ちっさーだけど丹野

February 27 [Sat], 2016, 19:19
看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊であり、就職先によっても違います。現場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回しているという勤務先も多いものです。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。産業看護師は健康に働けるように従業員に保健の指導やうつ病防止のメンタルケアも行います。産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワーク等で見つけるのはほとんど不可能です。興味を持った人は看護師専用の転職HPを利用してください。転職サイトなら産業看護師の求人も数多く載っています。看護士だと、求人はたくさんありますが、希望に見合う条件の求人があることは少ないでしょう。看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいとほとんどの方が思っています。理想的な転職先で働くためには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。全国の看護師年収は平均すると、437万円くらいです。けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均593万円ほどになるのです。公務員看護師は給料が上がる率も民間より高く、福利厚生の点も充実しています。準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。看護師の夜勤は、16時間などの長い拘束時間となっていて、勤務中でも仮眠をとることが可能です。国の指針では、月に8回までとされていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。勤めている病院の勤務シフトによっては、規則的な生活を送れなくなったり、体調を崩しやすいのも、看護師を辞める割合が高い理由の一部かもしれません。看護師が転職をするには、将来のことを思い描いて迅速に行動することが大切です。そして、どんな条件を重要視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来の自分をはっきり想像して、その希望に合った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件もピックアップしておきましょう。看護師になるための国家試験は、年に1度開催されます。看護師の人数の不足が深刻になっているわが国にとっては良いことに、直近数年の看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保っています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をパスできれば合格可能な国家試験です。産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師のことをいいます。看護師と聞けば病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室を置く会社もあり、そこで仕事をしている人もいます。具体的な仕事内容やその役目は勤務する会社によって色々ですが、従業員の健康を守り、管理することは必ずすることだと思います。看護士を目指す理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを交えるとイメージが良くなります。転職の理由は今までに培ったスキルを活かしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。前の職場の批判や陰口は言わないようにしてください。看護師の資格を得るためには、何通りかの道があるでしょう。看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、すぐに受験することは認められません。試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護に関して学ぶことが必要なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心春
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rsuhstoicen0sh/index1_0.rdf