 

2009年03月21日(土) 14時39分
19日。高校の合格発表でした。 結果は…無事合格!!
その後中学で合格証とか書類とかいろいろ貰ったのですが
書類に目を通してみると制服採寸の案内があったんですが期日が20日〜22日までで!!
早速昨日採寸に行ってきましたっ!
ε-(;-ω-`A) フゥ…
制服カッコよかったぁー><///
僕にはまだだぼだぼだったけど…orz
黒主体の制服でリボンもヵワぃぃw
ウエストとか細かく測っててちょっと恥ずかしかったけど…
ウエストちょっと細くなってた嬉しかったっアハ♪(・-・*)
今から高校生活楽しみデス!

早く制服取りに行きたいなぁ・・・・w

プロローグ 永久の始まり (D.Gray-man.長編@) 

2009年03月18日(水) 20時38分
世界は1つではない

世界は神々達がそれぞれに創り出し1人の神が自分の創ったその世界の行く末を見守った

神には創った世界を自らで育てることも導くことも叶わなかったのだ

神には世界を創ることと魂をつくり命を宿したものを世界に落とすことと見守ること…

そして創った世界を壊すことしかできなかった

力が無かったわけではない…

ただ許されなかっただけなのだ

自らが神だと名乗ることは世界を一気に混乱に叩き落すことになるから…

そして神は決して自らが創った世界の者を愛することをしなかった

生まれたものは皆滅びてしまうから…

命を皆不死にすることもできなかった

永い永い時がどんなに苦しいものか知っていたから…

だが神達は禁忌を犯す

どうしても誰かを愛したかった

この腕に抱いて育てたかった

どうしても知って欲しかった

自らの苦悩と孤独と悲しみを…

神達は1つの魂に自分達の今在る全ての力を注いだ

神達は待ち望んだ

純粋で無垢で我々の何倍もの力を持った心優しき新たな神を・・・

神達に育てられ永久を共に生きるただ1人の我が子を・・・

神達の愛を受け入れる我が子を・・・

そうして永久は始まった・・・!

数日間百数名の神達が全ての力を注ぎ込んだのち新たな神は誕生した

白い肌

整った顔立ち

長く綺麗な金色の髪

輝きを秘めた金色の瞳に

眩しいほどの純白の大きく美しい翼…

翼で包まれたその体、その姿は眉目秀麗な神々達でも全く非の打ち所が無く

誰もが目をくらませるほど妖艶な美しさを持った男の子だった

神々が驚いたのはその姿だけではなく

その力の大きさだった

神々達とは比べ物にならなかったのだ

神たちは皆これ以上ないであろうほどの力を持っていた

世界を壊せてしまうほどの…

その神達ですら比べ物にならないほどの力を秘めている…

そうすぐに分かった

神達は喜び宴を開き喜びを分かち合った

その先にあるものはなにか…

そんな不安すら誰も持たなかった・・・

最初の小説テーマは・・・w 

2009年03月18日(水) 19時20分
掲載小説は最初から長編でいきたいと思います!
しかも3作品同時連載です…大丈夫かな…;えぇい大丈夫!
今回は長編小説3つ書くのですがテーマを決めてそのテーマに沿ったものを3つ書きたいと思います^^
掲載小説は3つすべて夢小説!ベースにさせていただく作品は

D.Gray-man
BLEACH
REBORN

の3作品様です!!><///
どちらの作品も未だマンガやアニメ等で活躍中の作品様で勝手にストーリー捏造しちゃうので作品のイメージ狂わせちゃったり心配ですが頑張ります!!
テーマは3作とも全て同じで行きます^^

本題の小説書くにあたってのテーマは…

                       「不死」

不死という物がどういう物なのか…人とはなにか…人である条件はなにか…そんなことを考えながら不死の者ならではの苦悩や悲しみをダイレクトに伝える物にしたいと思っています。
今回の小説の主人公はいずれも特別な力を持っていますがそれを心のどこかで疎み、憎み、自らを嫌悪してそれでも生きなければならない…という者達です。
人が誰しも持っているであろう「死への恐怖」を違う角度から見ていくにはこれが一番早かろうと思いこのテーマにしました。
これから僕の言葉を紡いで描かれていく彼らの生き様を見守ってくださると嬉しいです^^
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ルゥ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:11月18日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる