プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rrizhfujqkivqo
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
アステラス製薬の頻尿・失禁治療剤:インドでもフェーズ3 / 2010年06月22日(火)
 アステラス製薬(東京)は、過活動膀胱治療剤として開発しているミラベグロン(一般名)に関し、6月18日、過活動膀胱(OAB)における尿意切迫感、頻尿および切迫性尿失禁の効能・効果について厚生労働省に承認申請を行った。

 過活動膀胱とは、尿意切迫感を必須症状とし、頻尿、夜間頻尿、切迫性尿失禁などの症状を伴う機能障害。日本では、40歳以上の男女の8人に1人(約810万人)が過活動膀胱の潜在患者であるとの調査結果が日本排尿機能学会より報告されている。

 ミラベグロンはアステラス製薬が開発した1日1回経口投与のβ3アドレナリン受容体作動薬。膀胱平滑筋に存在するβ3アドレナリン受容体を刺激し膀胱を弛緩させることで、蓄尿機能を高めることで、OABの症状を改善することが期待される。

 国内で実施した第3相臨床試験(フェーズ3)で、本試験の主要目的が達成された。 現在、米国、欧州で実施した第3相臨床試験でも、日本と同様の申請可能な結果が得られており、アジア地域では、中国・韓国・台湾・インドで国際共同試験として第3相臨床試験を実施中だ。(10年6月18日、アステラス製薬のプレス・リリースから)

06/18/2010 6月20日15時0分配信 インド新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100620-00000000-indonews-int
 
   
Posted at 02:00/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!