谷本がPeterson

November 05 [Sat], 2016, 14:45
紫外線によって、髪の毛や頭皮が傷み、パサついた乾燥頭髪になります。ダメージの強い紫外線によって、栄養が髪や頭皮に行かなくなったり、静電気をおこすようになります。髪の毛には天候に関係なく、保湿ができるエッセンスなどを使用しましょう。毛髪が湿っている状態では、刺激を受けやすいのです。濡れている状態の髪は枕とこすれ合ったりして、刺激でキューティクルがダメになったりします。髪のセットにヘアアイロンを使うと、毛髪のキューティクルが刺激で剥がれてしまいます。髪の乾燥を必要以上にすると、髪の内部に水分がなくなってしまいます。シャンプー時のお湯の温度は、38°くらいにしましょう。高い温度でシャンプーすると、髪の毛が膨らんで爆発した感じになります。シャンプーの温度が高いと、カラーが抜けやすくなる原因になります。髪の保湿対策には、水で洗わなくていいトリートメントを使いましょう。はんがわき時や、完全に乾いた状態の時の2回トリートメントを使います。髪にドライヤーを使用するときには、頭皮に近い髪から乾かします。髪の毛をドライヤーで乾かすときは、最後の仕上げは冷風でドライするようにしてきちんと乾燥させることが大事です。ぜひトライしてみましょう。髪のキューティクルの痛みがない状態を作れば、降雨時の髪の広がりを防げます。冬場は湿度が低いですが春から高くなり、湿気Maxの梅雨になります。湿度も雨も多い梅雨になると、強い紫外線に悩まされます。紫外線は髪の毛の奥にまで入り込んで、毛髪の表面のキューティクルが傷みます。髪の紫外線対策を早くから始めれば、梅雨時の膨張した髪の毛を防ぐことにもなります。梅雨に広がる髪の毛を整えるためには、完全に乾燥させることと、髪の毛の水分を保つことです。ヘアカラーなどで頭髪にダメージがあると、傷んだ部位から水分がしみ込んで、おさまりの悪いヘアになります。傷んだ髪の毛を復活させるためには、トリートメントなどで乾燥を防ぐと、髪の内部にまで栄養が入っていきます。雨の日には髪の毛がうねってしまいます。雨の日は、頑張って朝からキレイにしても、嫌になるくらいヘアスタイルがすぐにダメになります。雨降りの日にはどうして髪がごわごわのもっこりになるのでしょうか?それは、外の湿度が高いので、毛髪の内部の水分の割合が増加するからです。毛髪の中の水分量が増加すると頭髪はうねって爆発してしまいます。まっすぐな髪の人は湿度と髪質に関係がありませんが、湿度にくせ毛はてこずります。直毛でない人は、毛の中のたんぱく質繊維が均一でないから、曲がると言われています。くせのある頭髪の方が湿度のあるところに行くと、それぞれの毛で水を吸収する量が変わります。雨の日でないとそんなに髪が乱れないので、何の気なしに過ごしている人が大半ですが、晴れている時にこそお手入れをしましょう。意外と簡単にヘアダイはできますが、白髪染めを何回も続けて行うことは危険です。濡れた髪の毛をブラッシングすることは、一番危険な行為です。髪が濡れている時はダメージを受けやすいので、髪の毛をひっぱたりこすったりすることはやめましょう。乾いていない毛髪はダメージに弱いといわれていますが、乾かしすぎもダメですね。しっかりした毛髪は、タンパク質の部分で保水能力が正常だからです。雨の日に髪がボワッとするのを防ぐには、髪全体をオイルトリートメントでマッサージすることです。サラサラのオイルの方がいいですから、髪の内側にもしっかりとつけましょう。髪の毛のどこかが傷んでいたりすると、ダメージの場所から水気が入り込んで膨らみます。膨張した部分は少し広がっていき、髪全体としてはうねりが出てしまいます。うねる髪の毛の本数が多くなると、ぼっさぼっさの膨張した髪の毛になって頭が膨らみます。寝る時に髪の毛が乾いてないと、枕にも雑菌が繁殖してしまいますから注意が必要です。がんばって必死に髪の毛をとかしている人は、とっても危ないことをしているのです。力ずくで髪の毛をブラッシングすると、摩擦でキューティクルが剥がれたり傷ついたりします。美容室に行かずにおしゃれ染めなどをすると、髪が傷んでしまうことが多いです。カラーリング剤を選ぶ時には、ジアミンアレルギーにならないような商品を選びましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rtqhkfosuimi6l/index1_0.rdf