葉酸摂取は妊婦にとって多くの効果が期待できます

March 05 [Sun], 2017, 14:54
葉酸摂取は、妊婦にとって多くの効果が期待できます。その中でも胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は大変重要なポイントですよね。

今現在、妊活中あるいは妊娠の可能性がある方は、葉酸をしっかりと摂取することが良いでしょうとはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。



サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が簡単です。簡単に葉酸を摂取したい方にはぜひサプリを活用してみて頂戴。葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをするはたらきがありますので、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が一番良いですね。
サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意して頂戴。葉酸を効率よく働かせるためにも、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。何となくと言うとご飯で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸も効率よくはたらけるというわけです。

それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸のはたらきが鈍くなるばかりか、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、空腹時での摂取はおススメしません。妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのかしることは大切ですよね。

ご飯内容はもちろん、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。
妊活中におススメなお茶では、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。



こうしたお茶の特性は、カフェインゼロだという事です。ですからいつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、赤ちゃんにおもったより優しいお茶で、妊活中に飲むのにちょうどだと言えますね。実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があるという話もありますから、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。



友達と話していたら、葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。ベルタが販売している葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。
葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと以前教えてもらったことがあったので、友達にアドバイスしました。

友達には悲しんで欲しくないですし、げんきな赤ちゃんが生まれるといいなと思う今日このごろです。なかなか妊娠できないという人は、基礎体温計測からはじめてみましょう。基礎体温表をつけていくとその変化で、女性の体の状態がある程度推測でき、不妊治療(まずはタイミング法から行うケースが多いでしょう)の大切なきっかけになるのです。
基礎体温表は5分もあればつけられますが、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という決まりがあるので、習慣的に続けていくことが大切です。一日忘れても根気よく続けていきましょう。

妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、それかつての妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、つい忘れてしまったりして葉酸の摂取を怠ってしまう場合もあります。

このような場合、使ってみると良いのが葉酸サプリを飲む事なんです。サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、忙しくてご飯がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も心配する事なく、普段通りの生活を送れます。

2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療(まずはタイミング法から行うケースが多いでしょう)は不要という考えで、話を切り出しづらくて、とりあえず自分のみで、タイミング療法に取り組みました。1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、なかなか妊娠には至らないものですね。


それで、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。

それが功を奏したのか、ほどなくして二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。


葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても摂取が勧められているほどです。サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。


とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんも少なくはないではないでしょうか。仮にサプリメントを摂っていないとしても、葉酸は自然の食品にも含有しています。

例えばホウレンソウなどの野菜やお肉にも多くふくまれているんです。
ですから、普通の食生活を送っていれば、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。妊活中の女性に対して、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取をもとめています。受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂をはじめますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高くなるそうなのです。


胎児の栄養は全て母体から賄われています。

胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、ご飯で摂取する分の葉酸以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお薦めです。

葉酸のサプリは様々にありますが、妊婦や妊活中の女性にとって嬉しい成分がしっかりとふくまれているサプリと言えば、ピジョンが出している葉酸サプリが一番おススメですね。こちらの葉酸サプリはいくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。大抵の商品が葉酸のみではなく鉄分やカルシウム(普段は骨に蓄えられていて、血中のカルシウムが不足すると骨から補われます)、ビタミンといった、妊婦にとって不足しがちな全ての栄養素がまとめられています。複数のサプリを飲む必要が無いので、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特性がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみて頂戴ね。

いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養を貰いながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。

この時に葉酸が大変重要なはたらきをするのです。今は葉酸のサプリも入手しやすくなっていますが、葉酸単体の吸収率はそれほど高くないのです。ですから、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だではないでしょうか。総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとってどんな栄養素が必要であるのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。
そのような場合は、信用できる赤ちゃん用粉ミルクの成分を目安に、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性側が主体となって行なうもののように感じますよね。



でも実は、男性にもぜひお薦めしたい妊活があります。



それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は母親側だけの問題かというとそうではなく、男性に原因がある事もあります。

特に注目したいのは、精子の染色体異常です。これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。

葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみて頂戴。葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、造血に必須の栄養素です。
これは不妊体質の改善にも効果があり、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠のチャンスが直接的に増えるのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。

そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能が正常化して活発になり、不妊状態を改善するのにたいへん有効なのです。
クリニックでの不妊治療(まずはタイミング法から行うケースが多いでしょう)を経て、ようやく第一子を授かることができました。

結婚して3年目くらいまでは、基礎体温でタイミングを見計らっても、授かることができず、ユウジン知人が妊娠したという話を聞くたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに三周期目で赤ちゃんを授かることができました。

病院に根拠のない抵抗感を持っていたのはミスでした。

もっと早く来たかったですね。

胎児や母体にとって、必要な栄養素のひとつとして葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。
葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。

葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は是非、葉酸を意識して摂取してみて頂戴ね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココネ
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる