カフェ モンスーン 

February 18 [Mon], 2008, 11:18
先日の3連休



家族でドライブに行った日



この前、記事にした「レストランOHANA」に行った日ですよ♪



実は〜OHANAでランチを食べたわずか2時間後・・・






行ってきました♪ カフェ モンスーン






場所は空港からさらに北へ車を走らせること5分少々・・・



右側に不自然なイルカちゃんの看板?が見えてきますので(笑)



そこを入って道なりに進むとあります♪



海が見える最高のロケーション☆





あれだけOHANAでお腹いっぱい食べたにも関わらず・・・



いや〜入るもんですねっ♪ 別腹ってやつですか?←カクテイ



私ミコリオは〜メタボを気にしてエソプレッソでも飲もうかと考えていたのですが・・・



メニューを開くと〜




アイスぜんざい




なる文字が!!!!!!!!



アイスぜんざい〜!?な、な、なんじゃそりゃ??




ってことで・・・ハイ頼みましたよ「アイスぜんざい」




で、



待つこと10分ほど・・・





マチクタビレター



もちろん初対面っす☆



バニラアイスの下に〜小倉餡が敷いてあって・・・



その上からお好みでエソプレッソのホットをかけていただきます♪





美味♪





バニラの甘みと小倉の和風なアクセント♪



そして、エソプレッソのほのかな苦味とがうまくブレンドされ・・・




2分で完食!





もっとゆっくり食べればよかったと後から思いやした(涙)





嫁さんはそんな私を横目にみながら←ホントハショウメンダケド



無難にケーキセットをオーダー☆





キレイデショ



この日は抹茶のシフォンケーキをチョイスしました☆



言うまでもなく一口いただきましたが・・・←クイシンボウ





美味♪♪





もう一回、ゆっくりと来たいお店になりました☆



店内からは美しい海が望めます☆



落ち着きのあるゆっくりとした空間のあるお店です☆




だから〜子連れでいった私どもは〜悪戦苦闘でした(汗)



家族でいけないってこともないんだけど〜小さい子がいたら気を使うかもね〜(汗)



ランチとかもあったから〜おそらく嫁さんがいくでしょう(笑)




ゆっくりお茶したい人におすすめです♪←モチロン アマミオオシマデ

昨日のレコメンちょこっと 

February 14 [Thu], 2008, 4:57
ひっさし振りにキミ君の夢をみた、見たはずの私ですが、もうすっかり内容忘れてます。

夢ってはかないわ〜・・・。。ラブラブだったのに。

きっと昨日のレコメンが風邪気味でトーンが低くけだるい感じで、それを夢に引きずってしまったのかな?

そのレコメンで今朝の「スッキリ」に「有閑倶楽部」3人衆がビデオ出演って言ったらしいんですけど、

結局亀田にジャックされてしまいました。ショボン・・・・・。




<<追記>>  「スッキリ」はやっぱり火曜日だった。私、何勘違いしてたのか。恥ずかしい〜!




レコメン、最後のリスナーの28歳OLさん、おもしろかった!

彼氏をヒナだと思い込んで付き合ってるって。(気持ち、よ〜くわかる)

キミ君からヒナの電話番号200円で買わないか?って。

安っ〜!!こんなにもヒナにぞっこんのひとみさん、ナイスでした。

今日のMステ、ヒナがピースしたらひとみさん大喜びだね。



最近、前にも増して、娘がミスチルにはまってて、ライブのDVD見たり、PV見たり、ニコニコ動画見たり

ほとんどミスチル色です。そんで「桜井さん、愛してる〜!」とか「ギリギリガールズになりたい!」とか

叫んでます。

お〜い、たっちょんは?忠義さんは?お母さんは寂しいよ・・・。


と、そんな中、PV見てたとおもったらいきなり

「薫はおれの女房だ!」というからくり屋の源太の声。


は〜い、復活!「うぉ〜」ともだえて転がってました。その後は私にいろいろキミ君の画像をくれてめでたしめでたし。

いそがしい人です。

酸性雨のPHは? 

