「暇なペルシャ絨毯屋 オーナー」でなくなる?

September 19 [Tue], 2017, 22:04
今日、お客様からメールを頂いた文面に…



今年は秋の訪れが早く、すでに「暇なペルシャ絨毯屋
オーナー」でなくなりつつあるのではないでしょうか?



と書いてありました。


残念ながら


まだまだ暇なペルシャ絨毯屋オーナー」ですっ!




という事で、本日は壁に展示している絨毯を一部入れ替えました。





とりあえず、本ブースの向かって左。
グーチャンのペイズリーを…




セネ・キリムで攻めてみました。
一昔前までよく見かけました。

でも、これは惚れ惚れするくらい綺麗です。
また、縦糸にシルクの糸を用いたレアなタイプで未使用のビンテージ。
一見の価値があります。


この背景にうっすらと映っていますが、皆さんに座って頂く奥の椅子のある所。
アルデビルのアンティークでしたが…



クム産、近作の絨毯です。



とは言え、パイルはほんの一部シルクで殆どウール、縦糸はシルクというもの。
工房はネザファト。

デザインは個人的にとても秀逸だと思っています。
カシャーン産のアンティークのデザインからインスパイアされたと思われますが
絶妙のアレンジで、そのこってり感を余り感じさせません。
そして無地の部分の量的なバランス感覚、最高です。

20年ほど前に、ネイビー部分がサックスっぽい色のドザールサイズをお買い上げ頂いた事がありました。
それも良かった〜。

ザロニムはネイビー。
ドザールになるとサックス。

サイズによって色を変えるセンス、さすがです。






そして向かって右側の廊下側の壁。



ある意味、普通に綺麗なクムシルクにしました。
メヘラバクシュ工房です。







今日まで下側に写っているトルクメニスタンのシルクを展示していたのですが
あまりお声がかかりませんでした。

マニアック過ぎたのでしょう。
というか、この絨毯は床や壁の平面では魅力が発揮出来ないタイプなんです。



仕舞い込む前にちょっと撮影〜



眩しいほどビカ〜ッ!



でも、平らな所ではびっくりするほど大人しいんです。





あと、向かい側のブース。



これは壁に展示するのは初めて。



イスファハン産、オールド。当然、コルクウール。

約60年の歳月が作った絶妙の色合い。
画像では表現出来ていないですけど…




そして、もっと色合いが表現出来ていないのが左側のウインドウ。



これも壁に展示するのは初めてかも。



テヘラン産、アンティーク。



状態抜群。


こんなの展示して大丈夫かな?
(まあ、ここは東京でもないし、神戸でも六甲アイランドだし、よっぽど興味のある人でないと来ないし…世の中、シルク>ギャッベ>ナインみたいなもんだし…)





ウインドウ右左の床部分も、いい感じのイスファハンです。












さて、いつから秋らしくなって、ウチは忙しくなるんでしょうか?






























現代アートとペルシャ絨毯 

September 14 [Thu], 2017, 22:13



Kour Pour(コア・ポア)っていう現代アート作家をご存知ですか?



私はGoogleニュースのアラートに「ペルシャ絨毯」というワードを入れています。(ちゃんと絨毯屋してるでしょ!)
めったに入らないのですが、先日アラートが入っていました。
どう絨毯に関係あるんかな?と思い、アクセスすると…

「東京都庭園美術館が半年ぶりに再オープン」



装飾は流転する 「今」と向き合う7つの方法←クリック
Decoration never dies, anyway


という展示会が開催されるという記事でした。




この中でペルシャ絨毯を題材にしているアーティストが、その…Kour Pour(コア・ポア)氏です。

で、彼の作品とは。。。



約244cm x 183cm



約244cm x 183cm



約23cm x 18cm


見ての通り、ペルシャ絨毯に触発された絵画です。





左がコア・ポア氏。 (1987年生まれ)
イラン系のイギリス人だそうです。



作品は少しポップな色合いにはなっていますが、本物の絨毯を良く理解しているのが伝わって来ます。
リアルなアンティーク感が表現されていると思いませんか?


特にパイルが擦り切れた感じ。。。



この擦り切れ感は、まずキャンバスに縦糸、横糸を表現するため、ゲッソと呼ばれるものを塗り立体的なベースを作ります。

ちなみに箒を使うらしいです。
左官さんがコンクリートの仕上げで使う手法と同じ感じですね。

これを一方向ではなく縦方向、横方向で細かく格子状になるように…
で、シルクスクリーンやハンドペイント等とレイヤーを重ねて行って…


何と、描き終わった上から電動グラインダーを使って、最初に作った縦糸、横糸のベースを削って浮き出させるのです。

これで擦り切れたアンティークの絨毯の感じがバッチリ出るっていう訳ですね。
う〜ん、芸が細かい。。。
(もっと興味のある方はWikで英語で入力して調べて下さい)




調べて行くと興味がどんどん湧いてきて…

ついついamazonで、展示会の図録をポチってしまいました。
ロンドンの本屋から届くみたいです。

↓表紙なのかな?彼の幼い頃、カシャーンの上でハイハイしています。

お父さんは絨毯の修理職人だそうです。なるほど〜













って、長々と書いて来てオチは何なのよと。。。




やっぱ、値段ですかね。。。




オークションでの落札価格がですね。。。




なんと大半がですね。。。




数百万円〜1千万円超!!! OMG!!!







現代アート、恐るべし。
行き場を失った有り余る富の矛先が向かうと
この様になるんですね。


ウチにも有り余る富が向かって来ますように〜










































オチはありません。。。

August 19 [Sat], 2017, 20:59
お盆も過ぎ、夏も終盤。
皆様お変わりございませんか?

夏のティーズはこのブログのタイトル通り「暇なペルシャ絨毯屋」です。。。



だから何かする事無いかな〜って訳で、これをやりました。



天井の通風口に三脚ごとカメラをくくり付ける。









iPadとwi-fiで接続。










ちゃんとリモートでシャッターが切れるしモニターも出来る。




こんなサイズは当然。




アバデ・オールド。普通な感じに写ってますが、普通でない。。。



2x3m超えでも。。。



ちなみにベラミン・オールド。珍しい。





タブリーズ・オールド 2x3m





アバデ・セミオールド 2x3m





イラーム I.C.C.モノ。ドザール(約2x1.4m)



タブリーズ アリ・タラーズ工房(隠しサインですよ。。。)



しかし、真上からのショットって、大きさがわからないですよね。
立った位置から写真を写すと、遠近感で大体の大きさのイメージが伝わるんですが。。。



とりあえず、以前から比べると画期的な(笑)撮影システム。
一人で撮影作業が出来なくもないので、特にテーマもなく写してみる。






シラーズ 山羊の角デザイン。






これもシラーズ、パネルデザイン、って不規則やん。。。





バルーチ。このデザインの由来は話せば長い…だから、是非とも店頭で。






えっ、そんな値段でいいんですか?的なバルーチ・オールド。






最高のクオリティーなバルーチ。
デザインに関しては…???
これも是非店頭で。



では、また。


展示替えしました

July 08 [Sat], 2017, 21:36


向かいのブース、ちょっと展示替えしました。







奥の方に神戸家具の老舗「永田良介商店」のダイニングセットをコーディネート。








この家具屋さん、もう20年くらい仕事でお世話になっているのですが、創業が何と1872年(明治5年)!





神戸開港が今年で開港150年を迎えていますので、ほとんど同じくらいの歴史です。
何代にもわたって、100年以上使えるように作った家具。





ずっと神戸で商売を続ける…
何代にもわたって…
すごい事だと思います。

ちなみに…

洋家具も、はじめは神戸港から
コーヒーも、はじめは神戸港から
映画も、はじめは神戸から
ゴルフも、
ボウリングも、
紳士服のテーラーも、
ジャズも、
ラムネも、
洋菓子も、
バナナの輸入も、

(「神戸なるほど歴史館」からの受け売りですケド…→クリックでリンクします



話は戻って…

このダイニングセット、かなり重量感(ってか実際の重量もスゴイ…)があるので、ジョーシャガンのオールドを合わせてみました。















これがまた、良い感じです。



繊細なペルシャ絨毯をセットするとテーブルと椅子のボリュームに負けてしまうし、
かといって、ビジャーなんかを合わせてもマニッシュになりすぎて色気がないし、
ここはこのジョーシャガンで解決ってところです。

そこらへんの絨毯屋じゃ、こんな簡単にピッタリの絨毯なんか出てこないですからね!(完全に自慢です)


ちなみにサイズは…



テーブル:210cm x 100cm x70cm(高)
絨 毯:365cmx282cm




このテーブルセットと絨毯が入るダイニングルームは相当な広さですね。。。
一般的ではないですよね。。。


それでも、ウチにはこれくらい入るで〜
そして、この絨毯とテーブルがセットで欲しいわ〜、っていう方が

もしもいらっしゃれば…




お急ぎになってティーズにご来店をっ〜!





※ダイニングセットは約30年前に作られたもので、永田良介商店がレストアを手掛けたもの。
塗装はいったん剥した上で、木の経年変化の色を残しながらの再塗装が施されています。

現在、このモデルを注文すると楢材の材料費高騰などで相当な価格になるらしいです。。。






今後、永田商店が自らレストアを手掛けたソファやその他など、順次入荷予定です。。。
どうぞ、お楽しみに。

近況Part2

July 04 [Tue], 2017, 20:53
近況Part2です。


前回は絨毯屋の1日ってどんなん?と思う人の為にでしたが
今回は絨毯屋の1週間ってどんなん?と思う人の為にです。


ってことは…


ネタ不足?そうです、正解です(笑)


いや、前回は余りのネタの無さにプライベートを掘り下げ過ぎた感じだったので
今回は真面目に仕事ネタだけで…(だから1週間)


まず…




これを見て、




わかる人はわかる。




そう、イスファハンのオンパレード。


巻いたり、たたんだりした画像だけじゃストレス溜まるわっ、て声も聞こえそうですが
諸般の事情により、ここまで。。。



実は、ご遠方からイスファハンをお探しとの事でご来店予約を頂いていたのですが
急用でお越しになれなくなりました。

またの機会を楽しみにして、イスファハン祭りは次回に持ち越しです。。。




でも、このイスファハン産の絨毯…
5大産地の中ではダントツ、ぶっちぎりの売上の回転率の悪さを誇っているんですよ。
在庫期間の長さは群を抜いていると思います。


なので…


イスファハンの在庫割合が低ければ低いほど、経営センスは高い、かもです。
試しに、最寄りの絨毯屋さんにイスファハンの在庫枚数を尋ねてみるとか(笑)













そして、卸の仕事や昔のスタッフが福岡から遊びに来たりなんかをしているうちに
気が付くと6月も終わり7月…








絨毯撮影会@ティーズ



by 毎度のカメラマンS氏
(顔出しはどうなのか聞いてなかったので、とりあえずぼかして…)
スタジオとは違い、真上から撮れない環境は大変そう。









私はバタバタしながらも、撮影されている絨毯を撮影したり…




S氏がその場でPCに画像を出してくれるので色合いを確認したりします。

が、いい絨毯ほどそのニュアンスが出ない。。。

アナログ的な美しさをデジタルで伝えようとする矛盾。
まあ、今回撮影したものは新しいショップカードを制作する為ですが…

でも、せっかくなので、またブログにもアップしますね。













あと、当店が入居している神戸ファッションマートの2階の入り口。



車でご来店される方は案外と馴染みが無いかもですが、
六甲ライナーで来られる方は使われるはずです。







ここを入って左側、エスカレーターで3階へ行く途中。













月代わりでテナント数店がディスプレイをする事になって、今月はティーズの出番です。




色々悩んで、このセレクト。選んだ理由はありますが、わかる人います?



