『iPhone 7』の最小ストレージは従来の16GBからではなく、32GBからになるという情報が中

September 26 [Mon], 2016, 13:21
『iPhone 7』の最小ストレージは従来の16GBからではなく、32GBからになるという情報が中国のSNS『Weibo』にてリークされました。

この情報を明らかにしたのは調査会社IHS Technologyで中国市場を担当しているKevin Wang(ケヴィン・ワン)氏で、自身のWeiboに「サプライチェーンの研究は、新しいiPhoneのRAMは2GB、ストレージは32GBからであると示している」と投稿しています。
シャネルiphone6 ケース

Kevin Wang氏の投稿
Kevin Wang氏の投稿
Kevin王的日记本 - 微博

Kevin Wang氏はこれまで4インチ版の『iPhone SE』の発売時期や、『iPhone 6s』に搭載されたiSightカメラが1,200万画素になることなどをリークしており、その情報には一定の信頼があります。

今回の情報はあくまでも「サプライチェーンの研究」からの推測ですが、iPhone 7ではカメラレンズの大型化、さらにはiPhone 7 Plusではデュアルレンズになるといったリーク情報もあり、最小ストレージモデルが16GBでは足りないことは十分に理解できます。
シャネルiphone7ケース

また、Appleは過去にiPhoneの最小ストレージが少ないことでアメリカで集団訴訟を起こされており、この情報が事実であればこの問題にも対応できることになります。

「iOS 8」のストレージ容量消費めぐりアップルに集団訴訟 - CNET Japan

256GBモデルのリーク情報との整合性は?

一方で、気になるのは以前リークされた256GBモデルの存在です。
シリコンiPhoneケース

『iPhone 7 Plus』は256GBモデルがある?NANDフラッシュメモリの写真がリーク(篠原修司) - 個人 - Yahoo!ニュース

もちろん最小が32GBからであることと256GBモデルがあることはその両方が成り立ちますが、「256GBがある」根拠としてリークされたNANDフラッシュメモリの写真は「16GB」、「64GB」、「256GB」でした。

つまり、「32GB」は存在しません。
シリコンiPhoneケース

どちらかが嘘の情報なのか? それとも研究の結果16GBから32GBにアップグレードすることになったのか? その真偽だけはさすがに発表されるまで分かりません。今秋発売予定の『iPhone 7 Plus』のものとされるNANDフラッシュメモリの写真がリークされ、そのなかに「256GB」の文字があることが分かりました。
シリコンiPhoneケース

写真は中国のSNS『Weibo』に投稿されたもので、写真にはデュアルレンズカメラと3種類のNANDフラッシュメモリが写っています。話題になっているのは「SanDisk」製とみられるNANDフラッシュメモリの方で、そこには「16GB」、「64GB」に続いて「256GB」の文字が見えます。
マイケルコースiphone7ケース

つまりこのリーク写真が本物であれば、iPhone 7 Plusはこれまでの「16GB/64GB/128GB」ではなく、「16GB/64GB/256GB」の3モデルになるわけです。

Weibo@有没有搞措

16GBモデルでは全然足りない

それにしても不思議に思うのは、いまだにある16GBモデルの存在です。
マイケルコースiphone7ケースiPhone 7 Plusを買うようなユーザーに対して、16GBモデルでは容量が全く足りません。

iPhone 7 Plusにだけ搭載される機能は、写真や動画をよく撮るユーザー向けのものです。
シャネルiphone7ケース写真は『Googleフォト』や『Amazonプライムフォト』のストレージに移動させればなんとかなりますが、動画ばっかりはどうしようもありません。

Appleは16GBではなく64GBモデルを買わせようとしているのだとは思いますが、それでも256GBモデルを用意するのであれば32GB/64GB(または128GB)/256GBあたりが最低限のバランスではないでしょうか?

256GBモデルが事実かどうかはまだ分かりませんが、iPhone 7 Plusの購入を検討されている方は64GB以上のモデルを選ぶことをオススメします。
アイフォン6シャネル5月19日、シティグループ証券株式会社の調査本部によると、『iPhone 7 Plus』に搭載されると噂されているデュアルレンズカメラは1,200万画素のレンズになるとみられています。

この情報は投資週刊誌のアジア版『Barron's Asia』が明らかにしたもので、「iPhone 7の製造で儲けるのはアジアのどのサプライヤーか?」との視点から伝えられました。
シャネルiphone7ケース

Apple’s iPhone 7 Will Likely Have Dual Cameras: Who Will Benefit? - Asia Stocks to Watch - Barrons.com

デュアルレンズは今年の流行に

デュアルレンズカメラは今年の大きなアップグレードであり、この機能は3月末に発売されたばかりの韓国LGのフラッグシップ機『LG G5』や、同4月発売のHuaweiの『Huawei P9』にも搭載されています。

そして今秋発売予定とみられているiPhone 7 Plusのデュアルレンズは、80%の市場シェアを持つ台湾のレンズメーカー『大立光電(Largan Precision)』が供給することになるとシティグループ証券調査本部では予測しています。
シャネルiphone7ケース

レンズはどちらも1,200万画素のものであり、片方が現行と同じ5枚構成レンズ、もう片方が6枚構成レンズになるとのことです。

また、レポートではモジュールの組み立ては韓国の『LG Innotek』が、カメラのイメージセンサーは日本の『ソニー』が供給を行うともあります。
ソニーは平成28年熊本地震で製造工場が被災していますが、2016年5月末を目途に稼働開始する見込みであり、6月中旬までにラインを稼働できれば問題ないとの見通しです。

Sony Japan | ニュースリリース | 平成28年(2016年)熊本地震の影響について(第3報)

デュアルレンズカメラの効果とは?

デュアルレンズカメラが搭載されると、端的に言えば今よりもキレイな写真が撮れるようになります。
シャネルiphone7ケース

前述のHuawei P9では片方にRGBセンサー、もう片方にモノクロセンサーを搭載しており、その2つを組み合わせることで色をより明るく撮影できるようになっています。

HUAWEI P9 Smartphone | HUAWEI

iPhone 7 Plusに搭載されるデュアルレンズカメラがどの程度の性能なのかは分かりませんが、Huawei P9のカメラはiPhone 6sと比較して270%明るく撮影できるとのことです。
エルメス iphone7ケース

同様に搭載予定と噂されているレーザーオートフォーカスと組み合わせれば、薄暗い場所でもすぐにピントを合わせられ、そのうえで明るい写真が撮れることになります。

『iPhone 7』のカメラはレーザーオートフォーカス搭載?中国SNSで写真がリーク(篠原修司) - 個人 - Yahoo!ニュース

これまでPlusシリーズのメリットは画面が大きいことと動画の光学式手ぶれ補正程度でしたが、デュアルレンズカメラが搭載されれば写真のデキも変わってくることになります。
シリコンiPhoneケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eruhef
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rtujfsev/index1_0.rdf