February 01 [Fri], 2008, 10:08
 小学校の理科や家庭科でPH(30年位前はペーハーって習いましたが、現在はピーエイチでもペーハーでもどちらでもOKらしいです)について習いました。そのなかでレモンのしぼり汁をなめてみると“すっぱい”味がして石けん水は、ヌルヌルして、なめると少し“にがい”味がすると習ったような気がします。定義では酸とは,「水素イオン(H+)を生ずる化合物」であり,降水中の水素イオン濃度を表す指標がpH(ピーエッチまたはペーハー)です。きれいな水に大気中の二酸化炭素が十分溶け込んだ場合のpHが5.6であり,それ以下の場合は大気汚染物質由来の酸、硫黄酸化物や窒素酸化物などが入っていると考えられるそうです。日本の場合、工場からの煤煙より自動車などによる排ガスによる影響が多いようですが。アサガオの葉っぱで酸性雨の影響を調べる実験があるようですが・・
 これがひどくなるとヨーロッパのようにシュバルツバルト(黒い森)の被害など生活にも影響が及ぶ可能性があります。アジアでは新興工業国特に中国、インドからの排出ガスによる影響が問題になっています。中国では内陸部で算出される硫黄分を多く含んだ石炭を使って発電しているので影響は甚大です。(日本の石炭火力発電所のように脱硫装置を取り付けてはいないようです。)
 話は変わって、大気からではなく排水からの影響では、工事現場からのコンクリート片を含んだ排水では川の水がアルカリ化することがありますし、めっき工場からの排水で川の水に酸が流れ込み魚などの生物が死んで浮いてしまうこともあります。測定する時間を決め定期的に計測する方法ですと常にその現場に人が張り付いていなければならないなど手間と時間がかかります。でも、pH自動測定システム(水質モニタ)だと計測機材を設置すれば、事務所のPCでデータを確認することが出来ます。また、PHだけでなく濁度等も計測するセンサーを追加することが出来ます。工事関係の方もしくは学校関係の方で継続的にデータを計測したい方はぜひご検討を。
  
 

わかるだろうか。 

January 18 [Fri], 2008, 4:12
口がうまいやつが世界を制す。



と思う。



世界を制す、というのはあまりにスケールがでかく曖昧だが、



その当人が「制した」と言い、周りのやつを納得させることができたら、



それは世界を制した、ということだ。これ以外に世界を制す方法はない。



説得させられるか否か。



これは口のうまさで決まる。



行動力やその結果などは二の次。




ちなみに、自分は口のうまさに長けていない。





そう自覚するやつは必ず口下手だ。





悲しいが、事実。




※口のうまさ=説得力=誤魔化しのうまさ=うまい嘘をつく発想力

ふがぁ〜〜 

January 12 [Sat], 2008, 23:06
             今日も食べて食べて食べまくりました!

             朝から大家さんのところの3人ギャングが

             襲撃してきたし、暑かったし・・・

             流石に疲れちゃった(^^ゞ

             おやすみ〜

総領のご登場は??? 

December 30 [Sun], 2007, 8:49
今年12月にキッズステーションで放送予定の、
『遙かなる時空の中で3 紅の月』!!!!




ネオロマサイトに行ったら、
「スタッフ&キャスト情報更新」ってあったので、早速見てみきました〜〜〜☆





<キャスト>
春日望美:川上とも子、有川将臣:三木眞一郎、源九郎義経:関 智一、
ヒノエ:高橋直純、武蔵坊弁慶:宮田幸季、有川 譲:中原 茂、梶原景時:井上和彦、
平 敦盛:保志総一朗、リズヴァーン:石田 彰、梶原 朔:桑島法子、白龍:置鮎龍太郎

平 知盛:浜田賢二、平 経正:花輪英司、平 惟盛:松田佑貴、
北条政子:川村万梨阿









'''ぬぬぬぬ・・・やはり泰衡サマは出ない方向・・・??'''






誰ルートで物語が展開するのかも気になりますが
(私的には九郎さんルートがいいなぁ♪好きだ〜〜この子♪)、
泰衡サマの登場の有無、泰衡サマが出れば銀も出るだろうし・・・銀泰・・・
そことっても重要なんです!!!




はう〜〜やっぱ十六夜記の話は入ってこないのかな。
せっかくアニメになるんだし、泰衡サマのお姿を拝見しとうございます!!





