佐竹とアンパンマン

June 16 [Fri], 2017, 21:09
インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯づくりを指します。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

大至急歯科医にかかってください。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。

入れ歯に比べ、インプラントではより自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。

抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。

最近話題になることも多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、難点もあるということに気を付けてください。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:遥香
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる