奥田健治で末吉

February 02 [Tue], 2016, 19:49
看護師にとって仕事が簡単な病棟としては、採血室が一般的に知られています。透析、採血、献血など、特殊な仕事のみを行う配属先といえます。

身近な存在である献血センターもこの例に該当します。



基本、同じ作業の反復で採血のテクニックが上達しますし、人名にかかわるような作業もあまりありません。どの科でも採血を必要とする場面が多いので、どの科に配属されても役に立ちます。



きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、回復して退院した患者さんが、わざわざ改めて、病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。

また、特に患者さんのご家族から笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、看護師になって良かった、と実感します。
看護師の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。
そういう訳で、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、辞めてしまおうと考えるだろうと思います。
ナースは病棟の同僚と飲みに行くことがあります。急患が来ることも多い職場なので、全員集合はあまりありませんが、予定を合わせて飲み会に出席します。

普段言えない話も話せるので、ストレスが昇華されて飲み会は大盛況です。

お年寄り社会が進み、福祉の現場でも看護師たるものは増加してきているのです。



さらに巨大企業にもなると医務室には看護師がいて、健康面やメンタル面における相談についてのケアをしているそうです。

これらのことは、その会社の社員になるということもあるかもしれないでしょう。マイナビ看護師は、転職サイトでよく知られているマイナビの姉妹サイトで、看護師用転職サイトですから、知名度、そして、信頼度についてはいうことはありません。
そのマイナビグループの人脈がありますので、国内の看護師求人情報が網羅されており、役立ちます。地方にいる方の転職や地方に転職したいと思っておられる方にも、重宝されている看護師用転職サイトです。

看護師になるための手段として、大学と専門学校という二つがあります。
大学の特色は何かというと最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点とより幅広く知識を修得できるということでしょう。その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。


その他、学費に関しても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。
医療に関わる職種の中でも看護師という職業は特殊な仕事と認識されることが多いですが、やっぱり、労働者の権利を訴えるような組織がなければ雇用条件において不利になることも生じて、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。
看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、雇用する側の人達がきちんとした配慮を行うことが大事なことだと思います。世間のイメージとは裏腹に、看護師の初任給は安いです。実際に入院してみて看護師が働いているのをみていると、深刻な患者が入院していない日には、一定の業務をこなすだけですが、その仕事内容も実はかなりキツイのです。
重篤なクランケが入院している場合には、さらなる激務となってしまい、精神的にもキツイことになるでしょう。
よく業界用語ってありますよね。

その理由としては、仕事を滞りなくこなすためなどでいろんな業界用語が使われているでしょう。

看護を職とする方でも同様にその職独特の言葉が使われているのです。

例えば、心マは心臓をマッサージすること、胸部の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、多くの業界用語を使用して業務を進めています。「看護のお仕事」が人気の理由は、やはり、転職が決まったらゲットできる転職支援金ですよね。いい条件で転職ができる上に、あわせて、なんと、支援金がもらえるなんて、いいことずくめですよね。
たくさんある看護師転職情報サイトの中でも好評なのは、こういったサービスも原因の一つといえるでしょう。看護師の資格を取得するには主に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。



カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。他方、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習時間が多く設けられているため、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが看護師です。

なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。
または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、それを活用できる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。



仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。

もちろん業務の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。
看護師の収入については、労働者全般と比べると、平均年収という点では看護師の方が上なのだそうです。慢性的に人手が不足している医療分野では需要はいつでもある訳ですから、景気に関係なく、収入が安定しているといった役得もあるようです。
ところが、高給を得られる職業ではありますが、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、看護師を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。


看護師というものは勤務する時間が不規則な上に厳しい労働環境であることなどが影響して他の仕事に移る人も結構いるということですが、看護師の資格を持っているということは意外といろいろな職種において有利な方向に働くことが多いでしょう。
例として、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。
いま日本においては、インドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。とは言え、日本語を使った看護師国家試験に仮に、3年かかっても不合格だった時には、自分の国に帰らなければなりません。

就労中に日本語を学び、また、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。

看護師さんはハードワークですね。

過労死を避けるように自らを気遣ったほうがいいかもしれません。

条件が希望に沿っていなければ職場を変えることを念頭に入れてみてください。



長期の治療を要する病気になれば、働くことも難しくなります。

自分の体調のことは他の誰も守ることができません。看護専門職が職場を移る根拠としては、ステップアップと説明するのが良策です。



たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、待遇が良くなかったといった、負の動機であった場合、不本意な評価をされかねません。

この場合は、仕事を変えたい本当の訳を真意は胸の内だけでよいので、ポジティブな印象を与える応募動機を述べるようにして下さい。
少子化と高齢化が同時に進んでいる日本で深刻視され続けているのが、医療スタッフの不足です。


大衆媒体でも深刻な問題として話題にされることが増えています。

ナースに憧れて難関試験を受験し、せっかく国家資格を取得したのに、職場を去る人が少なくなりません。
その理由は、理想と現実との差が思っていたよりも大きかったということがあるのでしょう。


看護師が自分の看護の腕前をもっと磨いたり、成長のために、医療経験を積むには、様々な手段があります。

働いている病院から別の病院、医療施設などに転職するのも方法の一つでしょう。あるいは、最新技術、さらに幅広い知識を身につけるためにも様々にある看護に関連の資格合格を目指すのも成長できる方法でしょう。



看護師の役目で大変な事の一つに夜勤があるという事が言えます。
医療組織では夜間でも患者さんの病状が急変する事もよくあります。それに備えるために看護師には、夜間勤務があるのです。

しかし、ナースにとって、夜の勤めというのは健康を害しやすくなるため、、負担が重いと言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:和真
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rrynyhdgatiab2/index1_0.rdf