ルー台風がアオドウガネ

February 12 [Fri], 2016, 15:17
気になる看護師の平均年収は、あれほどの激務にもかかわらず、それほど高額ではないのが実態のようです。


そのため、いつもよりよい賃金を支給してくれる勤務先を希望して転職活動中の人がいます。

月収が良い病院は、やはり人気で稀にしか空きが出ないため、看護師専門の転職サイトなどを使って、転職のために活動している方も珍しくありません。看護師の勉強をするための学校には大学と専門学校という二つがあります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。それに対して専門学校は、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。



加えて、学費の面についても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。



常にナースはスマイルを欠かさないことが大事なのです。
病院に来る患者さんは心配を抱えているということが多数であったりします。
笑顔の看護師さんをみると、心配を忘れられます。
常にニッコリ笑って来院者に接するように心がけましょう。仲のいい叔母が、とうとう離婚をしてふるさとに戻ってくることになりました。久々に会うことになった思っていたより叔母は元気そうで、「私には看護師資格があるんだから、どんなところへ行っても仕事に困らない。
あんな男の世話になんかならなくても十分生活できるわ」と笑顔でした。


一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。

とはいえ、出戻りがしやすいかどうかというのはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。

結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。



こういった事例は増加しています。

諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして出戻ってきて、働く人も増加中です。



看護師は医師からの指示により医療行為を行う場合が多いですが、簡単な医療行為であれば、医師の指示がない場合でも行うことが可能です。



だから、老人ホームなどという福祉施設に看護師の人がいれば、本当に心強いと感じられます。


ここ数年はより一層、看護師の数が足りなくなってきていると言えます。看護師の免許を持っていても、看護師をやっていないというケースは少なくありません。では、看護師不足の原因はなんでしょう。



それは、看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。
実際の離職率はどのくらいなのでしょう。

なんと、常勤看護師で約11%にも上るのです。
女性の方が多数を占めている職場ですから、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。ところで、看護師の外来での仕事というのは、病院を一度でも利用したことがある方なら知っているように、注射や問診、点滴、血圧測定といったことを行ったり、医者の指示に従い、患者に処置を行います。

また、手術や検査などのときの移送も看護師がやるわけです。看護師は患者さんと一緒にいる時間も多く、病気を治すだけでなく精神面でのケアも行っていく必要があるでしょう。看護師といったら、昔はほとんどが女性の職業でした。
でも、今では看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性が働くことも多くなってきました。
実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。女性の持つ優しさだけではなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、これからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。
求人情報誌で探す利点は、転職先を手軽に探せることです。
小売店などで購入して、一人でのんびりと求人に関する情報を収集可能です。でも、正社員募集もないわけではありませんが、アルバイト、パートのような臨時雇用の求人が多数です。さらに、雇用条件と職場の雰囲気がわかりにくいです。
今の時代は人手不足や若者が減ったことによる病院に来る人が増えた影響で、看護師の1人当たりの仕事の量が多い傾向があります。
忙しさを解決するため、人が足りなくなっている病院に余裕がある別の病院の看護師を派遣し、負担を解消したり、患者への対処が遅れないように心掛けています。

国家資格を有した正看になるためには、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが必要不可欠になります。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通って勉強する人もいます。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信で学べる学校もいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、大半の看護師は病院で働いています。ですが実のところ、病院という職場以外の場所においても、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。
こうした職場で看護師として腕を振るう人もじわじわ増えています。



こうして、病院に限らず働く場所も多いですから、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにしてより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。看護師の世界で通用する、業界専門用語の一つとして「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?食事をとってきます、と仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち使用している現場は多いようです。

ところで、エッセンという言葉ですがこれは、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。一昔前、医療の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、現在までその習慣が微かに残っていて現在に至っても普通に使用されているようです。
病院に向かうと次々と患者の方がくるので、看護師さんは常に忙しい様子です。手際よくされていたり、大きな声で名前を呼んだり、患者の方に説明したりと、しっかりしていなければこなせないかなり大変な職業だと思います。

とはいえ、その代わり、やりがいのある職種だと思いました。

病院で働く看護師は、病気を抱えた患者と関わることが多いので、不信感や不安を与えないために、髪形に注意しておきましょう。看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、清潔感を第一にすることが良いでしょう。

また、病院によっては、ルールがそれぞれ異なるケースがあると覚えておいた方が良いと思います。


看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、6月、1月あたりが狙い目です。



ナースの手が足りない職場はたくさんありますが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、熟慮していくのがよいです。


急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで控えるのがよいでしょう。


ナースは病棟の仕事仲間と飲みに行くことがあります。常にイレギュラーが発生する職場なので、全員出席することはあまりありませんが、都合を合わせてみんなで飲みに行きます。

病院での出来事など共通の話題や共感することが多く、ストレスが解消されて飲み会は明るい雰囲気です。

学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、どこに配属されるかは大変気になりますが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるような病院もありますし、人材を管理する人の胸三寸で左右される場合もあるかもしれません。

望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、充分に考えられた配属であることが殆どです。
もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。

看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、やっぱり、もしも離職している期間があっても、また看護師に戻れるという点です。

なぜそのようなことが可能かというと、看護師の職業が専門職であるからという理由と現場の人手不足の問題が深く関与しています。



どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ状況次第でたとえ50代でも看護師として再就職が出来るのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rt0thsantehees/index1_0.rdf