上村学園を奨励するためにシング

January 09 [Mon], 2012, 18:50
上村学園を奨励するためにシングルの競争の中で7月9日に送別会には、串木野市の学校と一学期です。開会式の前に国旗を使用することを選択、チームのメンバー21の新しい感覚は、最後のスプリントに、開いて奨励することです。 T.徳永船長の旗の手に残るお別れ●上村学園の選択、ディレクター恒雄山本、あなたは多くの良い、みんなの歓声と考えることができる再生するために、と挨拶。キャプテンT.徳永、勝つために勝利、と大声で発表しました。ゲストでは、代表取締役社長小倉宏高野さえ恒憲は、他の激励旋風を上昇してください。さらに、各選手、コーチ、そしてあなたの名前は、プレイヤーの導入に山本であるバラ元気にそれぞれの場所と名前を迎えた。前の送別会に、フラグの式典を選択しました。鹿児島県、局のディレクター、さらに何千マイルもの太平山高野の会長は、小倉はキャプテン徳永裕之上村プリンシパルに引き渡される。フラグは、すべての参加校、および交渉に入るために学校の名前に発表された。ロゴへの冒頭で、オープニングセレモニー。 8月13日の会議は、描く。練習試合で関西に到着した15選手は、行われ、開口部21を待っています。学生の応援バスは13日、最初のゲームの前におきます。都市別れは、その後串木野●、ガイドの用語が主催する送別会を与えられ、約200のプレイヤーへの市民を奨励された花束をホスティングキャプテンT.徳永市文化センターであります。市長S.田畑は、私たちの目標は優勝するために串木野市に来て、青紫色マークの未来の勝利をバックご持参ください、言った:励ましの言葉を。山本監督は私は強いチームに勝ったというスローガンの下、甲子園行くをつかんで、あなたが勝利するために戦う。と誓った。徳永船長が花束を受け取った、甲子園のゴールで初勝利は、王冠への意欲を燃やしていると歓声に答えた。 2009年3月10日のローカルバージョン
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rtgsdfe
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rtgsdfe/index1_0.rdf