ホトだけど谷藤

April 07 [Thu], 2016, 16:45
よく業界用語ってありますよね。
仕事を円滑にこなしていくためといった理由である業界でしか通じない言葉が使われています。
医療の現場で働く方でも同じようにその職にしか、使えない言葉が使用されています。

例えば、心マは心臓をマッサージすること、ギネというのは婦人科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、多くの業界用語を使用しているのです。

看護師というのは寝返りを打つのが困難な患者さんへの体位を変えることや、食事を一人でできない患者の介助、排泄の介助などの体力が必要な仕事も多くあります。



その間であっても、ナースコールがあれば、速やかに応対しなければなりません。おまけに、入院中の患者がちょっとでも良い入院生活を送ることができるように考えていくことも看護師の仕事のうちです。
一般的に、看護師という職業は収入の面で恵まれている印象を受けます。



現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な仕事ですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均的に高水準を維持できることが看護師の特徴だと言えるでしょう。景気に左右されないのも強みでしょう。



高給が約束された安定した業種としては魅力のある職業だと言えます。看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志願の根拠です。どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのはたやすくはありません。
高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが労働条件のメリットを出すよりは、看護職の能力をさらに深めたい等、将来性を連想させる志願内容が比較的採用に結びつきやすいと思います。准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、看護の専門学校や大学等を卒業することが必須です。

そもそも、卒業が受験資格になっているのです。

とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校があるほど、難関なのです。



もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信教育課程もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。
看護師の存在は、医療機関にとっては無くてはならない貴重なスタッフでしょう。
ところが、一般的に、看護師の待遇というのはそれほどよくありません。

看護師は夜間の仕事もあり、逆に、休日が少ないといった過酷な労働環境が多いにもかかわらず、給料の金額はそんなに高くありません。
看護婦の仕事を辞める割合が高いのも、当たり前でしょう。看護師の仕事をしていく中でもちろん辞めたくなることも往々にして起こります。
お仕事に関する失敗だけでなく時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。
しかし、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと実感することも多々あるのです。

時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によって日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。



「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。


漢字だと、こうして二種の字で表せます。

昔は看護士と書くと男性を、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。2001年の法律改正を機に、女性にも男性にも使うことができる「看護師」として一本化されました。看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。
女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすく何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。
慣れていないと、そんな環境に少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。

どのようなやり方だと、希望に近い条件で看護師が他の職場に変われるかですが、専門の斡旋業者に依頼するのが最も早くて安心できる方法なのです。



ネット検索を試してみると、様々な転職サイトがみつかりますから、そこで情報を入手するのが近道になるでしょう。

同時に、いくつかの看護師転職サイトに登録することもできるので、とりあえず登録してみてください。看護師は医療ミスになるような行為を行っていない思われている方が少なからずいるかもしれません。

よくお医者さんによる手術の失敗がニュースになっていたりしますから。ただ、注射や点滴を打ち間違ったり、最悪の事例だと、訴えられたりすることもあるのが看護師です。病院内での看護師長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。

課長職といっても年収も中小企業と大企業では全く違うのと同様に、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。



または、公立と民間、地域によっても差があって、ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、大体750万円くらいになると想定されます。
転職を希望する看護師の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。



働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、結果として、求人が大変多いわけです。

例えば今現在、勤め先でハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。

もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、病院などの医療の現場で働く人々がより多く輩出されなければならなくなるでしょう。したがって、現時点で看護師不足の状態なのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、いまだに看護師不足が叫ばれているのは働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが要因となっています。

スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったことは、看護師という仕事柄あり得ません。なので、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。



人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として転職を考え始める人もいるようです。


大学病院など、高度な医療を行なうところで腕を磨きたいという気持ちからくる、大変に積極的な仕事の選び方です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒヨリ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rseltn8iogrspr/index1_0.rdf