なので、私のために平泉に行ってください、神子!八葉のみんな!!(また無茶を・・・)







そうだ、十六夜記・・・やんなきゃ・・・!!
泰衡サマ、待っててくださいませ〜〜〜♪今逝きますからぁぁぁ!!!

木曜日の見学 

December 15 [Sat], 2007, 9:34
先週の

オー!マイキー 

December 08 [Sat], 2007, 6:03
某動画サイトに投稿されているのを見てはまってしまいました。

マイキーは人形劇(?)です。
日本に住んでるマイキー一家の普通の(?)日常を描いています。
一話3分くらいの短編なので見やすいと思います、

しかし、このマイキー・・・
・・・かなりブラックなネタ、下ネタ多いです(汗
少なくてもゴールデンタイムでは放送できないです。
はっきり言って、好き嫌いが分かれる作品だと思います。
・・・ネタがブラックなギャグ漫画日和って感じですかねぇ
 

1st International GI Meeting in Bangkok 2007/10/13 

December 02 [Sun], 2007, 17:04
 今度はバンコクである。Sanofi-aventisのグローバルからの依頼で、主に胃癌に関する教育講演会を行いたいとのこと。Ajaniが chairmanで私とオーストラリアの John Zalcberg が co-chairperson。10月13日の丸一日で行うことに。午前中は私が Co-chair、午後は John が Co-chair。私は case studyで前回のISGIOと同じ Peri-operative chemotherapyの症例提示を合わせて行うことになっている。

 成田発11時前のANAで6時間でバンコク着。昼酒でぐっすり眠っていい気持で到着するが、蒸し暑い。今年の日本は夏が長く、ついこの間まで30度以上の日が続いた。9月末のPhiladelphiaは暑かったり涼しかったりして帰国するとすっかり秋になっていた。それが、今度はまた夏に逆戻り。体調が心配。2時間の時差が微妙に堪える。空港からの車窓に田園風景を期待したが、高速道路は日本と同じ左側通行で違和感なし。さすがに街中は雑然として、屋台やら、三輪車やらがタイらしい。ホテルはRoyal Orchid Sheraton。今度は喫煙可能で一安心。

 スライドプレビューをしに、会場に行き持参したスライドを出そうとすると、既に向こうで用意したものがある。症例は46歳のフランス女性・・・・。内容も全て向こうで作ったもの。そのスライドを見せて貰い、スペルをフランス語から英語に直す作業をする。訳の分らないスライドは破棄して貰い、シンプルにする。これで明日ケーススタディーをせよとの事。プリントアウトしたものを欲しいと伝えるが、結局貰ったのは翌朝、会が始まってから。厳しい。うっかり他の人には頼めない。英語力だけではなく、度胸も必要な世界である。

 Faculty Dinnerに街中に出る。Chairmenと日本からの佐野君を含めて10名で、王宮料理。全て美味しい。うちのカミサンはパクチーが駄目で今回はパス。辛いものは辛いなりに美味しいし、パクチーの香りも悪く無い。テラスでの会食だったが、突然雷雨がある。席の半分が雨に当たるため、John夫妻は中へ入ってデザートになる。
 われわれの席の後ろは日本人グループ。明らかに現地のオネエサンを同伴してベタベタにくっついている。国辱者!だが羨ましい。それより気になったのは白人のオジサンが若いタイ人の男性と親密に食事をしていること。いずれにしてもここは男性天国なのだ。一旦ホテルに帰り、Ajaniと街へ見学に。とにかく雑踏は想像以上、治安がいい訳は無い。あちこちでポン引きのアンちゃんが活躍している。しかし、新宿あたりに比べればヒトは良さそう。ビール1本100バーツと念を押して一軒のバーへ。オネエサン達が番号札を付けてテーブルを囲む。いやあ美人も結構いる。もう5年若かったら命を掛けてしまうかも。しかし、テーブルも椅子も何となくベタベタして気持ち悪い。オネエサン達も汗くさそうで戦意喪失。明日はぶっつけ本番なのでタクシーを捕まえて貰う。タクシーの運転手がホテルまで150バーツと言うので、「NO!100バーツ」と言うと、OK、OKとすんなり了承。値切り成功も、日本円で550円を380円にしただけ。この物価の差がカルチャーショックである。日本人や西洋人がタイで殿様遊びが出来るのはこの物価の差。これでいいの?と悩んでも、これが現実。ただタイの人は仏教のせいか、今日のこの日が良ければ、今日の自分が楽しければいいのだとか。考えたら寒くて死ぬわけでもないし、飢え死にするには食料は豊富過ぎる。ニューハーフが異常に多いのもそのためか?