わかる方はコメント欄に書き入れて下さいね。
宜しくです。






最後、今日のネタ。




絨毯をいっぱい車に積んで、お客様宅へフィッティングへ…



やっぱり、現場で合わせると本当に正しいチョイスが出来ます。
今回はお客様に掲載許可を取り忘れたので、バックはモノクロ化しています。。。



タブリーズ産フィッシュデザイン2mx3m。
これもわかる人にはわかる、近作にはない素材、色合いと結びのクオリティーの高さ。
実物はもっと美しいですよ〜!


ドレクセルのセンターテーブルとも相性抜群でした。




と言う事で、ティーズのここ1週間

ーーー 終・わ・り ーーー

ご清聴、いやご拝読ありがとうございました。







近況

June 11 [Sun], 2017, 18:03
近況を…


と言っても毎日あまり変わりません。
今日はヒマでした。
昨日も忙しくはなかった。。。


でも、ひょっとしてこの絨毯屋の1日ってどんなん?
って思う人の為に。。。。


例えば、昨日は…



起床は7時。
この日は子供たち(小5の双子男子)が王子スポーツセンターで卓球大会。


適当なウェア(1人はテニス、もう1人はサッカー)にゼッケンを付けて朝食を食べる。

彼らを撮ったり…


彼らに撮られたり…





そして9時半から卓球大会。





私は店を開けなければいけないので、応援もそこそこに店へ。



結局、11時半くらいに到着。
(全く開店時間に間に合っていない)
で、ショーウインドウから店内を眺めると。。。


相変わらず、暑苦しい色合いばかり。




ペルシャ絨毯2x3mの山。
濃い色合いに多量。




遊牧民のコーナーも暑い色合いが積み上がり…





3時か4時頃、そんなお店に「赤は好きでないの。。。」と言われるお客様。



現在リフォーム中との事で絨毯もご検討されているとの事ですが、
世間(大手家具店など)のナイン等にはイマイチ納得がいかず、疑問をお持ちのご様子でした。



当店の向かいのブースでナイン産を見られた後、本ブースで「赤くない絨毯」をご提案。


お玄関にザロニムサイズ&リビングに2x3m強。





わかる人にはわかる渋〜いセレクト。
どちらもイスファハン産。


黒xゴールドの絨毯は15年程前にルームオフされたドーリー工房のもの。
この頃くらいまでは本当にまともだったイスファハン。
ジオメティカルなゴムバディ・デザイン。
ゴールド部分はシルクのパイルです。

デザイン、配色とも普通ではありません。

もう一枚はイラン革命前の制作のもの。
ジョーシャガンデザインをアレンジしたエンテッシャーリーの絨毯か?というところの無銘。
もちろん、コルクウールの素晴らしい感触と経年で美しさを増した色合いが素晴らしい。

なかなか入荷しないイスファハンの2x3m強はたっぷりなサイズ感がグー。



この組み合わせがお家にマッチすれば嬉しいです。



そして6時過ぎに閉店。




いつも服を買う南京町のショップへ頼んでいたパンツを取りに寄る。
着るものは殆どココでお世話になっています。
(もうこの辺なんてどうでもイイですよね。。。。)





やっぱり土曜日の夜は観光地してますね。





7時半。
顧客の方と北野方面で会う。ちょっとした用事だけだったので、すぐ済んで帰宅。



ーーー 終・わ・り ーーー

ご清聴、いやご拝読ありがとうございました。











大き過ぎて…

May 23 [Tue], 2017, 22:01
前々回のブログで「大き過ぎて…展示する気になれない。」


な〜んて書かれると、人は余計に見たくなるもんですよね。。。


ブログを読まれてご来店されたお客さまが
広げるの手伝うからと…




3m x 4mのケルマン、やっぱり大きい。






すこしアップで。






逆側からも綺麗。



実はビッグサイズの絨毯、一度使うとその迫力がクセになります。
きっと小さい絨毯に反応できなくなります。
取り扱い?購入注意?なんです。


でも、価格は想定外の…買っちゃおうかな、って感じのプライスですよ〜!



