磯崎の深堀

August 03 [Wed], 2016, 12:48
ニキビは食べ物と密接に関連しています。

食べるものに気をつければニキビのケアにもなります。



食生活は野菜中心のメニューに変えて、ビタミンやミネラルをじゅうぶん取りこむようにしましょう。


食物繊維が豊富な野菜中心の食生活は、便秘解消にもつながることから、ニキビの症状を緩和させます。顔のおでこにニキビが出来てしまうと、何が何でも前髪で隠したくなります。

ですが、それはニキビを余計に悪化させてしまう原因ともなるので、できる限り前髪で隠さずに前髪がニキビには触れないようにできるだけ刺激を与えないことが大切なのです。
だからと言われています。
主にニキビが出来るのです。ニキビが出来ない心掛けは多種多様です。

数多くあるうちの一つが、寝る時間をいつも同じにする事です。そうすると、健康的な日常にも繋がります。母親がすごくニキビ肌で、私も中学校の時からニキビに悩まされ、大人になった今でさえも、すぐにニキビができるので、顔面のお手入れは意識してやっています。そして、みっつになる娘も早くも鼻の周りの毛穴に角質がつまり始めています。
あわれなことに必ずニキビ肌になりそうです。


遺伝とは恐ろしいものだと思いました。

ひどいニキビができてしまった時には、洗顔石鹸でピーリングを行うようにしています。



ピーリングを初めてした時には、肌にヒリヒリとした感じがありました。そこで、何となく怖くなってしまってすぐに止めたのですが、肌が正常に戻ってみたら、そんなヒリヒリ感は消えて、キレイにニキビが改善できました。それ以降、ニキビができてしまうとピーリングを行うようにしています。肌の潤いをキープしつつ、きれいに落とすことが、ニキビケアの絶対条件。


大人ニキビの場合はひときわ、乾燥は最も悪影響とされているため、洗顔は皮脂を取り除きすぎないことが重要になります。牛乳石鹸ならそれができます。ミルクバター配合の牛乳石鹸、それは、肌に潤いキープで汚れを落とせるので、ニキビケアに効き目あり!なのです。ニキビの原因はアクネ菌ですので、フェイスタオルやスポンジなどのメイク用品を何人かで共有していたり、直接肌が接触してほったらかにして洗わずにいると、ニキビがうつってしまうことがあります。

また、手で自分のニキビを触った後で、顔を触ってしまうと、その場所にもニキビができてしまう可能性があります。

どこにできたとしても、ニキビに関しては誰もが素早く治してしまいたいものです。ニキビは早く改善するためにも、とにかく手で触れないようにするのが大事です。雑菌の付いた手で軽はずみに触れてしまうと、ニキビの悪化に繋がりますし、触りすぎてしまうと肌に傷をつけてしまいます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sou
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rts41ri1iytnfa/index1_0.rdf