TPPの黒幕 女性官僚また暗躍

February 07 [Tue], 2012, 14:52
国民が知らない間にどんどん既成事実化が進んでいる沖縄防衛局長の問題や田中防衛相の大バカ答弁に目を奪われているうちにTPP交渉がどんどん進められている。
昨年秋にはあれだけ騒ぎになったのがウソみたいに既成事実化が進んでいるのだ。
そんな中で明らかになったのが、TPPの黒幕といわれた女性キャリア官僚、宗像直子経済産業省通商機構部長グローバル経済室室長の暗躍だ。
この国の官僚は油断も隙もあったもんじゃない。
宗像部長といえば、昨年秋のAPECで名前が知れ渡ったTPPの黒幕だ。
野田首相が言った言わないで大モメになった日本は全ての物品サービスをTPPの貿易自由化交渉のテーブルに乗せるとの発言は、彼女が枝野経産相のために作成した文書の中にバッチリ、出てくるのだ。
TPP慎重派議員が追及し、シラを切る宗像のしたたかさがクローズアップされたものだが、彼女の暗躍はこんなものではなかった。
昨年3月、東日本大震災が起こり、以後、菅政権は震災原発対応に忙殺された。
TPPの議ヘ封印され、全省庁が震災対応にかかりっきりになっていた最中も、水面下でこっそり、TPP慎重派潰しにいそしんでいたのである。
これが明らかになったのは今月2日に開かれたTPPを慎重に考える会の勉強会です。
TPPを考える国民会議副代表世話人の久野修慈中央大学理事長日本精糖工業会会長が宗像氏が慎重派の説得に動き回っていたことをバクロし、問題にしたのですジャーナリスト横田一氏久野氏といえば、元大洋漁業の取締役などを歴任、同社の社外取締役だった白洲次郎の秘書を務めたこともある。
精糖工業会会長のほかに和菓子振興会会長も兼務し、旭日中綬章も受けている。
歴代泊鰍093877ニは太いパイプがある柏ニ界の有力者で、TPP反対派の超大物だ。
その久野氏が勉強会で、こんな話をしたのである。
宗像直子さんから何回も会いたいと電話があり、昨年の6月30日、同僚と2人で私の会社中央区日本橋に来ました。
とうとうと1時間45分、TPP問題について述べた上で、迫ム水産大臣を説得していただきたいと言ってきました。
なぜ、私が迫ム水産大臣を説得しないといけないのか。
民主党は政府政治主導なのだけれども、宗像氏は経済産業大臣の命令で来たのか。
官僚主導で来たのか。
これはお答えしていただかないといけない。
昼間ですから公務時間です。
誰の命令で来たのか、ご回答を願いたいと思いますまさに亡国官僚の大暴走ではないか。
TPPに参加すべきか否か。
政治が何も決めていないのに、宗像は交渉参加に向けて、動き回っていたことになる。
それも、久野氏のような大物をオルグしようなんて、いい度胸だ。
もちろん、宗像氏ひとりで、こうした言動はできない。
省ぐるみで動き回っていたのは確かでしょう。
TPPはこうやって、完全に官僚主導で進んでいる。
野田首相は国民的議』なんて言っていますが、そう言っているそばから、関係国との事前協議の日程がどんどん決まっている。
交渉参加がもはや既成事実化されつつあるのです。
国民に中身が知らされないまま、勝手にTPPが走りだすことになります横田一氏前出TPPを慎重に考える会会長の山田正彦前泊鰍ヘ久野氏の発言は大事だ。
内閣総理大臣か、経済産業大臣に文書での回答を求める要望書を出すことにすると語っていたが、当然だ。
国民の知らない間に国を売られたらかなわない。
ゲンイネットより
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rtqmxuyur2
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rtqmxuyur2/index1_0.rdf