成功報酬の場合気を付けるべきなのは

March 08 [Wed], 2017, 18:19
成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間しかなかったとしたらその3日間だけ浮気をしていなければその調査は成功としてあつかわれてしまいます。

本当は浮気をしているという場合でも、調査中に浮気が見つけられなかったら、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、専門的な調査は完了となり、事前にヤクソクしていた成功報酬を支払うことになるのです。



動きを記録しておくことで浮気の根拠を示せることもあるでしょう。大抵、人の日々の動き方にはパターンができてくるものです。しかし、浮気すると、行動のパターンが変わります。

その曜日や時間帯に着目し、確認できたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の証明ができる可能性が上がります。

問題なく探偵が調査をしていても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーが警戒心を抱くことになって浮気調査が難しくなり、失敗に終わる場合もあるでしょう。



探偵が浮気調査をする場合、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。

充分な調査が出来なかったときの費用についても、調査を初める前に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。パートナーの浮気リサーチを探偵に依頼する際には、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間をあらかじめ打ち合わせをしておきます。


探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、調査期間が長期になればなるほど請求される調査費用も多額になります。探偵業者によって、利用する機械や調査員の手腕には違いがあるでしょうので、周囲の人の評価なども調査していくとよいでしょう。レシートとかクレジットカードを見ると浮気のことがわかるものをつかむ事もできるはずです。
まず、いつもなら好んで行くことがないようなコンビニエンスストアのレシートをしばしば視界に入ることが多くなったら、その周辺に普段から何回も行っている事になります。
その場所で監視していると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかも知れません。


GPS端末を使い、良く通っている地域の情報を得て、その近所をウロウロしていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。
懐具合が心もとないときには、GPS端末でたち寄る場所を調査するのも、方法の一つです。
その機械を付けている事が発覚することがあるでしょう。


パートナーが浮気していると分かっても別れたくなければ密会の場面に行こうとするのは避けましょう。

浮気している事が明らかになってしまった場合には配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまうこともありえます。


加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に追い詰められてしまうかも知れません。
探偵の場合には、人に怪しまれることのないよう慎重に慎重を重ねて目立たないように調査を進めるのに対して、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、先に自分の所属を明かして表立った調査をしているようです。

目的の人物の動きを掌握するのは探偵の方が上手に、他方、情報を収拾するような調査は興信所が得意と考えることができます。
コミュニティ型のWebサイトを通じて浮気の事実が明るみになることもあるでしょう。

コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるので相手も思いがけずに、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事がありがちでは、ないでしょうか。

中には、浮気をカミングアウトする様な証拠をインターネットに書き綴っている人もいるのです。相手のアカウントをしることができるなら調査してみてください。時間単位での尾行料金が設定されている場合、尾行をする時間が短い方が、少ない費用になります。と言うことは、尾行を探偵に頼むなら、日頃のパートナーの行動パターンを調べておくことが重要です。その中で、最も怪しい時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、探偵にも余計な労力がかからず、お互いにとってメリットのある依頼になります。ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行って修羅場と化すシーンは、小説やドラマでしばしば目にします。
夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、殺人にまで到ってしまうプロットもサスペンスにはありがちです。



配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのもやり方の1つでしょう。



離婚も辞さない覚悟なら、やってみる手もあるでしょう。食事をした際の請求書には定食の数からともにいた人の数が掲載されている可能性があるので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。
ほかに、クレジットカードで決済した時は月ごとに点検するようにします。出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、誰かほかの人とともにいたと判断される事があるでしょう。探偵による調査は高額ですから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、いざ、自分がしてみると失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので楽なことではないといえます。

気付かれてしまえば相手も対策をとるので、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかも知れないのです。

絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、その道の専門家にちゃんとおねがいして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。

慣れないことを自分でやるよりは、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。探偵に依頼する方が、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。
自分で手を尽くして調べてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。
だからといって、パートナーを責めてみても、頑として浮気してない、と言い張ったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。

有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。
法律的に、結婚している男女が婚姻関係にない人と自分から男女の関係にいたることを不倫といいます。



と言うことは、法に従えば、肉体関係を持っていない場合には、食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではないのです。



個人で男女の関係を実証することは難しいかも知れませんが、探偵や興信所に内偵して貰うこともできます。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayano
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる