間違い 

2006年11月26日(日) 0時04分


━あの時,あんな事しなかったら,

今でもあなたの隣で笑っていられたのかな?━


大好きなあなたに別れを告げられてから,私はやけになった。

それが間違いの始まりだった。

振り向いてくれるまで待てばよかったのに。

さみしくて,くやしくて,せつなくて・・・

私の心の穴を埋めてくれる人なら誰でもよかった。

そしてとうとう私はあなたの親友にまで・・・

私はいったい何をしているのだろう・・

こんなことするはずじゃなかった。

後悔してもしきれない。

ただあなたを愛してただけなのに

もう・・・あの頃には決して戻れない

ごめんなさい・・・





そして,







            さようなら

どんな日でも。 

2006年08月28日(月) 19時18分
どんなに泣いても


また次の日はやってきてしまう


貴方と過ごした日々 思い出してしまう


貴方さえいれば もうなにもいらない


もう傍にいてくれない 貴方のことばかり 考えてしまう


会いたくてたまらない


また傷つくかもしれない


でも・・・


それでも愛してるの


どこにいたって 貴方を見つけることができる


傍にいたい


傍にいてほしい


もう一度


私を愛して下さい。

間違い 

2006年08月27日(日) 22時01分
貴方を忘れるため


もう貴方に恋をしないため


私は間違いを犯してしまった


恋ってなに?


好きってなに?


私にはわからない


忘れたいのに


なんで会ってしまうの?


なんで私の前に現れるの?


いくら外見が変わってたって,貴方ってわかってしまうの。


見つけてしまうの。


そしてまた,貴方恋をしてしまう。


大好き・・・でも貴方は・・・


もう傷つきたくない。


なのに・・・


メールを送ってしまう。


送っては後悔して,送っては後悔して・・・


それの繰り返し


返事はこないってわかってるのにね。


それでも私は愛してる。



■後書き■

昨日,偶然私の好きな人,B年間片思いしてる

彼に会いました。

今までにC通ぐらいメールを送って・・・

やっぱり返事はないままで・・・

そんな中,会ってしまって。

もちろん気まずくて。

目をそらされてしまいました。

どーしたら忘れられるのでしょうか。

この先もずっと・・・ 

2006年04月02日(日) 12時54分
好きって言えるだけで・・・
この気持ちをあなたに伝えられるだけで・・・・
どんなに幸せだろうか。

あなたにこの気持ちを伝えてしまったら,
    今まで守ってきたものが壊れてしまいそうで・・・
          あなたが離れて行ってしまいそうで・・・

どうしようもなく怖くて,怖くて・・・

だからもうこの気持ちは,あなたに伝えない。
  
・・・・もう決めたの。この気持ちは伝えてはいけない。

この関係を壊したくないの。

これからも・・・・ずっと,ずっとこの先も・・・・

好きって伝えられない。

ごめんなさい。 

2006年04月01日(土) 9時23分
いつかあなたと笑顔で会える日はくるのかな??

今はあなたに笑顔をむけることができない。

あなたに笑顔をむけられたら,苦しくて仕方がない。

何度も連絡をとろうとしてしまう。

もし今,あなたに連絡をしてしまったら・・・
もし今,あなたの声を聞いてしまったら・・・
もし今,あなたに会ってしまったら・・・

私はまた,あなたをどうしようもなく好きになってしまう・・・・

もう,あなたにかかわってはいけない。

もう,あなたを束縛してはいけない。

・・・・ごめんなさい・・・でも,まだあなたのことが忘れられないの・・・。

これ以上・・・ 

2006年03月31日(金) 9時36分
どんなに思ったって,あの人は私のところにはきてくれない。
・・・そんなこと,痛いほどわかってる。

でも,あの人をあきらめることができない。
・・・自分の気持ちに嘘をつくことができない。

・・・・やめて。やめてッッ!!!
私のことを何も知らないくせに,私の気持ちを見破らないで。
あなたは誰なの???あなたに私のなにがわかるの??

私はただあの人のそばにいるだけでいいの。

・・・いつまでも今のままいられないってことなんてわかってる。

でも・・・でも・・・今だけでいいから,そばにいさせてほしい。
あの人のそばにいたいの。

あの人が,愛しくてしかたがないの。

もうこれ以上,私をせめないで・・・

幸せになってください。 

2006年03月30日(木) 21時40分
私はどこかであなたの不幸を願ってる。
あの人との関係が壊れることを・・・・
また,私のところに戻ってくることを・・・

どうして私はこんなに卑しい人間なんだろうか??
どうして私はあなたの幸せを願うことができないのだろうか??
どうして・・どうして私は・・・

いっそあなたを殺して私も死のうか。

・・・そんなことできるはずもない・・・・

ただ私はあなたが愛しい。

あなたのことは,もうあきらめなきゃ・・・

どうか・・・どうか・・・

            幸せになってください。

どうして・・・? 

2006年03月09日(木) 15時32分
ーどれだけ歳をとれば,あなたを忘れることができるのでしょうか。ー

また1年歳をとった今でも,あなたを忘れることができない私がいる。
突然突きつけられたあなたからの別れ話(ことば)。
今でも深く・・・深く・・・私の心に突き刺さってる。
“どうして?”何度も私はあなたに問いかけた。
でも・・・あなたは何も答えてはくれなかった。
悲しくて,苦しくて・・・何も考えることができなかった。
私はただ,目から流れる泪を頬で感じながら,
            そこに立ちすくむことしかできなかった・・・
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像トロ
» ごめんなさい。 (2006年04月01日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ru-page
読者になる
Yapme!一覧
読者になる