准看護師問題とは

June 24 [Mon], 2013, 15:27
看護師の働き方を考えるうえで考慮に入れたいのが、看護業界の長い歴史のなかで解決されてこなかった大問題「准看護師問題」だ。看護職のなかで、看護師は09年で95万4818人いる一方で、准看護師もぬ万4430人と看護職の約3分の1を占めている。准看護師とは、1951年に暫定的に作られたものである。

まだある、看護師の仕事
看護師と准看護師では看護を学ぶ年数が違うので、やはり「看護師の方が看護について、学校や養成所でよりしっかりと学んでいる」というのは事実だ。看護師よりも看護についての知識や技術が少ない准看護師がこなすというのは、やはりリスクがその分高くなるのは否定できない。看護師が不足する現場では看護師と同じ業務をしながら賃金格差をつけられてきたという。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:真理
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rt6f49hmn/index1_0.rdf