加藤ローサ、CMのリアルさは・・・ 

November 18 [Tue], 2008, 19:00

加藤ローサ 佐藤隆太とは中学時代の恋人???









サントリー、ダイエット<生>クリアテイストのCMでの「寸止めキス」シーンが話題になった加藤ローサ佐藤隆太

CM撮影で「ドキドキしました。」というコメントも残しているが、実は実生活でも同じようなことが。。。



>>>>>「私酔っちゃうとエッチになっちゃうんですぅ・・・。」



鹿児島出身で酒には強いと思われがちなローサちゃんですが、意外と下戸。

さらに色男にはめっぽう弱いらしく、フライデーされないのが不思議なくらい、いたるところで醜態をさらしているようだ。



>>>>>>>地元でのヤリマンぷりは評判!



地元では男をとっかえひっかえ、遊びまくっていたようだ。

火山灰が降りしきる中インタビューに答えていた昔の友人は「俺もやったことあるよ。」と、なんとも自慢げに語っていました。

「ばれるも何も、人数多すぎて誰だかわからないでしょ。」と、穴兄弟も多数存在する模様。



意外なイメージになぜか興奮してしまいます。












加藤 ローサ(かとう ローサ、1985年6月22日 - )は、研音に所属する日本の女性タレントファッションモデル女優鹿児島県鹿児島市出身(出生は神奈川県横浜市)。鹿児島市立皇徳寺中学校卒業。鹿児島県立鹿児島西高等学校卒業。 血液型A型。愛称はロッチン、ロックン。



 





母親日本人父親イタリア人。両親が知り合ったきっかけは、父が勤めていた横浜のイタリアンレストランに母が客として来たことだという。5歳までイタリアのナポリに住んでおり、イタリア語を話せていたそうだが、物心つく頃には忘れてしまい、現在は一言も話せないらしい。





名前の「ROSA」は『薔薇』という意味。よく「ローザ」と間違えられるが、濁らず「ローサ」と発音する。これはイタリア語では通常薔薇を「ローザ」と発音するが、南イタリア(父親の出生地のナポリ地方をも含む)では濁らずに「ローサ」と発音するためである。父方の祖母の名前を譲り受けたとされる。





高校一年の時に従姉から紹介されファッションモデルとしてデビュー(高校までは鹿児島市に住み、卒業と同時に上京)。2004年リクルートゼクシィのCMで一躍話題になった。





2006年、所属事務所をソニー・ミュージックアーティスツから研音へ移籍。同年は6本の映画に出演し、ドラマでも2クール連続出演をする。『いちばんきれいな水』では映画初主演を果たす(クランクインの時点では『いちばんきれいな水』が初主演であるが、公開作品としては『シムソンズ』が初主演となる)。





2007年、7月スタートのドラマ『女帝』(テレビ朝日・朝日放送系)にて連続ドラマ初主演。また、2008年10月から、ドラマ「オー・マイ・ガール」にも出演。2007年7月公開の映画『劇場版ポケットモンスター ディアルガVSパルキアVSダークライ』では声優として初の出演をした。

2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる