茨城のシラス漁再開 築地で取り引き

August 20 [Mon], 2012, 12:28
東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、(野球ユニフォーム)操業を中止してきた茨城県北部沖のシラス漁が試験的に再開され、東京・築地市場で初めての取り引きが行われました。

20日朝、取り引きが行われたのは茨城県北茨城市と日立市の3つの漁協が水揚げしたシラスです。3つの漁協は去年、同じ海域で取れたコウナゴから、(サッカーユニフォーム)国の基準を超す放射性物質が検出されたことからシラス漁を中止してきましたが、全国的にシラスが不漁なことなどもあり、今月6日から試験的に操業を再開しました。
築地市場に加工された「しらす干」や「ちりめん」などおよそ1トンが入荷され、原発事故以来初めての取り引きが行われました。
シラスは加工される前と後に放射性物質の検査が行われて安全性が確認されていて、仲卸業者の人たちは検査結果に目を通し、(野球パンツ)品質を確かめながら買い求めていました。仲卸業者の男性は「安全確認が大前提になりますが、味や見た目を重視して選びます」と話していました。
関係者によりますと「しらす干」はほかの産地より多少値が下がり、1キロ当たり800円前後で取り引きされ、都内のスーパーなどに並べられるということです。
茨城県北部の3つの漁協は、(オーダー野球ユニフォーム)今後、売れ行きなどを見たうえで、シラス漁の本格的な再開の時期を検討することにしています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gede
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rty4y/index1_0.rdf