t11気持

June 26 [Wed], 2013, 14:04

「待つ」気持ちを駆り立てたもう一つの要素は、長く読み継がれてきた作家の著作権切れだ。
2013年には、吉川英治の著作権が切れる。ならば、三国志や宮本武蔵、私本太平記などが、青空文庫で読めるようになるのではないか。ロンシャン 刺繍 バッグ
柳田国男も切れる。では「遠野物語」も。雪の研究で知られる、寺田寅彦の弟子の中谷宇吉郎。室生犀星、正宗白鳥、翻訳でたくさんの仕事をのこした妹尾アキ夫も。
こうした記事が何度か書かれ、twitterや掲示板で注目を浴びた。
1998年の織田作ロンシャン 折りたたみ
之助、横光利一。1999年の太宰治。以来、堀辰雄、坂口安吾、神西清、久生十蘭と、文体に古さを感じさせない作家のロンシャン
著作権が切れ始めていた。
だが、吉川英治への期待ロンシャン バッグ
は、明らかにこれまでのレベルを超えていた。
著作権保護期間がこれまでどおり、死後50年に保たれれば、2014年には、野村胡堂。2016年は、江戸川乱歩、谷崎潤一郎、中勘助。2018年には、山本周五郎が切れると、話題は将来の期待へもつながっていった。
ロンシャン プリアージュ
青空文庫のトップページには、元日にだけ、新しく著作権の切れた作家を歓迎する、「Happy Public Domain Day」のロロンシャン トラベルバッグゴを掲げる。
吉川英治は、まず「私本太平記」から始める。続いて、「宮本武蔵」「鳴門秘帖」と、進めるつもりだ。校正がすめば、「三国志」も公開できるだろう。柳田国男、室生犀星、中谷宇吉郎にも、早めに公開できるものがある。http://www.long-champtop.com/

どうぞ、読んでほしい。

昨年、電子書籍の専門ストアーに、青空文庫のファイルが移されると、「収録冊数の水増し」となじる声が上がった。仲間内では、以来、青空文庫を「水」と呼ぶことが流行った。ロンシャン トート

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rteyis
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rteyis/index1_0.rdf