続・入荷のおしらせ

May 21 [Sun], 2017, 12:52
約束通り…続・入荷のお知らせということで。




まずはドザール。



ん?壁面と同じか?






そう、配色違い。。。
カシャーン産オールド・ジョーシャガンデザイン。
この絨毯たち、これだけ良い感じの風合い色合いに成長しているにも関わらず、コストパフォーマンスが高いです。






タブリーズとして入荷していますが、多分ヘリーズと思う。
スゴく雰囲気のあるオールオーバー・へラティデザインです。








ナイン産。
丁寧に作ったというのが、伝わって来る1枚。
画像で伝えるのは難しいですね。。。
是非とも実物をご覧下さいませ。








見覚えがありませんか?
ご存知ですか?イラーム産←クリックで記事へ



シェルキャット ファルシュ イラーン 
パーレビ国王が力を入れていた頃の国営工房の絨毯です。

革命前後の作と思われますが、少なくとも素材のウールや染色は革命前のものですね。
結びもしっかりしすぎているくらいで、それはそれは重い重い。。。






お次には…





ビジャーです。ドザールかザロニムに見えませんか?

結びが常識を外れて細かいので、写真で見ると大きなビジャーに見えてしまいます。
実際は想定外の小ささです。



ついでに小さいサイズを。。。








ではでは、ご来店をお待ちしています。

入荷のお知らせ

May 20 [Sat], 2017, 18:15


2m x 3m この5点と…






ジョーシャガンをアレンジしたエンテッシャリ工房のデザインパターンの無銘もの。
コルクウールの感触が魅惑的なイスファハン産オールド。(かなり変態的マニアック)




あと向かいのブースに2点。



その内の1点、本当は出し惜しみしたいところですが…



こんな尖ったデザインのビジャー、初めてです。。。
前出のイスファハンどころではありません。

きっとハートに刺さりますよ〜
デザイン以外はすべて最高のクオリティー、最高のコンディションです。
(デザインはそれぞれの主観ですから…)






あと2.5m x 3.5m のナイン。
これは安心感のあるデザインのシシラクラス。
どこでも売っている白〜い近作のナインとは違いますからね。。。


これで向かいのブースのナイン祭りは益々充実。








これは大き過ぎて展示する気になれないケルマン産オールドの3m x 4m。
斜めな「ヘシュティデザイン」。すごく綺麗な色になっています。

ビッグなダイニングテーブルで暮らされている方、いかがですか?




ドザール以下の小さいサイズは明日に続きます。
出来ればですが…






またまた臨時休業のお知らせ

May 15 [Mon], 2017, 0:24
---------------------------------------

誠に勝手ながら
5月16日(火)臨時休業させて頂きます。

---------------------------------------


久しぶりの更新なのに、またまたお知らせだけですみません。。。



ってのも何なので…



数日前の納品事例を少し。






マンションのお玄関にビジャーのオールド、未使用モノ。
染色、素材、結びともに申し分ありません。
アイアンカーペットと呼ばれるのに相応しい絨毯です。
紫外線等の光も受けずに保管されて来たので
その色彩は時間による色の熟成だけが進んだ状態。
独特の発色となっています。
画像でこの色合いや風合いが伝わることは難しいと思いますが…


これからはお客様が踏まれて一層、美しく仕上がることでしょう。












プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:rugsts
  • 性別:男性
  • 職業:自営業
読者になる
ペルシャ絨毯・遊牧民の絨毯の卸、小売に関わって早20年。
マニアックでリーズナブルな価格の絨毯やキリムを中心にセレクトしています。
時々仕事モードから離れた話題も…

2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/rugsts/index1_0.rdf