auにアップグレードプログラムというのがありまして、翌年、新しいiPhoneが出た時

August 21 [Sun], 2016, 13:00
auにアップグレードプログラムというのがありまして、翌年、新しいiPhoneが出た時に、残債を支払うことなく新しいiPhoneに乗り換えられるという、一見、素敵なプログラムがあります。

softbankもauに対抗し、同等のプランを出しているのですが、これってどうなんだろうかと考えてみました。
超人気iphone7ケース

僕も毎年買い換えるつもりなので、分割回数は12回にしてるんですよ。無金利だし残債支払い被せたくなくて。
エルメス iphone7ケース毎年、値上がりし続けるiPhoneなので、もう直近は、本体の分割払いだけで月8,000円ですよ。もう、今のiPhone、毎年MacBook Airを買い換えてるようなものですよね。
iPhone6ケースグッチ

なので、アメリカの方で発表されたアップグレードプログラムが、どう日本でも反映されるのかなって思ってたんですが、auの施策は、

・月300円払えば、
・18ヶ月分の支払いまで分でfix、それ以降は支払わなくて良い。
・残り6ヶ月分は実質無料(契約を続けてれば無料)
・もし1年後(12ヶ月後)に新しいiPhoneが出た場合は、2,000円払えば、前倒しで乗り換えられる。
超人気iphone7ケース
・ただし、12ヶ月で機種変しても、18ヶ月分は支払いが必要。
・その場合も、18ヶ月以降はやっぱり支払わなくて良い

この恩恵を受ける肝は、24ヶ月はauを契約し続けることに尽きます。
シリコンiPhone7ケースまぁそれは囲い込みプログラムなので、いいでしょう。

まだ、auのiPhoneの価格が出てませんが、仮にAppleが直販するSIMロックフリーのiPhone6s plus 64GBモデルで計算してみると、
(->追記:iPhone6s plusで税込み115,416円でした。
ルイヴィトンiPhone6ケースSIMロックフリーとほとんど値段変わらないです。)

本体価格 119,664円(税込)

アップグレードプログラム適用、12ヶ月で新機種に乗り換えた場合
18ヶ月分・・・ 89,748円(税込)
プログラム月額費用 3,600円
前倒し手数料    2,000円(2015年12月31まで無料だそうです)
総支払額     95,348円(本年中に買った場合 93,348円)

差額 24,316円 (本年中に買った場合は、26,316円)

つまり、最大で26,316円ほど安く手に入ります。
シャネルiphone7ケース

しかし、このプランの罠は、次の機種変時に本体を返さなくてはいけないところ。
差額が24,000円程度であるなら、そのまま中古で売るという手があるハズです。
シリコンiPhone7ケース

実際、現状のiPhone6 plusの買い取り価格は、kakaku.comで見ると、上限で49,380円とあります。

現実的に、そこまでの金額が期待できなかったとしても、確実性を取るか、不確実性を取るかというのは、どこか固定金利のローンか、変動金利のローンのどちらかで家を買うのか?という話に近いです。
シリコンiPhone7ケース

いずれにせよ、アップグレードプログラムには、コミットするほどのお得感は、全くないな、と。

あと、アプリ開発者は、本体を売ったりせずそのままテスト機にしたりするので、そういう人であれば、このプログラムに参加することはできません。
ルイヴィトンiPhone6ケースそこも含めて自分には、全くメリットないな、というのが感想です。

11万円も支払って買ったハードが、25,000円程度の残存価値しかないのであれば、友達とか家族にあげたほうがよっぽど良い気がします。
超人気iphone7ケース

あと、多分、キャリアサイドもこの取組の原資は、中古販売でそれなりにハケることを前提として中国のスマートフォンメーカーXiaomi(小米)はマレーシアとシンガポールにおいて、購入したユーザーにはUberのドライバーが配達をしてくれる提携を行った。

利用者はUberアプリでXiaomi(小米)のスマートフォンを購入が可能で、Uberのドライバーがお届けするとのこと。
シリコンiPhone7ケースUberのアカウントでクレジットカードでの支払が可能。Xiaomi(小米)の新機種スマートフォン「Mi Note」が宅配の対象商品となる。
グッチiPhone 6sケースUberアプリでオレンジ色のコードが表示されている車にはXiaomi(小米)のスマートフォンが搭載されているので、ユーザーの近くの車がすぐに端末を配達してくれるのが特徴である。

中国メーカーXiaomi(小米)は中国ではiPhoneに次いで人気のブランドだが、中国のスマートフォン市場はすでに成熟しており、さらに中国ではiPhoneが圧倒的な人気を誇っている。
グッチiPhone 6sケースそのためXiaomi(小米)は東南アジアやブラジル、インドなど海外市場に進出を図っているものの、地元の中国市場のような勢いは感じられない。というのも新興国では地場のメーカーが台頭していることや、他の中国メーカーがすでに進出しており、中国でこそ存在感のあるXiaomi(小米)も進出した国外市場では新規参入者のチャレンジャーである。
シリコンiPhone7ケース

■競争激しいマレーシアとシンガポールのスマートフォン市場

今回Uberと提携してマレーシアとシンガポール市場において、スマートフォンを購入してくれたユーザーへの宅配を行う。

マレーシアではクアラルンプールでは若者を中心にほとんど全員がスマートフォンを利用している非常に競争が激しい市場である。
ルイヴィトンiphone7ケース特に中国のスマートフォンメーカーOPPOの勢いが凄く、町のあちこちで広告や宣伝を行っており、ブランド力もある。中国市場ではXiaomi(小米)の壁を越えられないOPPOは早い時期からマレーシアやタイ、インドネシアなどの東南アジア市場で積極的なマーケティング活動を行ってきた。
シリコンiPhone7ケース

またシンガポールでは圧倒的にiPhoneの人気が高く、スマートフォンもほぼ全員に普及している。Uberで宅配してくれたとしても、新たにXiaomi(小米)のスマートフォンを購入しようという人はそれほど多くはないだろう。
iphone7ケース

そして多くの人がスマートフォンを購入するときはネットでの購入よりも、量販店や町の店舗で、実物を見ながら自分の欲しい端末をじっくり選んで購入することが多い。今回の配達の対象になっている「Mi Note」は約400ドルのハイエンド端末であることから、ユーザー購入前にはしっかりと確認したいだろう。
シャネルiphone7ケース

Uberは世界規模で展開している配車アプリであり、そのロジスティックとネットワークを活用して、東南アジアではいろいろな商品の配達も行っている。Uberとしては、その配達する商品にスマートフォンが加わっただけだ。
超人気iphone7ケース

Xiaomi(小米)はマレーシアとシンガポールにおいてUberとの提携によるユーザーへのスマートフォンの宅配サービスだけではこの2か国の市場で、それほど多くのシェアの獲得は期待できないだろう。Xiaomi(小米)が存在感を出すためには、次の一手が期待される。
iphone7ケース

▼マレーシアで積極的に販売活動をする中国のスマートフォンメーカーOPPOは、クアラルンプールのデパートでは吹抜け全面にOPPOの宣伝をしている。
画像ると思うんですよね。
iPhone6ケースグッチ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eryuhde
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rtjige/index1_0.rdf