藤原だけどニジイロクワガタ

February 12 [Fri], 2016, 3:38
不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は低いです。また、不倫の相手が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要になります。第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠がなくてはいけません。実際に探偵に頼むことで浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。相手の様子が浮気を想わせた場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで収集しようと思っても、相手に気づかれてしまう可能性は低くないでしょう。はっきり言ってその理由は、顔がばれてしまっているからです。離婚を覚悟の上で、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。しかし1人で踏み込むという方法を取ると、揉め事を大きくする可能性があるので、避けるのが賢明です。信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵に依頼するという方法があります。探偵の場合には、不審に思われることを避けるよう警戒を怠ることなく地味にコツコツと調査していきますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、先に自分の所属を明かして公然と調査を行うことが多いです。探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、興信所の方は情報収集に向いていると結論できそうです。相手に気づかれないで客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、しっかりした機材と技術が必要になります。浮気の現場をカメラにおさめても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠とは認められません。探偵なら浮気調査をする場合、薄型のカメラなども用いて覚られないうちに客観的な証拠を撮影してくれます。興信所と探偵事務所の違うところですが、変わりはほとんど無いと言ってもいいかもしれません。両方とも、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような違いのない仕事です。とはいっても、あえて言うと、依頼は、企業や団体は興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。不倫をされてしまったら、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料をもらうことはできません。慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、何歳であるか、何年結婚しているかなどいろいろな事を鑑みて裁判官の決定を待つことになります。探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、だいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。当然のことですが、調査員が少ない人数なら安く、増えれば増えるほど高くなります。また、尾行のために車とかバイクで行う場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認したほうが良いでしょう。浮気の裏付けをつかみ取るには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。そうはいっても、探偵に調査をお願いするのは費用が高くつきますから、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。探偵への浮気調査の依頼は、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所それぞれで料金はまちまちなので、調査を依頼する前に見積もりを頼むべきです。どのような行為をしているか記すことで浮気を実証できる場合もあるのです。基本的に、日々の行動には決まりができるものです。ところが、浮気をしてしまっていると、行動のパターンが変わります。時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを見つけることができたら、注意して動きを観察するようにすると、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マリコ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rtt0pdauhceecm/index1_0.rdf