暗号化(WEP:Wiかも

September 19 [Wed], 2012, 16:16
"通信をしているデータ自体にも暗号化技術を利用したセキュリティがある。無線LANにはWEPとよばれる暗号化技術を採用している。WEPは、通信データ自体にスクランブルをかけることができるのだ。通信している
データ自体を暗号化することで、もし、通信が傍受されても、そのデータは意味不明のものになってしまう。暗号化を解く鍵(キー)がなければ、全く意味のないデータなのだ。
このように、無線LANは、通信をする機器同士の設定や、データの暗号化などセキュリティ対策はきちんととられているのだ。
有線LANと比べると、電波を大気中に放出しているだけに不安かもしれない。しかし、有線LANとは異なり無線LANは、多くのセキュリティ機能を有している。セキュリティの設定をきっちりしてしまえば、無線LANは安心して使えるネットワークなのだ。

WiBro課金制度の特徴
WiBro課金制度の最も大きい特徴は、利用者の負担を最小化する部分定額制(PFR:PartialFlatRate)を導入することです。部分定額制とは、「基本料十超過利用料」の構造で、一定のデータ量を基本料の中に含ませておき、基本データ量を超過した場合に、超過利用料を付加する方式です。
KTは、WiBroユーザーの料金負担の軽減と無線リソースの公平な分配を促すために、一部のヘビー・ユーザーを除く、大多数のユーザーが、基本料金以外の追加料金を負担することなくサービスを利用できるように、WiBroの課金制度を設ける方針です。"
ポケットwifiルーター どうなってるの?

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rttfgv
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rttfgv/index1_0.rdf