もんぺえが笹山

July 09 [Sun], 2017, 10:27
会社員から公務員へと転職をすることは出来うることなのでしょうか?結論を言うと可能です。実際に会社員から転職をして、公務員になった人はかなりの数存在します。

ただし、転職をしたからといって給料が必ずしも高くなるとは限りません。会社員のままだったほうが給料が高いこともあるので、その辺をちゃんと確かめてから職を変えるほうが良いでしょう。

転職先が大手企業だった場合、収入が増える場合が多いですが、一番違ってくるのはボーナスになってくるでしょう。
中小企業だと少ないボーナスだったり、業績によってはボーナスゼロの場合もあります。


手取額が同じ40万円だったとしても、ボーナスが無ければ480万円というのが年収ですが、ボーナスが一年に二回、あったとすれば、年収にそれだけの差が出てくることになります。



賞与を貰ってから転職をした方が収入も増加しますし、いいかもしれません。退職する時期をボーナスが入る月とお考えの人も多いと感じますが、それまでに転職先を決定しておいた方がいいでしょう。

最良なのは、ボーナスをもらったら退職して、その後ですぐに転職できるように行動を起こすことです。中小企業は色々な経営課題を抱えていますから、中小企業診断士の資格を持っていれば、転職を行う際にも有利になるでしょう。
中小企業診断士という名の資格は、中小企業の問題の診断や解決を行い、経営に関する助言を行う専門家ですので、経営コンサルタントと同等の役割だと理解して間違いありません。

こうすれば一番だと思われる転職の仕方は、転職する先を探しながら仕事を続け、次の就職先が決まってから、今の会社を退職することでしょう。退職してから次の就職先を探そうとすると、すぐに転職先が見つからないと焦り始めます。あるいは、経済的にやっていけない不安がでてくるかもしれません。

だから退職する前に探すことがベストです。


加えて、自分だけで探そうとしないで誰かに相談するのもよいでしょう。


多くの方が今携わっている仕事は、自分でその職が良くて選択した方もいれば、生活のために働いている人もいると思います。ですが、めちゃくちゃ仕事が大変なときには、その仕事に惹かれて働いている人でなければ我慢できないときもあるのではないでしょうか。

何かしらの目標があったら、職場で大変なことに直面しても乗り切れるかもしれません。
転職の原因は書類審査や面接の場で非常に大切です。相手に理解してもらえる正当な原因がなければこの人はだめだな、という印象を持たれてしまいます。



しかし、転職のわけを説明しようとしても要領よく説明できない人も沢山いるはずです。
多くの人が履歴書を書く際や面接の場でなぜ転職することになったのかの説明で躓きます。
いわゆる飲食業界の人が異業種への転職を成功させるのは難しいものだと耳にします。飲食業界の労働条件ではものすごくたいへんな思いをせざるを得ない働き方をせざるを得ないということが多くあり、将来を不安に思って飲食業以外で仕事を探すということも多いです。
病気を抱えてしまうと、さらに転職の可能性は狭まりますし、元気のあるうちに転職活動をしましょう。

会社から見て必要な人材だと判断してもらうことができた場合は、35歳以上でも転職できると思っていいです。

確かに、年配の方が採用されにくいですが、すぐに結果を出すことを求めているような会社の場合、経験とか知識がある30代の働き手を迎え入れる準備ができています。

そのため、35歳を超えていたとしても、再就職が不可能だとは限りません。就職活動で面接をする際に気を付けるべき点は、まず、第一印象を良くすることで、型にはまらない自分の言葉で、面接官と気持ちを共有しようと心がける姿勢が効果的です。面接官の共感を得るためには、より伝わるように話しましょう。
会社の情報を予め把握するなどの下準備もしておいた方が無難です。転職の履歴書の中に前職の会社名や勤務年数などのシンプルな経歴を記入するだけでは、それを読んだ企業の人事担当者にこれまでにやってきた仕事を知ってもらうことはできないのです。

どのような部署でどのような仕事を行い、どんな成果が上がったのかや技術を身につけたなどの説明を加えることで、採用担当者に興味を持ってもらえるかもしれません。転職の時、資格を持っていないよりも転職先が要望するスキルに近い資格を所持している方が有利なこともあります。ただし、この時代、期待されているのは、資格よりも実務の経験で、資格がなくても実務経験が長い方が就職に有利な場合もあります。好印象の転職理由というのは、最初に、実際に転職を考えた理由を心に思い起こしてください。

そのままの表現で伝える訳ではないので、素直に文字にしてみましょう。そして、それをできるだけ好印象に結びつけるように表現を変えてみてください。



転職する理由を長く語ると自己弁護しているように受け取られるので、簡潔にまとめるよう注意しましょう。就職活動がうまくいくためには、押さえておかなければならないことがあります。


それが就職活動のフローです。もしかすると、就職活動中に嫌なことが起こったり、人格否定のような経験をするかもしれません。でも、フローにのってやるべきことをやっていれば、職に就くことができます。



脱落しなければ、大丈夫なのです。経験のない業種に転職するのはタフだと想像する方が多いですが、実際はどういったことなのでしょうか?導き出された結論からいいますと異業種への転職は簡単にかなうものではありません。
経験者と未経験者の2人から採用する場合、採用担当者は未経験者を選ぶことは少ないです。

といっても、必ずしも無理とはいえないので、励むことによって新しい仕事を得ることもあるでしょう。転職しやすい時期は、3月や9月頃は求人を出す会社が増えます。そして、2年以上働いている場合、すぐには辞めないだろうとよい判断をもらえるはずです。

職種の希望がある場合、いつも求人情報を確認して、希望職種を見つけたら応募するといいと思われます。

職場によっては欠員がないと募集しないので、いい時機を逃しがちになることもあります。

仕事を選ぶ時に、正社員を目指す傾向は以前から変わらないでしょう。
正社員の良い点は毎月、決まった収入が手に入ることです。保険やボーナスに関しても大きな利点があるのです。
ただし、実は、非正社員である方が得する仕事もたくさんあり、どちらが良いかは細かく計算しないとわからないものです。私は、正社員に合格できない理由については本人にあると考えています。
その会社に入社したら、何を達成したいのか、どう貢献できるのかが本人にもよくわかっていないので、志望理由が具体的ではなく、面接もイマイチになるのでしょう。
ちゃんと明確に、したい仕事が見つかって、熱意を伝えることができれば学歴も関係してくるかもしれませんが、正社員として合格する確率はあがると思います。転職をしたい気持ちは山々なのに次がすぐにない時代で、生活や将来の不安からうつ病にななることがあります。もし、うつ病になると、治療には長い日数を見込む必要がありますし、所得の維持と疾病治療の両方でお金に悩みます。新天地を求めて求職者としての立場になる転職活動期間に突入すると、なかなか決まらない焦りから限界を感じて、自分の置かれた状況を客観視できずにすべてが暗闇に思えることも多くあります。

次の職場の採用が決まるまで苦しんで待つのではなく、その苦しみにあるときに速やかに、専門の相談員に話をしましょう。転職してみようかと思っている人は、行きたい転職先が必要としている資格は何があるか考え、この際、少し遠回りをして資格を取得してアピールするのもいいかもしれません。


面接時、他の人に差をつけることが出来るということもありますし、資格手当などを設けている企業では資格は重要視されている証拠ですので、取ってない方は積極的に取得するのが良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:匠
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ruamieajepgnog/index1_0.rdf