 朝8時30分から GI Meeting。参加者は中国が最も多く、マレーシア、シンガポール、香港、台湾、地元タイ。日本からは、藤井、大津、佐野と馬場、小松、朴。佐野君以外は皆んな深夜に到着、朝から会議に出席している、ご苦労さま。会の形式は基本的にISGIOと同じで、小講義と症例検討。アンサーパッドはここでも大活躍。佐野君のアジアの胃癌のepidemiologyは最高に面白い。Sanofi-aventisの関係者が国際胃癌で聴いて感激し、今回特別に来て戴いた。更に午後の胃癌手術の話も面白く、英語は完璧で、アメリカから参加のPhilipより上手と褒めたら、Phillipは元々イラン人だとのこと。成程。

 とにかく無事終了。私とAjaniのセッションに質問が多く時間もぎりぎりであったが、概ね評判も良く、次回もアジアの何処かでの開催が決定した。

 夜は、リバークルーズでのディナー。日本人御一行様はまとまってテーブルに着き反省会。旧名メコン河はチャオプラヤ河と名前が代わったが茶色の水は何となく戴けない。歌手が入ってやかましい。食事はバイキング形式でまずます。ライトアップされた歴史的建造物が河から眺められるこのクルーズは一度はお勧め。船の揺れでいつもの倍酔う。下船後、Ajaniから街へ誘われるが「リタイア」と返事。今度は京都での再会を約してお別れ。

 翌日は、日本人御一行、早朝に帰国した大津、朴を除いて、市内観光。暁の寺、王宮、エメラルド寺院など近場の観光スポットを見学し、昼食はタイ式しゃぶしゃぶ、これも美味。みやげもの屋に案内され、カミサンにシルクのパジャマを購入する。私以外はタイ式マッサージに行く。(非常に気持ち良かったとの話。帰りに靴がゆるゆるになる程だったらしい。ちなみに健全なマッサージです。日本人の女性観光客に人気との話。)

 23時台出発のANA便で成田へ翌朝8時。日本の気温は18度。この寒さに目が覚めてそのまま仕事に。

起業塾5日目 

November 28 [Wed], 2007, 9:02
さて、早いものでもう半分終わりました。火曜と木曜が楽しみで仕方ないのですが、こんな美味しいことはそうそうないですからね。しっかり勉強したいと思います。

今日は7つの切り口というテーマで話を聞いてきました。現状を打開するためにはどうしたらいいか。闇雲に考えても方向性が見えない。そういった時に使うといいツールです。

ここではあまり詳しくお話ししませんけど、要は「今の状態を疑ってもいいんじゃないか」ということです。確かに数字でうまくいっていたとしても、同じ状況で同じ利益がこれからずっと続くはずがありません。変化を付けて企業としての生き残りをどうするか。少なくとも経営が軌道に乗るまではうかうかしていられません。

ある程度結果が出てしまうと、それに胡座をかいてしまいがちですね。それでは失速が目に見えています。そうではなくて、常に「この方が面白い」とか、「こうしたらもっと注目を浴びるかな」とか。邪な視点でもいいんですが、持っていると役に立ったりするんだよ、ということですね。

邪というのは私にぴったりかもしれません。(笑)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rtisdo1953
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像花鳥風月
» カフェ モンスーン (2008年10月21日)
アイコン画像真那斗
» カフェ モンスーン (2008年10月18日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» カフェ モンスーン (2008年10月14日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» カフェ モンスーン (2008年10月10日)
アイコン画像猫男爵
» カフェ モンスーン (2008年10月08日)
アイコン画像チャーリー
» カフェ モンスーン (2008年10月05日)
アイコン画像はにまる
» カフェ モンスーン (2008年10月03日)
アイコン画像ikumi
» カフェ モンスーン (2008年09月28日)
アイコン画像ゆりり
» カフェ モンスーン (2008年09月25日)
アイコン画像南雲
» カフェ モンスーン (2008年09月22日)
Yapme!一覧
読者になる