数日使ってみただけだが、確かにカメラに関しては今までのスマホカメラ

June 15 [Wed], 2016, 15:41
 数日使ってみただけだが、確かにカメラに関しては今までのスマホカメラとの違いを実感できた。なんちゃってカメラマン気取りで、ついいろいろ被写体を探してしまったくらいだ。
グッチiPhone 6sケースまた、使ってみるとその写真を表示するディスプレイの発色、鮮明さにも驚いた。サイズに関してはちょうど握りやすい大きさだし、全体的な佇まいもカメラ部分の出っ張りがないことで想像以上に美しく感じる。
iPhone6ケースメタルボディーと相まって、意外と滑る点は逆に要注意だが、総じて、パフォーマンスの高さと、他の中国メーカーとは一線を画すファーウェイ端末のクオリティーの高さを感じられた。気になる価格だが、ヨーロッパでのSIMフリーモデルの価格は、P9が599ユーロ(メモリー3GB/ストレージ32GB)と649ユーロ(メモリー4GB/ストレージ64GB)、P9 Plusが749ユーロ(メモリー4GB/ストレージ64GB)と、やはりそれなりのお値段はする。
iPhone6ケースグッチ

 発売日はP9が4月16日から、P9 Plusが5月20Appleは3月31日、日米などで「iPhone SE」を発売した。Appleが4型ディスプレイのiPhoneを“復刻”するうわさは以前からあった。
iPhone6sケースというのも、画面が4.7型に大型化したiPhone 6/6sは便利とはいえ、片手操作には大きすぎると思うユーザーが多かったためだ。

【分解したSE】メイン基板の大きさは板ガムを少し大きくした程度

 SEは多くのユーザーに歓迎されているようで、店頭で在庫切れになるなど、売れ行きは好調なようだ。
超人気iphoneケースなお、モデル名の「SE」とは「Special Edition」を意味するという。

●外観は確かに同じ

 iPhone SEと2013年に発売された「iPhone 5s」を比較すると、SEの外観はまさに5sの復刻版そのものだ。
シャネルiphone6 ケースアルミ合金製の筐体は2機種とも、幅58.6ミリ、高さ123.8ミリ。奥行きはSEが7.8ミリと、5sの7.6ミリから0.2ミリほど増えているが、ほぼ同じといえるだろう。
iPhone6ケース重量はSEが1グラム重たい113グラムだ。

 アプリケーションプロセッサの「A9」や約1200万画素のアウトカメラは最新のiPhone 6s/6s Plusと同じものが使われている。
超人気iphoneケースまた最近のiPhoneではおなじみの指紋認証センサー「Touch ID」対応のホームボタンも採用されている。

 SEのバッテリー容量は1624mAh。
iPhone6ケース香水風ボディーが小さいため、6sの1715mAhよりも少ない。一方、同サイズである5sの1560mAhより多少増えた。
iPhone6ケースグッチ5sの登場から2年半がたち、プロセッサもA7からA9に進化。配線の微細化や省エネ特性の増加により、3Gでの通話時間が5sでは最大8時間程度であったのが、SEでは12時間(LTEの場合は13時間)に増えている。
ルイヴィトンiPhone6ケースなお待受時間は6sとSEが約240時間、5sが250時間と違いがある。

●6sから間引かれたもの

 SEの通信用ICは2014年に販売されたiPhone 6で採用されたものと同じで、LTE環境での最大通信速度は150Mbpsと6sの半分だ。
iphone6ケースLTEの周波数を束ねて通信速度を高速化するキャリアアグリゲーションも対応していない。またWi-Fiでは複数のアンテナを使うMIMOも採用していない。
超人気iphoneケース

 しかしこれらは自動車でいう最高速度の差であり、通常の環境では大きな差にはならないことが多いだろう。また対応バンド(周波数帯)は6s/6s Plusと差がないが、5sからは大幅に増えている。
グッチiPhone 6sケース

 SEには6sでいまひとつ好評でなかった「3D Touch」を実現する感圧センサー(容量性センサー)も搭載されていない。このセンサーは原価が9〜10ドル程と推定されており、かなりのコスト削減効果になったと思われる。
iPhone6sケースグッチ

 SEに搭載された液晶パネルは5sと解像度が全く同じだ。解像度は640×1136ピクセルと変則的で、最も近いHD表示(720x1280ピクセル)よりも低い。
iPhone6ケース シャネル風しかしAppleが「Retina」(網膜)と呼ぶグレードで、画像の目の粗さは人間の目では認識できないレベルといわれる。もっとも、あまり小さなディスプレイに超高精細な液晶パネルを積んでもあまり意味はなく、Retinaであればこれで十分という判断なのだろう。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー

●技術的に興味深い点

 最近のiPhoneを分解すると、基板上に白いICが多く見られるようになった。こんな見えないところにもAppleが得意とするファッション性が……と思っていたがそうではなく、技術的な意味がある。
iphone6ケース

 国内の材料メーカーによると白色ICの表面には銀が使われており、電子部品が発する電磁波ノイズを遮断する効果がある。個々の部品がノイズを抑えることで、通信機に広く使われている電磁波シールド用の鉄板が不要になり、端末の薄型化に貢献する。
iPhone6ケースグッチかなり前の機種から“白い部品”になった無線LAN/Bluetoothモジュールを見ると、確かにこのICだけは基板の端に位置しており、鉄板シールドに覆われていない。

 過去の一部機種では、写真や音楽を保存するフラッシュメモリの表面が銀色になったことがあった。
iPhone6ケースヴィトン風SEでは通信部の信号増幅用IC(パワーアンプ)等に少しずつ採用が進んでいるが、ノイズ遮へいシールドを必要とする従来タイプのICも多く、これらが全て“白く”なるまで鉄板シールドは必要だろう。
日とのことだが、残念ながら4月16日発売の第一陣に日本は含まれていなかった。
ルイヴィトンiPhone6ケースとはいえ、端末の言語設定には日本語もちゃんとあったので、今後日本への投入にも期待したい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rysey
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rsfesee/index1_0.rdf